ヘルプ / 不適切な商品を報告

現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは


ガラス:藤色小皿No.1・5色1組・d.Tam・#穀雨

カテゴリトップ > 器の種類で分けました > 【鉢・向付・小付】 > 小鉢・向付・取り鉢・銘々鉢 > 小鉢・取鉢・土山敬司
カテゴリトップ > 《素材》 > 染付 > 染付・土山敬司
カテゴリトップ > 《作家・窯元・工房》 > 陶磁器作家 > 土山敬司
カテゴリトップ > 《模様・文様》 > 芙蓉手 > 芙蓉手・土山敬司

染付芙蓉手兜鉢・土山敬司|和食器の愉しみ・工芸店ようび

今回の制作分は、呉須が淡くなっています。写真を入れ替えました。(21/10/19)

 

今回の制作分は、胴に丸みがあります。写真を入れ替えました。(21/10/19)

高台(高台裏、畳付)も本歌を丁寧に写していただきました。

見込みの円窓には鳥とエキゾチックな草花が描かれた、芙蓉手の小鉢です。

染付芙蓉手兜鉢・土山敬司
     

芙蓉手とは、大輪の芙蓉の花を思わせてくれるから・・・。

染付芙蓉手兜鉢・土山敬司
     

ヨーロッパでも人気だった芙蓉手だからでしょうか、洋の料理も似合います。

染付芙蓉手兜鉢・土山敬司
     

高台は「砂高台」、高台内も飛び鉋。古染付では、うつわを重ねて焼く際に、高台がくっつくのを防ぐ為に砂を蒔きました。その痕が「砂高台」です。現在では必要のない手法ですが、ここまで丁寧に本歌を写していただいています。

染付芙蓉手兜鉢・土山敬司
 
  染付芙蓉手兜鉢・土山敬司  
  三度豆と牛蒡のごま和えです。  
染付芙蓉手兜鉢

 土山さんにもっともっと本歌に近付けてと、どんどん薄くして高台内も飛び鉋にしたりして作っていただきました。本歌は渕が輪花になっていて虫喰いがあったりするものですが、これはきれいに整っています。

 清水焼の本場で育ち父上より伝授された技術は凄いもので、どんなことでも出来る技術を持たれているうえに、面白くして、もっとラフになどと不尊なお願いをし、その結果古染付とは違う何かを感じさせてくれるよいものになったと思っています。盛り心地抜群の向付です。

 旬の三度豆と牛蒡をごま和えにしました。三度豆はやわらか目に、牛蒡は少し硬めに茹でていただくとバランスが良いあえものになると思います。お醤油ベースでもお味噌ベースでもよろしいかと思います。。

工芸店ようび 店主 真木
 
  染付芙蓉手兜鉢・土山敬司  
  三度豆と牛蒡のごま和えです。  


明末の芙蓉手の写しです。
染付芙蓉手兜鉢・土山敬司《小鉢・14.9cm》
商品番号: 0198-0102
お気に入りに追加
お気に入りに追加
向付・小鉢・花鳥文・芙蓉手
今回の制作分は、呉須が淡く、そして胴が丸くなっています。写真を入れ替えました。(21/10/19)
おおよそ直径14.9 × 高さ5.0cm
□あわせておすすめしたい器たち□
土山敬司



ショップへ相談