ヘルプ / 不適切な商品を報告

現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは


京焼:色絵青もみじ紋鉢・伏原博之・#新しい日常・#おうち時間

カテゴリトップ > 器の種類で分けました > 【お盆・膳】 > 黒・潤布盆・奥田志郎
カテゴリトップ > 《素材》 > 漆器

潤布盆・大・奥田志郎|和食器の愉しみ・工芸店ようび

中塗布盆・大・奥田志郎

潤は遠目では黒く見えますが、光を当てると深いチョコレート色をしています。「潤布盆」の今回制作分は、より黒に近い色となっています。
(こちらの見本は「雪才・デザート盆」からです。)

潤布盆・大・奥田志郎

「にちにち膳」と共に、気軽に、きちっと食事の空間を作っていただくための素敵なお盆です。こちらも少し大きめで、和にも洋にも使いやすい寸法となっています。

潤布盆・大・奥田志郎
潤布盆・大・奥田志郎

木地は能登半島特産の档(あて)の木。「布盆」とは、木地全体に布(カンレイシャ)を漆で貼った上に、数度漆の塗りを重ねていることから由来します。
毎日続けてお使いいただくと、やがて布目が表れ、おもしろみが出てきます。

潤布盆・大・奥田志郎
黒・小

「中塗布盆」は、上塗りをしていないのでより布目が出ています。

 
  潤布盆・大・奥田志郎  
 
  せっかくの素敵なお膳も、ひずんでしまって、テーブルの上でかたかた音がするのでは、あまり愉しくありません。
実は、ひずんでしまうのは、木が乾燥しすぎているからです。毎食後、他のうつわと同様、たっぷりの水で洗ってあげると、ひずみが出ることはほとんどありません。すでにひずんでいる場合、洗った後、濡れ布巾を掛けておくなど、意識的に乾燥しないようにして、しばらく様子をご覧ください。いつの間にか、かたかたの音がしなくなっています。
 
 
  黒布盆・大・奥田志郎  
  「黒布盆・大」  
  挟持ボウル・山本芳伸   お膳  
  「黒布盆・小」:冷や麦は「挟持ボウル・山本芳伸」で。  
ようびのお膳、お盆

 お膳はお客様用と格式ばったもののように思われますが、お膳にのせることによって額縁のような効果をもたらし、食器のバランス、大、小、型、高さ等選びやすくなり、また食卓が纏まってすっきりと見えます。一人の時などそのままテレビの前に持って行って召し上がることも出来ます。
 縁の低い重なるものは雪才型(語源はよく解りません)で、ランチョンマットを敷くような感覚でお使いいただけますし、角切のようなものは大変正式な懐石に用いるものですが、お正月とかお雛さま、お客様等少し気の張る時、また家族で今日は「少しだけ特別よ」という意味も伝えることができるのではないでしょうか。「気持ちを伝える」食器の効用はそんなところにもあると思うのです。
 毎日の何でもない日常を少しずつ変化のある楽しいものにする心を養っていただくお手伝いが出来るように思うのです。 

店主 真木啓子

 

 

 
  潤布盆・大・奥田志郎  
  「潤布盆・大」  
潤布盆

 潤色というのは漆塗り独得の言い方で、朱潤と泥潤と呼んで区別しています。
 泥潤(他の呼称もあります)は朱漆の中に黒漆を少し混ぜ込んだものですが、透明感がなくなるため、ようびではあまりいたしません。 朱潤は朱合漆(朱の粉を入れるためにつくった漆)に朱漆(目方で漆90朱粉80の割合に混ぜたもの)を20%から30%程度混ぜ塗ったものですが、乾漆させ方、漆の質の微妙な差、季節、塗り方等によって発色が変わりさまざまな色合いになり、殆んど同じ色には塗り上がりません。そのあたりの難しさを克服して、魅力的なこの色を出していただいています。
 今度の布盆に塗りましたのは黒に近くなってしまいました。それでも黒とは違い微妙に上に乗せるものをやさしく受けとめる色になっていると思います。 板物の盆は軽く、この雪才形は扱いやすく軽やかな感じが大好きな盆、折敷です。

店主 真木啓子


中塗布盆・大・奥田志郎


中塗布盆・大・奥田志郎


毎日使うほどにおもしろい!
漆器:中塗布盆・大・奥田志郎《お膳・44.0cm》

商品番号  0140-okd-0131
価格
33,000円 (税込)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で 対象エリア外へのご注文は、毎日 15:00までのご注文で翌日の配達となります (あす楽)
おかげさまで売り切れになりました。

お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
お膳・お盆・トレー



44.0 × 32.0 × 高さ1.5cm


ご注意!
お店の倉庫でしばらく待機している間に、若干のひずみが出るお膳もございます。
上記にも書かれていますが、毎食後たっぷりの水で洗った後、濡れ布巾を掛けていただくと、ひずみは無くなります。
一枚板の特徴ですので、ご理解いただいた上お求め下さいませ。


買い物かごに追加できませんでした

入力内容をご確認ください。

OK

ショップへ相談