ヘルプ / 不適切な商品を報告

現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは


白磁(天草陶石):白瓷網目透かし彫飯碗・海老ヶ瀬保・#夏至

カテゴリトップ > 器の種類で分けました > 【飯碗・ご飯茶碗】
カテゴリトップ > 器の種類で分けました > 【漆器・お椀・汁椀】 > 漆器・輪島塗:まり椀・奥田志郎
カテゴリトップ > 《素材》 > 漆器
カテゴリトップ > 《作家・窯元・工房》 > 漆芸家 > 奥田志郎

漆器・まり椀・奥田志郎|和食器の愉しみ・工芸店ようび
まり椀・奥田志郎

 

まり椀・奥田志郎

 

まり椀・奥田志郎

 

まり椀・奥田志郎

 

まり椀・奥田志郎

 

まり椀・奥田志郎

 

漆器の店としてスタートした「工芸店ようび」の人気定番漆器は、こちら「まり椀」です。

まり椀・奥田志郎

この「まり椀」から漆器入門されると、漆器の良さを十二分に会得されることでしょう。漆器初心者にお勧めの一品です。

飯椀として汁椀として、どちらにでもお使いいただけます!

まり椀・奥田志郎

お椀(お碗)は、歴史的には陶器ではなく木製の時代が長く続きました。軽いこと、さめにくいこと、熱い料理を盛っても、持つ手や唇が熱くならないなど、陶磁器よりも利点がたくさんがあります。

まり椀・奥田志郎

さらに、「まり椀」の場合、椀の中で適度に湯気が対流し、ご飯(強飯)をよりいっそうおいしくしてくれます。また、口元にのぼってくるほどよい湯気で、さらにおいしくいただくことができます。

身体にいいけどごわごわで食べにくい古代米や五穀米、麦飯に違いがはっきりしてきます。

まり椀・奥田志郎
まり椀・奥田志郎
     
  まり椀  
  捨てないお客様のお箸「にちにち箸・奥田志郎」と。  
まり椀

[ま・ma]は世界的に「丸い」を表すそうです。 日本では弥生時代、丸いものを「まり」と言っていました。 そして、このお椀は弥生時代の丸い土器から生まれたので「まり 椀」。 作家奥田さんのお兄さんである奥田達朗さんが作り上げた漆器です。

     
  まり椀  
  捨てないお客様のお箸「にちにち箸・奥田志郎」と。  
弥生時代の土器の模倣

同じ名前の漆器があちらこちらで売られていますが、「まり椀」はもともと「工芸店ようび」のオリジナルです。
思わず両手にとって手の平で包み込みたくなる形は、真似てみたくもなります。
「まり椀」も元は弥生時代の土器の模倣ですが、大切なのは、単に表面的な形を写しているだけではないということです。
そのうつわがそのうつわである必然性をメッセージとして読みとり、その心を写しとった「まり椀」。すべての工程で国内産の高品質の漆を使用し、普段使いに耐えうるよう技を尽くしています。
これから漆器を愉しみたい方に、最初にお勧めしたい漆器です。

まり椀・奥田志郎

くるみ入り納豆せんべい・弥生土器

→『まり椀の誕生』ぜひご一読くださいませ。



はじめて漆器を持つ方にお勧めします。弥生の土器から生まれた漆器まり椀・奥田志郎


はじめて漆器を持つ方にお勧めします。弥生の土器から生まれた漆器まり椀・奥田志郎


はじめて漆器を持つ方にお勧めします。弥生の土器から生まれた漆器まり椀・奥田志郎


漆器・輪島塗:まり椀・奥田志郎《お椀・汁椀・味噌汁椀・300ml》


漆器・輪島塗:まり椀・奥田志郎《お椀・汁椀・味噌汁椀・300ml》


漆器・輪島塗:まり椀・奥田志郎《お椀・汁椀・味噌汁椀・300ml》


漆器・輪島塗:まり椀・奥田志郎《お椀・汁椀・味噌汁椀・300ml》


漆器・輪島塗:まり椀・奥田志郎《お椀・汁椀・味噌汁椀・300ml》


漆器・輪島塗:まり椀・奥田志郎《お椀・汁椀・味噌汁椀・300ml》


漆器・輪島塗:まり椀・奥田志郎《お椀・汁椀・味噌汁椀・300ml》


漆器・輪島塗:まり椀・奥田志郎《お椀・汁椀・味噌汁椀・300ml》


漆器・輪島塗:まり椀・奥田志郎《お椀・汁椀・味噌汁椀・300ml》


漆器・輪島塗:まり椀・奥田志郎《お椀・汁椀・味噌汁椀・300ml》


漆器・輪島塗:まり椀・奥田志郎《お椀・汁椀・味噌汁椀・300ml》


はじめて漆器、特に汁椀を持つ方にお勧めします。
弥生の土器から生まれた漆器・・・
漆器・輪島塗:まり椀・奥田志郎《お椀・汁椀・味噌汁椀・300ml》

商品番号0140-okd-0015
価格
19,800円 (税込)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
個数 
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
 
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
漆器・お椀・飯椀、汁椀、お茶碗、ご飯茶碗、本漆・欅(けやき)
まり椀の誕生 japan lacquerware
【月の暈】

奥田志郎さんの求める漆器の光沢は、鏡のように光を跳ね返すような光沢ではなく、「月の暈(うん)」のような柔らかな温かみのある光沢です。
この「月の暈(うん)」を追求すべく、奥田志郎さんは、上塗りのみで(上塗りの後、研磨し生漆を刷りこむ数度の行程(呂色(ろいろ))をせずに)仕上げられます。このことで、漆本来の被膜が損なわれず、漆本来の強さが保たれ、そして、漆本来の優しい光沢の仕上がりになります。

上塗りの塗りむらを研磨などでカバーすることができない為、熟練の塗師のみが可能な難しい仕上げ方ですが、一方、全身全霊細心の注意を払って上塗りをしても、まれに、空気中や木地のちりが付き、小さな小さなポッチのようなふくらみができる場合があります(フシがかかると言います)。研磨する呂色(ろいろ)の行程がないため、フシがかかってしまうと残念ながら取り除くことができません。
使用上はまったく問題がありませんが、奥田志郎さんの漆器へのこだわりの(まれな)産物とご理解された上で、お求めくださいませ。
ご一読くださいませ。

→ようびの漆器をお求めいただくお客様にぜひ御理解いただきたく思うこと
八分目で300mlほど入ります。
直径11.0×高さ7.5cm
□あわせておすすめしたい器たち□
雛祭り
お膳
土鍋でごはん
一汁一菜 お味噌汁中心の食事
一汁一菜 お味噌汁中心の食事
一汁一菜 お味噌汁中心の食事
一汁一菜
一汁一菜
雛祭り
たのしい食卓
冷やし素麺・一汁一菜
筍三昧
筍三昧



この商品を購入された方のレビュー すべてのレビューを見る(12件)
このショップのレビューを見る
総合評価5.00

pfutzeさん 30代/女性

評価5.00

投稿日:2021年06月06日

 美しい朱赤

もともと黒を二つ持っていましたが、息子が生まれた時にお祝いに購入。お食い初めの際にも、漆のフルセットじゃなくてもこれと白い器と組み合わせれば、立派なお膳ができます。離乳食が終わったら、子供用のお椀として使う予定です。 

kabuchi_kさん 50代/男性

評価5.00

投稿日:2020年04月21日

 全体の形がいい

長年使っている漆器の器がボロボロになって,これを機会に新しいのを購入することに.昔からようびさんの器はいくつか購入して,どれも気に入って使っています.今回,昔から気になっていた「まり碗」を購入.全体の形が非常にいい.口当たりも良くて,長く大切に使いたい. 

購入者さん 

評価5.00

投稿日:2016年06月13日

 すばらしい

一目ですばらしいと感じます。ごはんが進みます。ただ、もう少しお安いとよいのですが!まぁ、納得して買ったので星は5つで。 


買い物かごに追加できませんでした

入力内容をご確認ください。

OK

ショップへ相談