ヘルプ / 不適切な商品を報告

現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは


ガラス:藤色小皿No.1・5色1組・d.Tam・#穀雨

カテゴリトップ > 《素材》 > 漆器 > 蒔絵
カテゴリトップ > 器の種類で分けました > 【漆器・お椀・汁椀】 > 糸目椀・尚古堂
カテゴリトップ > 《模様・文様》 > 花・草文・野菜 > 秋草文 > 薄・ススキ・芒・芦
カテゴリトップ > 《作家・窯元・工房》 > 漆芸家 > 尚古堂(輪島塗)

芒に蝶々蒔絵糸目椀・尚古堂|和食器の愉しみ・工芸店ようび

 

 

 

 

蓋の裏には蝶々、身の見込みには半月が描かれています。

薄く、そして、細い糸目に挽かれたお椀に描かれているのは、秋のススキです。とてもはかなげな印象。

芒に蝶々蒔絵糸目椀・尚古堂
芒に蝶々蒔絵糸目椀・尚古堂
芒に蝶々蒔絵糸目椀・尚古堂

蓋を開けると、大きな半月がむかえてくれます。蓋の裏には蝶々も。お椀のすみずみに秋満載です。深まる秋をお愉しみ下さい。

芒に蝶々蒔絵糸目椀・尚古堂
芒に蝶々蒔絵糸目椀・尚古堂
身の後
芒に蝶々蒔絵糸目椀・尚古堂
蓋の裏
 
  漆器・重箱・一閑塗正亀甲型二段重・洗朱・藤井収  
  酒肴を重箱に入れると、それだけではんなり美しく収まります。「一閑塗正亀甲型二段重・洗朱・藤井収」  
芒に蝶々蒔絵糸目椀

 少し横長のお膳を作りましたのは、脇取としては通常のものより長いので、大勢のお客様の時には便利なのと、折敷として洋食皿とナイフ・フォークという置き方も出来、またこのように二種のものをゆったりと置けて仲々に落ち着くと思 ったからでした。

 椀は極薄く、表は千筋糸目、京の蒔絵師・竹田省(春峰)さんに儚い風情の芒と内側は秋の蝶と半月の月を画いていただきました。秋に限定して使う贅を味わっていただけるものです。

 藤井収さんの六角縁高の中には、錫のつぼつぼと伏原博之さんの菊の葉の猪口に、目刺しのほぐし二杯酢と菊菜のごまあえを盛り込みました。

 お箸置きは光琳菊、脇に紫と緑の色絵が入っていて、ちょっと粋です。伏原博之さんの作です。

工芸店ようび 店主 真木
     
  染付吹墨月に兎深向・阪東晃司|和食器の愉しみ・工芸店ようび  
  「染付吹墨月に兎深向・阪東晃司」と。「お椀の中身は胡麻豆腐と三度豆細切り・のり・ゆず等いかがでしょうか。」  
 
  九谷焼:染付琵琶形向付・正木春蔵  
  椀は秋らしく「染付琵琶形向付・正木春蔵」には鯛の昆布じめです。  
琵琶の向付

 昔(と申しましても40年ほど前)正木さんに3年位の間、染付のものを集中して作っていただいた時代がありました。この琵琶の向付は、古染付写しとして作っていただいたもので、特に店主の私が気に入っている秀作です。

 正木さんは魯山人が須田菁華さんで色絵を作らせていただかれていた頃、ずっと投宿しておられた宿「白銀屋」さんの御次男で、さまざまなよい器を見てお育ちになったこともあって、技術はご夫婦で須田菁華さんに修行に入られ、ようびのために次々とよいものを造っていただきました。残念ながら今年春に奥様は亡くなってしまわれましたが、お弟子さんの力を借りられながら、年ですからとおっしゃりつつ意欲的によいものを造ってただいています。

 椀は名代の尚古堂さんの作品に、京・竹田省さんの芒の蒔絵、蓋の裏に蝶、中には月があり、琵琶と相まって秋を感じさせてくれるのではと思います。

工芸店ようび 店主 真木
 
  芒に蝶々蒔絵糸目椀・尚古堂  
   


静かなる・・・。
漆器:芒に蝶々蒔絵糸目椀・尚古堂・竹田省・五客一組《お椀・12.8cm》
商品番号: 0148-0001
お気に入りに追加
お気に入りに追加
お椀・蒔絵・ススキ・蝶々・糸目
五客一組となります。
蓋無し:直径12.8 × 高さ5.2cm
蓋あり:直径12.8 × 高さ8.2cm
□あわせておすすめしたい器たち□
型物・琵琶
月夜の膳
秋たけなわの酒膳



ショップへ相談