ヘルプ / 不適切な商品を報告

現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは


京焼:色絵青もみじ紋平向付・伏原博之・#新しい日常・#ニューノーマル

カテゴリトップ > 器の種類で分けました > 【お皿】 > 小皿・取り皿・銘々皿
カテゴリトップ > 器の種類で分けました > 【お皿】 > 漆器のお皿・銘々皿 > 漆器:椿皿・奥田志郎(銘々皿)
カテゴリトップ > 《風景》 > 漆器
カテゴリトップ > 《模様・文様》 > 花・草文・野菜 > 椿
カテゴリトップ > 器の種類で分けました > 【お皿】 > 漆器のお皿・銘々皿 > 漆器の銘々皿・奥田志郎

椿皿・奥田志郎|和食器の愉しみ・工芸店ようび

 

 

 

 

 

「椿皿」の名は、茶人が付けた名前で、本来の名称は「楪子(ちゃつ)」です。姿が椿に似ているからその名が付いたのは、想像に易いですが、奥田さんの椿皿は、椿でもきりっとした若々しい椿ですね。

椿皿・奥田志郎
No.1
椿皿・奥田志郎
No.1
椿皿・奥田志郎
No.2
椿皿・奥田志郎
No.5

茶事の道具ですが、単独でお菓子の銘々皿などに使われます。
少し深みのあるお皿は、大きめのお菓子でも、美しく盛りつけることができます。
取り皿に、ケーキ皿、ちらし寿司のお皿・・・多方面でお使いいただけます。

椿皿・奥田志郎
No.1
椿皿・奥田志郎
No.5
椿皿・奥田志郎
No.2
 
  色絵風船箸置・須田菁華   欅四寸二分金箔茶托  
  吉野寿司さんから。ひな祭りの取り皿。「色絵風船箸置・須田菁華」と。

 

  大阪高麗橋の「菊壽堂」さんの月見団子です。  
  椿皿・奥田志郎   椿皿・奥田志郎  
  チョコレートの居場所にも。    
椿皿(楪子)

 この形はもともと皆具の古い形の一式の向附にあたるものなのですが、大変使い勝手のよいものなので、単独で椿皿と呼ばれ親しまれてきています。 「どうして椿皿っていうの?」とよく聞かれますが、この端反の具合が椿の花に似ているからというような良い加減な理由です。

 この端反の具合といい深さといい、中に入るものをほどよく抱きかかえるような安心感があります。お寿司の取り皿、お煮物などの盛り皿、生ものも野菜と共に盛ると美しいし、お菓子、ケーキ等々おてもとに一つあると多様に供するものとしては抜群の威力を発揮いたします。

 この奥田志郎さんの椿皿は、奥田志郎さんの兄上の達朗さんの時、同じ形で寸法違いのものに統一しようとしましたが、大きさが違えば高台も縁の形も高さも違ってくるのは当然ですよと教えていただき、以来大きさによって少しずつ形状が違うまま引き継いで作っています。

 形、塗り共にこれ以上望めないもので頻繁にしかも何十年もに渡ってお使いになれる道具の一つと自信を持っておすすめいたします。

工芸店ようび 店主 真木


漆器・椿皿[No.2]・奥田志郎


漆器・椿皿No.2・奥田志郎《銘々皿・直径15cm》


漆器・椿皿No.2・奥田志郎《銘々皿・直径15cm》


漆器・椿皿No.2・奥田志郎《銘々皿・直径15cm》


椿でもきりっとした若々しい!
漆器・椿皿No.2・奥田志郎《銘々皿・直径15cm》

商品番号  0140-okd-0051
価格
16,500円 (税込)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で 対象エリア外へのご注文は、毎日 15:00までのご注文で翌日の配達となります (あす楽)
1週間以内に発送予定(店舗休業日を除く)
個数 
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
 
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
漆器・本朱・バレンタインデー・お正月・ちらし寿司・ケーキ皿・取り皿
直径15.0 × 高さ3.5cm



茶托・錫器
茶托・錫器
茶托・錫器
茶托・錫器

買い物かごに追加できませんでした

入力内容をご確認ください。

OK