ヘルプ / 不適切な商品を報告

現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは


京焼:色絵青もみじ紋鉢・伏原博之・#新しい日常・#おうち時間

カテゴリトップ > 器の種類で分けました > 【飯碗・ご飯茶碗】
カテゴリトップ > 《素材》 > 漆器
カテゴリトップ > 《作家・窯元・工房》 > 漆芸家 > 奥田志郎
カテゴリトップ > 器の種類で分けました > 【漆器・お椀・汁椀】 > 吉の字椀・奥田志郎

吉の字椀・奥田志郎|和食器の愉しみ・工芸店ようび

 

吉の字椀・奥田志郎

 

吉の字椀・奥田志郎

 

吉の字椀・奥田志郎

 

吉の字椀・奥田志郎

愛らしい小ぶりのお椀は、店主の兄 野田行作が作った「吉の字椀」を奥田志郎さんが写したものです。

    吉の字椀・奥田志郎

無地

    吉の字椀・奥田志郎

吉の字

    吉の字椀・奥田志郎

箔押草彫文様

「まり椀」ほど丸くはありませんが、炊きたての御飯もほどよく美味しく蒸らします。

吉の字椀・奥田志郎

八分目で240mlほど入ります。

吉の字椀・奥田志郎

ご一読くださいませ。
→ようびの塗りもの

 
  織部箸置・長森慶|和食器の愉しみ・工芸店ようび  
  「塗物とは何か」の答えを探す作業の中で生まれた作品。「織部箸置・長森慶」と。  
吉の字椀

 この椀は私の兄 野田行作が漆芸家として立ち始めた頃、学生から考えていた「塗物とは何か」の答えを探す作業の中で生まれた作品でした。下地というものは何の目的で付けるのかなどのさまざまな疑問を持ち、漆はもともと木の中にあるものだから戻して上げるという意識で、素地に漆のみを染み込ませて塗り重ねて作ったお椀でした。

 この形をそのままに、輪島の奥田志郎さんに引き継いでいただくことにいたしました。下地を使わずに木地に直接漆を重ねて塗っていき(五回)、それをベースに中塗、上塗をいたしました。兄のものと違うところは(1)口づくりと高台に布が貼ってある事(これは輪島では外すことの出来ない大切な技術です)(2)中塗漆を入れてある事などです。

 小さいわりには深くてよく入り、御普段に気楽に使っていただける軽くて可愛らしい椀に仕上がっていると思います。初めて塗物に接される方々にも、漆を知り尽くされた方々にも使ってみていただきたい、試みの中から生まれた椀でございます。

 日本の食器の中でも一番大切な椀。一人でも多くの方に本物の椀をとの願いを叶えられるのでは、と思いつつ、新生活のための器としても生涯お伴出来るのではないかと思います。

工芸店ようび 店主 真木
   
  吉の字椀・奥田志郎|和食器の愉しみ・工芸店ようび  
  無地:さつまいもとしめじのお味噌汁です。  
   
  透漆おひつ6寸・奥田志郎|和食器の愉しみ・工芸店ようび  
  箔押草彫文様:ご飯がふんわり。冷めても美味しい^^「透漆おひつ6寸・奥田志郎」と。  
 
  鼠志野四方向付・大・長森慶|和食器の愉しみ・工芸店ようび  
  節分の頃に、香りいっぱいの大豆ご飯。「鼠志野四方向付・大・長森慶」にはひと塩の小鯛です。  
 
  吉の字椀・奥田志郎|和食器の愉しみ・工芸店ようび  
  兄の字の「吉」の字を出来る限り忠実に・・・  


吉の字椀・無地・奥田志郎


吉の字椀・無地・奥田志郎


吉の字椀・無地・奥田志郎


吉の字椀・無地・奥田志郎


吉の字椀・無地・奥田志郎


吉の字椀・無地・奥田志郎


吉の字椀・無地・奥田志郎


漆器:吉の字椀・無地・奥田志郎《汁椀・お椀・飯椀・240ml》


漆器:吉の字椀・無地・奥田志郎《汁椀・お椀・飯椀・240ml》


漆器:吉の字椀・無地・奥田志郎《汁椀・お椀・飯椀・240ml》


試みの中から生まれた椀・・・
漆器・輪島塗:吉の字椀・無地・奥田志郎《汁椀・お椀・飯椀・11.6cm・240ml》

商品番号  0140-okd-0461
価格
16,500円 (税込)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で 対象エリア外へのご注文は、毎日 15:00までのご注文で翌日の配達となります (あす楽)
おかげさまで売り切れになりました。

お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
汁椀・お味噌汁椀・飯椀
ご一読くださいませ。

→漆のものについて
【月の暈】

奥田志郎さんの求める漆器の光沢は、鏡のように光を跳ね返すような光沢ではなく、「月の暈(うん)」のような柔らかな温かみのある光沢です。
この「月の暈(うん)」を追求すべく、奥田志郎さんは、上塗りのみで(上塗りの後、研磨し生漆を刷りこむ数度の行程(呂色(ろいろ))をせずに)仕上げられます。このことで、漆本来の被膜が損なわれず、漆本来の強さが保たれ、そして、漆本来の優しい光沢の仕上がりになります。

上塗りの塗りむらを研磨などでカバーすることができない為、熟練の塗師のみが可能な難しい仕上げ方ですが、一方、全身全霊細心の注意を払って上塗りをしても、まれに、空気中や木地のちりが付き、小さな小さなポッチのようなふくらみができる場合があります(フシがかかると言います)。研磨する呂色(ろいろ)の行程がないため、フシがかかってしまうと残念ながら取り除くことができません。
使用上はまったく問題がありませんが、奥田志郎さんの漆器へのこだわりの(まれな)産物とご理解された上で、お求めくださいませ。
直径11.6 × 高さ7.5cm
八分目で240mlほど入ります。
□あわせておすすめしたい器たち□
節分の頃
ごはんの道具



この商品を購入された方のレビュー すべてのレビューを見る(2件)
このショップのレビューを見る
総合評価条件に満たないため総合評価は表示できません。

根白草さん 40代/女性

評価5.00

投稿日:2021年01月24日

 くりっと可愛く、頼もしい

小ぶりでくりっとした愛らしいお椀ですが、量は見た目よりしっかり入ります。きりりと背筋を伸ばしているような高台とあいまって、律儀に日々食卓を支えてくれているような姿に愛着がわきます。若芽と豆腐の味噌汁や、あおさ海苔の味噌汁との相性が特に良いように感じてます。 

雪山閣さん 40代/男性

評価5.00

投稿日:2020年05月05日

姿の良さに一目惚れして購入しましたが、届いてみると小ぶりの割には刳りが深く、口から底まで同じくらいの厚みで挽かれて結構たっぷりと入ります。高台の高さもほどよく、口のすっとすぼまっているところが本当に手取りの良い姿で、早速筍飯・白飯と盛って、今までの土ものの碗に替わって膳に据わっています。 

使い道 実用品・普段使い 使う人 自分用 購入回数 はじめて 


買い物かごに追加できませんでした

入力内容をご確認ください。

OK

ショップへ相談