ヘルプ / 不適切な商品を報告

現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは


志野焼:鼠志野萩文四方向付・瀧川恵美子・#小暑

カテゴリトップ > 《素材》 > 漆器
カテゴリトップ > 器の種類で分けました > 【カトラリー・スプーン・フォーク】 > ナイフ
カテゴリトップ > 《作家・窯元・工房》 > 漆芸家 > もくもく
カテゴリトップ > 《素材》 > 

バターナイフ・もくもく|和食器の愉しみ・工芸店ようび

 

竹に木地呂塗りを施したバターナイフです。

バターナイフ・もくもく

「備前漆」を再興するという志の高い小野さんは、造形のセンスがとても良く、作っていただいているオリジナルのカトラリーは、どんどん洗練されたものになっていきました。ちょっとした持ち手の形や曲線は、小野さんだからこその持ち味です。

バターナイフ・もくもく
 
  うさぎ丸小皿・5種そろい・古川章蔵  
  「うさぎ丸小皿・5種そろい・古川章蔵」と。  
もくもくさんとの出会い

もくもくの小野さんとのおつき合いは、大原美術館の前でござを敷いて、ご自身で作られた竹のカトラリーを一本ずつ売られているところに偶然出会わしたのがきっかけです。
その頃の小野さんは、いわゆる「ヒッピー」で、決まった住まいもなかったそうです。材料の竹もおそらくどこかで分けてもらったものだったかもしれません。でも、ちょうどスプーンなどの小物を探していた店主は、目の前に売られているもののたしかさを一目で気に入り、いきなり百本ものオーダーをしたそうです。
「どこのおばさん?!」。小野さんも見ず知らずの人からの大量発注には驚いたことでしょう。でも、とても素敵な出会いとなりました。繊細で温かみのあるカトラリーが誕生しました。「ようび」のオリジナルとして、具体的にサイズの指示は出すものの、その造形的な美しさは、小野さんのセンスのよさそのものです。つきあいが長くなるにつれ、小野さんのカトラリーはますます洗練されてきています。

小野さんは、以前より身障者の方達の施設に、漆のカトラリーを寄付されています。金属のスプーンなどとは違い、扱いも易しく、口の中に入れても危険じゃないからです。
目に優しく、体に易しいカトラリー。赤ちゃんの口に持っていっても、いやがらないことはよく知られています。


実は、小野さんは、岡山の出身で、「備前漆」の再興に燃える志の高い方です。漆器を備前で作るだけではなく、備前の地で漆を育て、その漆で作品を作ることに情熱を傾けておられます。

工芸店ようび 店主 真木
 
  バターナイフ・もくもく  
   
 
  タイル丸皿・d.Tam  
  「タイル丸皿・d.Tam」と。  
 
  三島4.8寸皿No.1・吉井史郎  
  「三島4.8寸皿No.1・吉井史郎」と。  
 
  ガラス:オーバル鉢・空と草原・13.5cm・d.tam  
  「ガラス:オーバル鉢・空と草原・13.5cm・d.tam」と。  
 
  バターナイフ・もくもく  
   


朝、パン生活!
漆器:バターナイフ・もくもく《バターナイフ》
商品番号: 0142-0123
お気に入りに追加
お気に入りに追加
竹・本漆・ナイフ
一点ずつ手で削って作られているため、少しずつ違っている場合がございます。あらかじめご了承願います。
おおよそ14.5 × 2.0cm
□あわせておすすめしたい器たち□
アフタヌーンティー
菊花紋シリーズ
金点シリーズ
トワエモア
金線シリーズ



ショップへ相談