ヘルプ / 不適切な商品を報告

現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは


《定期販売》 width=

カテゴリトップ > 【お箸】
カテゴリトップ > 《風景》 > 漆器

にちにち箸・奥田志郎|和食器の愉しみ・工芸店ようび

利休箸に漆を刷り込んではふき取る作業を5回も・・・。 そのことで、しなやかさと光沢が生まれました。

にちにち箸の先を削ってみました。
何度も塗り重ねられ、深くしみこんだ漆。
国産の中でも純度の高い最高級の漆はかぶれる心配もありません。口にするお箸は、体に良いものを・・・。

工芸店ようびでは、シーンにあわせて、千利休が懐石の席に考案した利休箸「赤杉箸」や、お正月の定番「祝箸」もご用意しています。

お客様の日、お箸はどうされていますか。両口箸の「祝箸」でしょうか。あるいは、いつの間にか集まった割り箸でしょうか。

工芸店ようびでは、捨てないお客様のお箸として、利休箸に拭き漆を施した「にちにち箸」をおすすめしています。

にちにち箸・奥田志郎
両端が細く削られた両口箸の利休箸に拭き漆を施しました。

 

軽くて、気軽で・・・。
もちろん「マイ箸」としてもおすすめです。毎日使っていただきたい気持ちをこめて、その名も「にちにち箸」としました。

 

にちにち箸・奥田志郎

 

お箸自身の長さを気にする方が多いようですが、握りやすさ、持ちやすさには、長さはあまり関係はありません。手という道具はとてもすぐれた調整機能を持っているからです。
この「にちにち箸」は小さなお子様から使っていただいています。家族でお箸を共有されるご家庭に特におすすめです。

 
  唐辛子箸置・吉住章   能管箸置・長森慶  
  唐辛子箸置・吉住章   能管箸置・長森慶  
  うさぎ箸置・古川章蔵   色絵風船箸置・須田菁華  
  うさぎ箸置・古川章蔵   色絵風船箸置・須田菁華  
 
にちにち箸誕生

杉の木肌が美しい「利休箸」。 箸の両端を細く削った両口箸です。握りの部分が平らで、角は丁寧に面取りされいて、とても握りやすいお箸です。柔らかで軽くて、持っていることを忘れそう・・。

その「利休箸」に漆をしみこませたお箸に「カラン箸」があります。
随分前の話になりますが、店主の兄、故野田行作が辻留の辻嘉一さんから「利休箸」をいただいた際、自宅用に普段使いのお箸として漆を染みこませてみたら、とても使い心地のいいお箸ができたそうです。さっそく、商品化の運びに。
「カラン箸」の名前は、軽い上、漆により表面が堅くなっていて、転がすとカランと音がすることから。

さらに、工芸店ようびでは、作り手を奥田志郎さんにお願いし、拭き漆の回数も5回と多くすることで、光沢のあるお箸に進化させました。その名も毎日使っていただきたいから「にちにち箸」です。

杉の芯から遠い白い部分を使い、漆をしっかりと染みこませることで、「利休箸」の利点に耐久性が加わっています。元来使い捨てだったものが、普段使いのお箸として毎日使っていただいても2年も保ちます。

 
  ひな祭のお膳  
  ひな祭のお膳です。
毎日の箸として使っても2年ももつ「にちにち箸」。 シンプルなデザインは、他のうつわとの相性もよく、お客様の日のうつわも上手に引き立ててくれます。
 
 
  夏のちょこちょこ盛り  
  夏のちょこちょこ盛りです。  
 
  秋たけなわの酒膳  
  秋たけなわの酒膳です。  


【マイ箸!】にちにち箸・奥田志郎


【マイ箸!】にちにち箸・奥田志郎


【マイ箸!】にちにち箸・奥田志郎


【マイ箸!】にちにち箸・奥田志郎


【マイ箸!】にちにち箸・奥田志郎


お客様の日の捨てないお箸^^
にちにち箸・奥田志郎

商品番号  0140-okd-0142
価格
1,000円 (税込 1,080 円)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で 対象エリア外へのご注文は、毎日 15:00までのご注文で翌日の配達となります (あす楽)
1週間以内に発送予定(店舗休業日を除く)
個数 
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
拭漆・杉・漆器
口にするものは、体に良いものを・・・。

割り箸は、もったいないですね!

最近、森林保護が叫ばれる中、「使い捨て」の割り箸のリサイクルが話題になっています。
確かに「リサイクル」=「エコ」なのですが、使い捨てないお箸を使えば、もっともっと環境に優しいのではないでしょうか。

・・・ということで、お客様の日のために(も)、まとまった数をお勧めしたいのが、(ご存知!)「にちにち箸」です。

軽くて使いやすく、「マイ箸」としてお使いいただいている方も多い「にちにち箸」は、もともと、料亭などで使い捨て箸として使われていた「利休箸」に、漆をたっぷりしみ込ませて、作家の自宅用の箸として使ったのが、はじまりです。

毎日の箸として使っても2年ももつ「にちにち箸」。
シンプルなデザインは、他のうつわとの相性もよく、お客様の日のうつわも上手に引き立ててくれます。

26cm



茶托・錫器
茶托・錫器
茶托・錫器
茶托・錫器