ヘルプ / 不適切な商品を報告

現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは


錫器:錫三つ足丸皿・大・星屑・ゆり工房・#新しい日常・#おうち時間

カテゴリトップ > 器の種類で分けました > 【お皿】 > 豆皿・醤油皿・漬物皿・手塩皿
カテゴリトップ > 《作家・窯元・工房》 > 陶磁器作家 > 海老ヶ瀬保
カテゴリトップ > 《風景》 > 白磁・青磁・青白磁・白い器 > 白磁・白瓷 > 白磁(天草陶石)・海老ヶ瀬保 > 天草陶石が使われている白磁

シャトル豆皿・海老ヶ瀬保|和食器の愉しみ・工芸店ようび

こちらは、白が美しい天草陶石が使われています。

「シャトル豆皿」を小さくした豆皿です。数種類の薬味を少しずつ。薬味の色を意識するときれいです。

シャトル豆皿・海老ヶ瀬保
シャトル豆皿・海老ヶ瀬保

小さなうつわに少しだけ塩や醤油を入れたいけど、小さなうつわだと、串揚げなど、少し長め大きめの料理は、塩や醤油がつけにくい・・・。そんなときに役に立つ小さなお皿です。

シャトル豆皿・海老ヶ瀬保
 
  シャトル豆皿・海老ヶ瀬保  
こちらは、白が美しい天草陶石が使われています。
薬味入れに。
 
 
  舛田楞さん  
こちらは「シャトル皿」の記事です。

今では洋食器でも不思議でなくなった長細い楕円皿。こちらは、故舛田楞氏の「シャトル豆皿」です。平成13年の夏に50歳の若さで急逝した舛田楞さん。最高級の白磁の土である天草陶石の美しさを最大限に引き出される作家さんは、もう現れないだろうとも言われています。 舛田楞さんの「白」には、その美しさを賛美する多くの料理人からいただいた冠があります。「可憐な白」「白の中の白」「透明感のある白」「温もりの白」「柔らかな白」「品のよい白」。

シャトルとは、織物を織るときに、経糸(たていと)の間に緯糸(よこいと)を通すのに使われる道具です。実際のシャトルを元に、店主が故舛田楞氏とやりとりをして作り上げたのが「シャトル豆皿」。「工芸店ようび」の定番となりました。その後、海老ヶ瀬保さんに引き継いでいただいています。

「あまから手帖 2002年1月号 「たぶん、日本一の店」より「白の足跡・門上武司」
 


シャトル豆皿・海老ヶ瀬保


シャトル豆皿・海老ヶ瀬保


シャトル豆皿・海老ヶ瀬保


シャトル豆皿・海老ヶ瀬保


天草陶石だからこそ。空に浮かぶ雲のような優しい白・・・
白磁(天草陶石):白瓷シャトル豆皿・海老ヶ瀬保《豆皿・楕円皿・13.5cm》

商品番号  0005-0088
価格
3,300円 (税込)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で 対象エリア外へのご注文は、毎日 15:00までのご注文で翌日の配達となります (あす楽)
1週間以内に発送予定(店舗休業日を除く)
個数 
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
 
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
扁形皿・シャトル皿・豆皿
こちらは、白が美しい天草陶石が使われています。
織物のシャトルがモチーフなので「シャトル皿」です。ネーミングもお洒落!
おおよそ13.5 × 4.0 × 高さ1.5cm



茶托・錫器
茶托・錫器
茶托・錫器
茶托・錫器

買い物かごに追加できませんでした

入力内容をご確認ください。

OK