ヘルプ / 不適切な商品を報告

現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは


  • 店舗トップ
  • うまさへのこだわり
  • 会社概要
  • 決済・配送・返品
  • 買いものカゴ
  • 楽天市場


三冠達成
ポイント
SPU

イーグルスポイント2倍


DEAL

商品カテゴリ

  • おすすめ
  • 牛丼
  • 豚丼
  • 牛焼肉丼
  • 焼鶏丼の具
  • 豚しょうが焼き
  • 親子丼
  • トレー商品
  • うなぎ
  • 鍋(牛すき)
  • セット商品
  • その他
  • その他

営業日カレンダー

営業日カレンダー
2019年6月
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 1 2 3 4 5 6
2019年7月
30 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3
休業日
配送のみ(問合せ休)
カテゴリトップ > 豚丼

豚丼 女性にもおすすめ こくがあるのにあっさり

楽天ショップオブザイヤー受賞

豚丼 女性にもおすすめ こくがあるのにあっさり

豚丼 女性にもおすすめ こくがあるのにあっさり

豚丼 女性にもおすすめ こくがあるのにあっさり

豚丼 女性にもおすすめ こくがあるのにあっさり




商品画像1


商品画像2


商品画像3


商品画像4


吉野家新・減塩豚丼の具10袋セット


吉野家新・減塩豚丼の具10袋セット


美味さを極めた新感覚豚丼。コクがあるのにさっぱりとしていて女性にも食べやすいと評判です。食べきりやすい10食セット。
吉野家 新・減塩豚丼の具10袋セット

商品番号  666127
当店通常価格3,564円 (税込)
価格
3,564円 (税込)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で 対象エリア外へのご注文は、毎日 15:00までのご注文で翌日の配達となります (あす楽)
2〜3営業日以内に発送
個数 
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
製品仕様
名称 吉野家 新・減塩豚丼の具10袋セット
内容量

冷凍豚丼の具120g×10袋

賞味期限 製造日含む365日(賞味期限残存6ヶ月以上の商品でのお届けとなります)
保存方法 -18℃以下で保存してください。
原材料/商品内容 豚肉、玉ねぎ、タレ(ぶどう発酵調味料、醤油、砂糖、醤油加工品、食塩、オニオンエキス、ジンジャーパウダー、ジンジャーペースト、ポークエキス、昆布エキス、牛脂)、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、酸味料(一部に小麦・豚肉・大豆・りんご・牛肉含む)
成分 222kcal/1袋あたり たんぱく質/12.6g 脂質/17.2g 炭水化物/3.9g 塩分/1.4g (1袋120gあたり)
商品説明 あの大人気の吉野家の豚丼の具が減塩になって再登場!まろやかなタレ味が食欲をそそります。お店では味わえない冷凍食品オリジナル商品です。
調理方法 500W/約3分30秒  600W/約3分
湯せん/約5分
パッケージの寸法 HXWXD 約17.3㎝*約14.3cm*約1.0cm
原産地 豚肉(EU・カナダ・メキシコ)、玉ねぎ(日本・アメリカ)
特定アレルギー物質 豚肉・大豆・小麦・牛肉・りんご




この商品を購入された方のレビュー すべてのレビューを見る(9件)
このショップのレビューを見る
総合評価4.56

購入者さん 

評価4.00

投稿日:2019年01月26日

 減塩タイプ初めて食べました

以前に比べて、少し味が薄い感じですが家族は美味しいと言っています。私は以前の豚丼のほうが美味しいと思うので星4とさせていただきます。 

使い道 実用品・普段使い 使う人 家族へ 購入回数 はじめて 

もも12210911さん 50代/女性

評価5.00

投稿日:2018年09月20日

 大好き

浪人生の息子の為に購入しました。なかなかお店には行けないので自宅でたべれて喜んでいます。吉野家はなんでも美味しいと言っていました。 

shotaro204さん 50代/男性

評価4.00

投稿日:2018年01月04日

 ほくほく

年末の行者小屋に幕営したテントの中で美味しく頂きました。美濃戸口から行者小屋まで疲労しきった体をほくほく、かつ豚肉のたんぱく質とビタミンB1で修復しました。お陰様で身体も温まり、翌日、文三郎尾根を軽快に登れました。