現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは



染付茄子文小皿・植山昌昭・#新しい日常・#ニューノーマル

 
粥鍋・土楽窯|和食器の愉しみ・工芸店ようび

「工芸店ようび」がお勧めする土鍋は、ただ一つ、福森雅武さんの工房・土楽の「黒鍋」です。
・・・ですが、最近の「土鍋で御飯」の人気でしょうか、お問い合わせの多い土楽さんの「御飯が美味しく炊ける土鍋」を二点ご紹介させていただきます。

粥鍋・土楽窯

地元伊賀の土にこだわり、一点一点職人さんによる手作りで、丁寧に堅く焼きしめられた鍋は、たたくと金属音がします。

粥鍋・土楽窯

鍋の縁が強火で吹きこぼれないように工夫されています。御飯が炊きやすいうえ、炊きあがりはとてもふっくらです。
うれしいことに、この土鍋で煮炊き物をすると、やわらかく、とても美味しく炊きあげることができます。
おいしく炊けた小芋にゆずをふり、あつあつのまま食卓へ出せば、ほくほくの一品ですね。
土鍋にはまってしまった人には、お勧めの土鍋です。

粥鍋・土楽窯

 

おでんなど煮炊きものの場合、下部から煮汁がにじみ出て、火があたる部分は焦げが生じます。釉薬のかかった部分は洗うときれいになります。あらかじめご了承くださいませ。


 土鍋について(土楽さんの土鍋のしおりより)


私共、土楽の土鍋は、一つ一つ、ろくろ成型により用途に応じ、いろいろと種類をとり揃えて好評を得て居ります。
耐火度の高い粘度を使用して居りますので、火持ちがとくによろしいようです。
     
 土鍋を安全にお使い頂くために
  ワレモノですので取り扱いには十分ご注意下さい。
  てんぷら、フライ、炒めもの、油料理には絶対に使用しないでください。火事になる恐れがあります。
  空炊きは絶対にしないで下さい。
  加熱中、あるいは熱い時には素手で鍋に触れないで下さい。また、鍋つかみ等を使用する時は滑りやすいのでご注意下さい。
  土鍋をテーブル等に置く時は、そのテーブル等の表面を傷つけないように必ず鍋敷きをご使用下さい。
  熱くなった土鍋を急に冷やさないで下さい。
  鍋底がぬれたまま火にかけないでください。
  長時間水につけたままにしないで下さい。
  使用後は水でよく洗い、必ず乾燥させてからしまって下さい。
  使い始めにヒビが入ることがありますが、これは貫入というもので、ご使用にはさしつかえございません。
     
 土鍋の使用法について
  九寸以上の鍋に対して一カップのお米と、水を鍋八分目程度入れて、中火でゆっくりお粥を炊く。水が少なくなれば加えて焦げつかないようにする。(お米は、鍋の大きさにより調節して下さい。)
  鍋に入れたまま一晩置き、その後おかゆをすてて使用する。
  ガスや炭の炎が鍋の縁にかからないようにする。底の部分に炎があたるようにする。
使用後、鍋の中の汚れやコゲ等は水を入れてしばらく置く、その後、洗うとよく取れます。鍋の底はあまり洗わないで下さい。
  次のような際、お手数ですが再度上記の手順でおかゆを炊いて下さい。
    ・水分が鍋底にしみ出る。
    ・土鍋の匂いがきつく、食べ物にうつる。
     
  末永くご愛用下さいませ。
     

並び替え

 1件 〜 2件 (全 2件) 



 
土鍋で御飯も煮物もなんでも・・・粥鍋7寸・土楽窯《土鍋・2500ml・3合・23.5cm》
6,600円 
 (3件)


土鍋で御飯も煮物もなんでも・・・伊賀焼:粥鍋8寸・土楽窯《土鍋・2800ml・5合・25.5cm》
8,800円 
 (3件)


 

1件 〜 2件 (全 2件)

※商品ページの更新が定期的に行われているため、検索結果が実際の商品ページの内容(価格、在庫表示等)とは異なる場合がございます。ご注意ください。
予約商品  定期購入商品  頒布会商品



茶托・錫器
茶托・錫器
茶托・錫器
茶托・錫器

 お気に入りページに追加