ヘルプ / 不適切な商品を報告

現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは


ガラス:モール平鉢・大・福地ガラス工房・#夏至

カテゴリトップ > 《素材》 > 焼締め・焼〆 > 焼〆・川淵直樹、川淵明日香
カテゴリトップ > 器の種類で分けました > 【酒器・銚子・ちろり・徳利】 > 酒器・川淵直樹
カテゴリトップ > 《作家・窯元・工房》 > 陶磁器作家 > 川淵直樹・川淵明日香 > 川淵直樹

酒器・川淵直樹|和食器の愉しみ・工芸店ようび
酒器・徳利・川淵直樹

川淵直樹さんから徳利です。各一点のみとなります。

朝鮮式半地上の連房登り窯「蛇窯(へびがま)」で6昼夜かけて固く焼き上げる南蛮焼。火と土と辛抱が素敵な偶然を生み出します。料理のうつわについて「何も無いのに華がある。そういうのがよい。」とのこと。川淵直樹さんの世界を味わってみませんか。

 
  酒器・川淵直樹  
   
 
  酒器・川淵直樹  
   
 
  酒器・川淵直樹  
 
  酒器・川淵直樹  
 
  酒器・川淵直樹  
 
  酒器・川淵直樹  
   


上等な形・・・
焼締瓷器徳利t2105・川淵直樹《酒器・徳利・200ml》
商品番号: 0158-0263
お気に入りに追加
お気に入りに追加
徳利・瓷器・焼締
「焼締瓷器」
磁器の焼〆ですが、川淵直樹さんによると100%磁器土ではなく、5%だけ赤土を混ぜているそうです。
各一点のみとなります。
おおよそ直径8.0 × 高さ10.0cm:200ml
□あわせておすすめしたい器たち□
上等な形 川淵直樹さん|和食器の愉しみ・工芸店ようび



ショップへ相談