ヘルプ / 不適切な商品を報告

現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは


錫器:錫三つ足丸皿・大・星屑・ゆり工房・#新しい日常・#おうち時間

カテゴリトップ > 器の種類で分けました > 【お盆・膳】 > にちにち膳・布着せ・奥田志郎

にちにち膳・布着せ・奥田志郎|和食器の愉しみ・工芸店ようび

障子の影を映し込んでみました。布の表情がよくわかります。

忙しい日々の合間にも、気軽に「和」の時間を過ごしていただくため、「和」の美しい空間を身近に作っていただけるお膳を作りました。

にちにち膳・布着せ・奥田志郎
     

すでにご紹介している「にちにち膳」と同じ形ですが、「にちにち膳」が栓の一枚板で木目の美しさを味わっていただけるのに対し、こちらは、反りがでないようにタモの板を合わせて一枚にしています。

また、漆を塗っては拭き取る作業を何度も繰り返す拭き漆の「にちにち膳」と違って、こちらの「布着せ」は、麻布が漆の内側に貼られていて、その上に幾度も漆が塗られています。布を着せることで、一層丈夫なお膳となるのですが、あわせて、布が作り出すほんのわずかな表面のでこぼこが「ゆらぎ」を作り、漆器の光沢「月の暈(うん)」に優しい表情を愉しんでいただけます。
さらに、使い込み擦れていく表情も愉しみです。贅沢な仕上がりのお膳ですが、一生ものの価値があります。

 
  白磁面取片口・小・水野克俊  
  「白磁面取片口・小・水野克俊」にはフレッシュな醤油を・・・。  
にちにち膳・布着せ

 にちにち膳は拭漆と布着せを同じ形で作らせていただいておりまして、御好評いただいていたものです。

 同じ形でこの度は布着せで黒塗のものを作ってみました。少し布目が立っていて、真塗りとは違う趣に仕上がっております。

 少し気の張ったお食卓にも対応出来るものになっています。

工芸店ようび 店主 真木
 
  黒二つ椀《合鹿椀》・奥田志郎  
  「黒二つ椀《合鹿椀》・奥田志郎」にはすくい豆腐とさやえんどう。  


お膳・にちにち膳・布着せ・透漆・奥田志郎


お膳・にちにち膳・布着せ・透漆・奥田志郎


お膳・にちにち膳・布着せ・透漆・奥田志郎


優しい光沢・・・。
お膳・にちにち膳・布着せ・透漆・奥田志郎

商品番号  0140-okd-0289
価格
49,500円 (税込)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で 対象エリア外へのご注文は、毎日 15:00までのご注文で翌日の配達となります (あす楽)
おかげさまで売り切れになりました。

お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
漆器・お膳・透漆・タモ
上塗りが「透漆」です。
ご一読くださいませ。

→漆のものについて
【月の暈】

奥田志郎さんの求める漆器の光沢は、鏡のように光を跳ね返すような光沢ではなく、「月の暈(うん)」のような柔らかな温かみのある光沢です。
この「月の暈(うん)」を追求すべく、奥田志郎さんは、上塗りのみで(上塗りの後、研磨し生漆を刷りこむ数度の行程(呂色(ろいろ))をせずに)仕上げられます。このことで、漆本来の被膜が損なわれず、漆本来の強さが保たれ、そして、漆本来の優しい光沢の仕上がりになります。

上塗りの塗りむらを研磨などでカバーすることができない為、熟練の塗師のみが可能な難しい仕上げ方ですが、一方、全身全霊細心の注意を払って上塗りをしても、まれに、空気中や木地のちりが付き、小さな小さなポッチのようなふくらみができる場合があります(フシがかかると言います)。研磨する呂色(ろいろ)の行程がないため、フシがかかってしまうと残念ながら取り除くことができません。
使用上はまったく問題がありませんが、奥田志郎さんの漆器へのこだわりの(まれな)産物とご理解された上で、お求めくださいませ。
おおよそ46.4 × 30.0 × 高さ1.5cm

茶托・錫器
茶托・錫器
茶托・錫器
茶托・錫器

買い物かごに追加できませんでした

入力内容をご確認ください。

OK