現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは




新作ビール「バレルフカミダス 紅白エディション」マジ福袋にバレル違いの2種現る!


皆さんこんばんは。
よなよなの里でバレルマスターを目指している、ブルワー(ビール職人)のがみたです。

11月1日(金)19:00〜から販売開始する「マジ福袋」。

年に一度しか販売しない、最大10種類のビールを楽しめる超豪華な福袋です(昨年は「松セット」が2日で完売したんですよ!)。

これまでの連載では「大吉IPA」の魅力を発信してきましたが、福袋の目玉は「大吉IPA」だけではありません。今年の「松セット」には、毎年秋冬限定で販売している「バレルフカミダス」が2種類入っているんです。

一期一会の味わいを届ける「バレルフカミダス」




「バレルフカミダス」のビアスタイルはバレルエイジドビール。
ウイスキー等の香りがたっぷり染み込んだバレル(木樽)にビールを詰め、数ヶ月〜1年以上じっくり熟成させることで完成する製品です。

バレルでビールを熟成すると、元々入っていたウイスキーの香りや味わい、バレルそのもののキャラクターがビールに移り、より複雑で奥ゆきのある香りと味わいのビールになるんですよ。
同じ日に同じ原酒を仕込んだとしても、使用したバレルによって、熟成後のビールは味や香りが驚くほど異なってくるんです!

飲み比べがさらに盛り上がること間違いなしの2種類、さっそくご紹介します。

紅Ver.は「モルトウイスキーバレル」




まず紹介するのは「バレルフカミダスB-50 紅Ver. モルトウイスキーバレル(以下、紅Ver.)」。

半年以上タンク熟成させた原酒「バーレイワイン」を8個のモルトウイスキーバレルに詰め、3ヶ月熟成させました。

モルトウイスキーバレルはその名の通り、つい先日まで富士御殿場蒸溜所でモルトウイスキーを熟成させていたバレルです。
長年ウイスキーづくりに使っていた古樽を指名しました。モルトウイスキーの古樽でバレルエイジすると、まろやかな味わいになるんですよ。

紅Ver.の最大の特徴は、完熟フルーツのようなアロマ。
ぜひグラスに鼻を近付けてみてください。
原酒であるバーレイワインの「チョコバナナを思わせる香り」のほか、レーズンのように熟れたブドウのような香りがふわっと鼻腔を抜けていきます。

ゆっくりと口に含んでみると、とろりとした甘味とコクが口いっぱいに広がります。
飲み終わった後の余韻には、カラメルのほろ苦さがじわじわと感じられるはず。
また、じっくり味わっていただけたなら、木樽熟成独特の渋味(赤ワインのタンニンに近いもの)も見付けられるのではないでしょうか。

モルトウイスキーの穏やかさを反映した1本になりました。
バレルエイジドビールを初めて飲む方にも、自信をもっておすすめできる仕上がりです。

白Ver.は「グレインウイスキーバレル」




こちらは「バレルフカミダスB-51 白Ver. グレインウイスキーバレル(以下、白Ver.)」。

紅Ver.と同じパッチの原酒「バーレイワイン」を6個のグレインウイスキーバレルに詰め、同じく3ヶ月熟成させました。

グレインウイスキーバレルも、富士御殿場蒸溜所からお譲りいただきました。
紅Ver.とは違い、お譲りいただいたのは木の香りがはっきりとわかる、比較的新しいバレル。
グレインウイスキーの独特の華やかさを表現するために使われるこのバレルは、まだまだ若いので、ビールに木の香りが移りやすいんです。

白Ver.の最大の特徴は、若くさわやかなウッド香。
鼻を近付けると、バレルから滲み出たウッド香、カカオニブ、かすかにビターチョコのようなアロマが感じられます。温度が上がるにつれて、完熟フルーツのような香りも顔を覗かせますよ。

チョコやカラメルのような甘味・苦味・コクを基本としながらも、ドライで透明感のある、すっきりとした味わいになりました。
グレインウイスキー由来のクリーンなアルコール感も特徴です。

グレインウイスキーのパワフルな性格が滲み出た1本。
バレルエイジドビールを飲んだことのある方にも、ハッと驚いていただける1本になったのではないでしょうか。

楽しんでほしい!2種類の飲み比べ


原酒と熟成期間が同じ、ただただバレルが違うバレルフカミダス。 今まで以上に「バレルとビールの一期一会」を感じていただけるはずなので、ぜひ、2本同時に開栓してみてください!(とても贅沢ですが……)



それぞれのキャラクターをじっくり感じてほしいので、できれば、料理やおつまみは何もない状態で飲んでいただきたいところ。
とはいえハイアルコールなので、もし何かを合わせるならナッツやドライフルーツなど、軽くつまめるものでどうぞ。

そして玄人の方に僕がおすすめしたいのは、テイスティングを楽しんだらあえて「紅Ver.と白Ver.をブレンドしてみること」。

去年販売した「バレルフカミダス B-48」は、モルトウイスキーバレル、グレインウイスキーバレルでそれぞれ熟成したビールを、最もおいしい割合でブレンドしたものでした。
ウイスキーの世界では、モルトウイスキーとグレインウイスキーを程よくブレンドした「ブレンデッドウイスキー」が多く流通しています。
バレルフカミダスには、バレルごとに生み出されるキャラクターもありますが、ブレンドすることで生まれる新しいキャラクターもあるんです。

モルトウイスキーバレルのふくよかな味わい、グレインウイスキーのすっきりとした飲み口、あなた好みの割合でブレンドしてみてください。

2種を入手できるのは「松セット」「極松セット」のみ!



原酒の熟成に6ヶ月、さらにバレルで3ヶ月の月日をかけた「バレルフカミダス 紅白エディション(B-50, B-51)」。
じっくり手間ひまかけたぶん、濃厚かつ芳醇、まさに異次元のフレーバーに仕上がりました。
ぜひ、実際に飲んで、バレルとビールの一期一会を体感していただきたいです!
「バレルフカミダス 紅白エディション(B-50, B-51)」は、マジ福袋2020の「松セット」「極松セット」のみに入っています。
紅白エディション単体での販売予定はありません。

「バレル違いの飲み比べ」ができるのは、今だけ!
「マジ福袋」を手に入れて、年末年始にバレルフカミダスの飲み比べ、してみませんか?


マジ福袋販売情報
販売開始 11月1日(金)19時〜

販売ページはこちらから。



<<連載:第三弾 大吉IPAの味わい徹底コメント へ戻る




 お気に入りページに追加