ヘルプ / 不適切な商品を報告

現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは


刷毛目鮎皿・川淵直樹・#芒種

カテゴリトップ > 《素材》 > 漆器
カテゴリトップ > 《素材》 > 
カテゴリトップ > 器の種類で分けました > 【カトラリー・スプーン・フォーク】 > フォーク
カテゴリトップ > 《作家・窯元・工房》 > 漆芸家 > 山本哲

拭漆竹フォーク・山本哲・甲斐のぶお工房|和食器の愉しみ・工芸店ようび

 

 

「拭漆竹フォーク・山本哲・甲斐のぶお工房」とあわせて、ケーキ皿にちょうどよいこちらのフォークも山本哲さんにバトンタッチです。

拭漆竹フォーク・山本哲・甲斐のぶお工房

フォークの片側は、すーっとケーキが切れやすいように、刀状にカットされています。竹だからこその薄くしなやかなフォルムです。

拭漆竹フォーク・山本哲・甲斐のぶお工房

カトラリーは木や竹を使い始めると、手に伝わる温もりや、お皿にあたる柔らかさ、そして何より口当たりの良さで、金属のものには戻れなくなります^^

拭漆竹フォーク・山本哲・甲斐のぶお工房
裏です。
 
  波に兎文5.5寸皿・藤塚光男  
   
 
  天啓赤絵花網文茶碗・須田菁華  
   
早春の趣 鉄絵梅模様銘々皿

 和菓子は夢と季節感がなくてはなりませんが、それを載せるお皿、一緒にいただくお茶、そしてお茶碗、茶托という風になって限りなく広がって参ります。

うぐいす餅を盛っているお皿は梅の文様で、梅にうぐいすという直接的であまり面白くないと思われる向きもありますが、この取り合わせは全体として早春の趣です。

心を入れてお煎茶を淹れていただければ、静かな草餅の香りをおたのしみいただけると思います。

工芸店ようび 店主 真木
鶯餅 大阪菊寿堂
 
  波に兎文5.5寸皿・藤塚光男  
   
  作手が奥田志郎さんから山本哲さんにバトンタッチです。こちらは、奥田志郎さん作のものです。  
磁器:バラ文岡染めコーヒー碗皿・大倉陶園
  コーヒーカップは「バラ文岡染めコーヒー碗皿・大倉陶園」  
色絵紫野菊7寸平皿・堀畑蘭
  レアチーズタルトです。「色絵紫野菊7寸平皿・堀畑蘭」  
 
  波に兎文5.5寸皿・藤塚光男  
  「波に兎文5.5寸皿・藤塚光男」と。  
お手許のものたち

 お箸は私たちにとって万能の道具ですが、でもスプーン・フォーク等は生活になくてはならない小物たちです。

 この竹フォークは左側が刃になっていて、お菓子、果物、やわらかいものは切っていただけます。洋食器にはもとより、漆のお皿などにも傷をつけず金属音を立てることもなく、使いやすくよきものです。

 材料は九州湯布院辺りの真竹、甲斐のぶおさんに作っていただいています。この度は拭漆を山本哲さんにお願いしました。しっかりと塗ってありますので傷みにくいものですが、出来る限り布(化学繊維ではない)で洗って下さいませ。中性洗剤はつけていただいてかまいません。

 大と小はお皿とのバランスを考えてお求めくださいませ。

工芸店ようび 店主 真木
 
  波に兎文5.5寸皿・藤塚光男  
   
 
  染付吹墨月に兎深向・阪東晃司  
  「染付吹墨月に兎深向・阪東晃司」にはたっぷりのお茶を。  
下萌 雪間の草の春を見せばや

 この銘々皿は兄 野田行作が東京芸大を出て間もなくの頃のデザインで、私も使っていて、どんなお菓子も引き立ててくれるよいものでしたので、形と下塗りを守田漆器さんにお願いし、仕上塗を奥田志郎さんにお願いして作りました。

 「雪間の草の春を見せばや」、雪の下で萌え出ずる準備をしている草を表した「下萌」という美しい命名の、大阪菊寿堂さんのお菓子を盛ってみました。

 銘々皿は少し大きめの方がお菓子が豊かに見えます。拭漆竹フォークも少し長いものを使いました。

 兎年にちなんで阪東晃司さんの兎紋湯呑と、急須は有松進さんの織部を合わせてみました。

工芸店ようび 店主 真木
 
  拭漆竹フォーク18cm・山本哲  
   
 
  拭漆竹フォーク・山本哲・甲斐のぶお工房  
  「拭漆竹フォーク・山本哲・甲斐のぶお工房」と。  


「和」には温もりのカトラリーを・・・
漆器:拭漆竹フォーク18cm・山本哲・甲斐のぶお工房《フォーク・竹・漆塗り》
商品番号: 0141-0108
お気に入りに追加
お気に入りに追加
透き漆・フォーク・竹
おおよそ18.0 × 1.6cm
□あわせておすすめしたい器たち□
早春の趣
菊寿堂さん|和食器の愉しみ・工芸店ようび
クリスマスの頃
志野麦之文向付
山本哲・螺鈿・箔絵・漆器



ショップへ相談