ヘルプ / 不適切な商品を報告

現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは


染付網目6.5寸深皿・阪東晃司・#小雪

カテゴリトップ > 《素材》 > 漆器
カテゴリトップ > 《作家・窯元・工房》 > 漆芸家 > 奥田志郎
カテゴリトップ > 器の種類で分けました > 【漆器・お椀・汁椀】 > 【一汁一菜】二つ椀《合鹿椀》・奥田志郎

二つ椀・奥田志郎|和食器の愉しみ・工芸店ようび
二つ椀・奥田志郎

 

二つ椀・奥田志郎

 

二つ椀・奥田志郎

一の椀

二つ椀・奥田志郎

二の椀

二つ椀・奥田志郎

 

二つ椀・奥田志郎

こちらは「二つ椀」、つまり、大小入れ子になった二つのお椀からできています。
「まり椀」「秀衡椀」などなど、故奥田達朗さんの志を継ぐ漆器のひとつです。

二つ椀・奥田志郎

元来、日常使いの器として、大きな方(一の椀)が飯椀、小さな方(二の椀)が汁椀として使われていたそうですが、食べ過ぎ注意の現代では、反対にして、小さな方を飯椀にされる方が、ダイエットにもなりますし、汁椀に野菜たっぷりのお味噌汁をいただくことが出来ます。

二つ椀・奥田志郎

一の椀は、八分目で500ml、二の椀は、八分目で300ml弱ほど入ります。一の椀は、丼としても、そして、お正月のお雑煮椀としても重宝します。二の椀は、デザート皿や取り皿としてもご利用いただけます。
ただし、 「四つ椀」と違い、二の椀は一の椀の蓋にはなりません。

二つ椀・奥田志郎
一の椀
二つ椀・奥田志郎
二の椀

実はこちらは、「粥椀(合鹿椀)」でご紹介した、故奥田達朗さんが夢中になった桃山時代の合鹿椀の写しです。
形も寸法も全く同じですが、くりを深くしていますので、本歌よりも軽く容量もたっぷりです。

二つ椀・奥田志郎
二の椀
 
 
  二つ椀・奥田志郎  
  屠蘇肴三種は西宮・清左衛門さんに作っていただきました。  
朱二ツ椀

 お雑煮は御出身地によって千差万別。かなり興味を持ってお聞きしてもやはりとり入れさせていただけません。結局毎年同じ自分の家のお雑煮になってしまいます。でもお餅が必ず入っていて、具が多く大きいのは変わりないようです。

 今年は桃山時代の合鹿椀の写し(二つ椀・この度は本朱)に雑煮を盛ってみました。お餅と具がゆったりと入っていい感じです。小さい方に黒豆・ごまめ・酢牛蒡の三種を盛り、からすみと大根は須田菁華さんの椿紋の華やかな色絵の皿を使ってみました。

 盃は根引松紋(伏原博之さん)静かで華やかでお正月気分満載です。

工芸店ようび 店主 真木
 
  二つ椀・奥田志郎  
   
 
  二つ椀・奥田志郎  
  桃山時代の合鹿椀  
 
  二つ椀・奥田志郎  
  「黒二つ椀《合鹿椀》」もございます。  
 
  二つ椀・奥田志郎  
   
 
  二つ椀・奥田志郎  
  二の椀:屠蘇肴三種は西宮・清左衛門さんに作っていただきました。  


桃山時代の合鹿椀に倣う。
漆器・輪島塗:朱二つ椀《合鹿椀》・奥田志郎《汁椀・お椀・飯椀・味噌汁椀・雑煮椀・500ml・300ml》
商品番号: 0140-okd-0446
お気に入りに追加
お気に入りに追加
本漆・お椀・雑煮椀・飯椀・味噌汁椀
ご一読くださいませ。

→漆のものについて
一の椀:直径136mm × 高さ100mm
    八分目で500mlほど入ります。

二の椀:直径124mm × 高さ65mm
    八分目で300mlほど入ります。



ショップへ相談