ヘルプ / 不適切な商品を報告

現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは


白磁:白磁手塩木葉皿・杉本太郎・#新しい日常・#ニューノーマル

カテゴリトップ > 器の種類で分けました > 【飯碗・ご飯茶碗】
カテゴリトップ > 器の種類で分けました > 【漆器・お椀・汁椀】 > サハリ椀
カテゴリトップ > 《風景》 > 漆器
カテゴリトップ > 《作家・窯元・工房》 > 漆芸家 > 奥田志郎

サハリ椀・奥田志郎|和食器の愉しみ・工芸店ようび

サハリ椀・奥田志郎

 

サハリ椀・奥田志郎

 

サハリ椀・奥田志郎

 

サハリ椀・奥田志郎

 

「まり椀」とともに、「工芸店ようび」の創業以来の定番としてご好評いただいているのが、こちらの「サハリ椀」です。

サハリ椀・奥田志郎
サハリ椀・奥田志郎

 

「まり椀」の本歌は、弥生時代の土器。一方、「サハリ椀」は、朝鮮半島新羅で作られたお碗に原点があります。
故・奥田達朗さんが「まり椀」の栞に書かれています。「その椀が生きて来た刻の中に、避けることの出来ない人間の生き方を教えられる」。

 

サハリ椀・奥田志郎

 

「サハリ椀」を手にとると、 遠き新羅の地で生まれた必然を邪念無く写し取った美が伝わってきます。

ご一読くださいませ。
→ようびの塗りもの

 

サハリ椀・奥田志郎

少し高さのある端反りのお椀は、韓国料理のククパプのように、スープをたっぷり入れたごはんや、お茶漬けなどにもぴったりです。具だくさん汁物にも良いですね。
八分目で300ml入ります。

なにより、エスニックな風景が愉しいです。

   
  サハリ椀・奥田志郎|和食器の愉しみ・工芸店ようび  
  本歌の朝鮮半島で生まれたサハリ椀です。完成までこのお椀の風景も心も写し取る日々が続きました。

 
   
  サハリ椀・奥田志郎|和食器の愉しみ・工芸店ようび  
  奥田達朗氏が作った初代のサハリ椀。店主が使い続けて、活き活きと、そして、ますます美しく・・・。

 
   
  サハリ椀・奥田志郎|和食器の愉しみ・工芸店ようび  
   
   
  工芸店ようび一押しの漆器と言えば「まり椀」です!:まり椀・奥田志郎:和食器・漆器・お椀 japan lacquerware  
  春らしい一汁一菜。お味噌汁はあさりと浅葱です。  
   
  一汁一菜  
  中国料理風の一汁一菜。野菜がたっぷりです。  


漆器・朱サハリ椀・奥田志郎


漆器・朱サハリ椀・奥田志郎


漆器・朱サハリ椀・奥田志郎


漆器・朱サハリ椀・奥田志郎


漆器・朱サハリ椀・奥田志郎


漆器・朱サハリ椀・奥田志郎


「その椀が生きて来た刻の中に、避けることの出来ない人間の生き方を教えられる」。
漆器:朱サハリ椀・奥田志郎

商品番号  0140-okd-0208
価格
22,000円 (税込)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で 対象エリア外へのご注文は、毎日 15:00までのご注文で翌日の配達となります (あす楽)
おかげさまで売り切れになりました。

お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
漆器・お椀・さはり(佐波理)・新羅・お雑煮椀・ぜんざい・お正月・お味噌汁・お茶漬け・鴨せいろ
ご一読くださいませ。

→漆のものについて
【月の暈】

奥田志郎さんの求める漆器の光沢は、鏡のように光を跳ね返すような光沢ではなく、「月の暈(うん)」のような柔らかな温かみのある光沢です。
この「月の暈(うん)」を追求すべく、奥田志郎さんは、上塗りのみで(上塗りの後、研磨し生漆を刷りこむ数度の行程(呂色(ろいろ))をせずに)仕上げられます。このことで、漆本来の被膜が損なわれず、漆本来の強さが保たれ、そして、漆本来の優しい光沢の仕上がりになります。

上塗りの塗りむらを研磨などでカバーすることができない為、熟練の塗師のみが可能な難しい仕上げ方ですが、一方、全身全霊細心の注意を払って上塗りをしても、まれに、空気中や木地のちりが付き、小さな小さなポッチのようなふくらみができる場合があります(フシがかかると言います)。研磨する呂色(ろいろ)の行程がないため、フシがかかってしまうと残念ながら取り除くことができません。
使用上はまったく問題がありませんが、奥田志郎さんの漆器へのこだわりの(まれな)産物とご理解された上で、お求めくださいませ。
直径12.1 × 高さ8.2cm
おおよそ八分目で300ml入ります。



この商品を購入された方のレビュー すべてのレビューを見る(3件)
このショップのレビューを見る
総合評価5.00

hiko0119さん 30代/女性

評価5.00

投稿日:2008年03月10日

具沢山の汁物に、朝のスープとこの冬は本当に大活躍してくれました。春になると、豆ごはんや筍ごはんとごはん物をよそうのに活用するつもりです。 

使い道 実用品・普段使い 使う人 家族へ 購入回数 はじめて 

はなこははさん 40代/女性

評価5.00

投稿日:2007年12月15日

見て美しく使い心地もよろしいお椀です。おぜんざいもヨーグルトも、もちろん具沢山の汁物や炊き込みごはんもこのお椀でいただいています。用の美、ようびの意味をまさに実感するお椀です。 

使い道 実用品・普段使い 使う人 自分用 購入回数 リピート 

ゆきまる77さん 40代/女性

評価5.00

投稿日:2007年01月27日

色といい、質感といい素晴らしいです。毎朝たっぷりの味噌汁もしくは椀ものとして使っています。お雑炊、うどん、その他いろいろな使い方ができるのも魅力。使い込むうちにどんな風に変わっていくかが楽しみです。最初は単品としての値段を考えてしばらく買うのを躊躇していましたが、いざ毎日使うようになると、満足のいく品を日常の用に用いることが出来るのでかえって割安な気がします。早速追加で購入しました。和食好きな方... …続きを読む


茶托・錫器
茶托・錫器
茶托・錫器
茶托・錫器

買い物かごに追加できませんでした

入力内容をご確認ください。

OK