ヘルプ / 不適切な商品を報告

現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは


染付芙蓉手兜鉢・土山敬司・#雨水

カテゴリトップ > 器の種類で分けました > 【お盆・膳】 > 利休正方膳・奥田志郎
カテゴリトップ > 《素材》 > 漆器
カテゴリトップ > 《作家・窯元・工房》 > 漆芸家 > 奥田志郎

朱利休正方膳・奥田志郎・奥田志郎|和食器の愉しみ・工芸店ようび

 

 

最も正式な懐石膳です。

朱利休正方膳・奥田志郎・奥田志郎

奥田志郎さんの【月の暈】の優しい美しい塗りを十二分に味わっていただける美しいお膳となっています。

朱利休正方膳・奥田志郎・奥田志郎
裏面
 
  漆器・輪島塗:朱利休正方膳・奥田志郎  
   
真塗利休膳

 利休という名前のついたものはたくさんありますが、即、利休の考案したものとか利休好みというものではありません。利休が使っていたものなどというものは世の中に数える程しか存在しません。利休型とか利休好みと云われるものは「利休さんならこんなものはお好きかもしれない」と後世の人がつけた名前と云う風に理解するのが正しいように思います。

 この膳は曲尺一尺正方の低い側のついた角折敷で、一番正式な懐石膳と云われているものです。

 真塗と云うのは、上塗をしたものを磨きをかけずに塗り面を重んじた塗りもののことで、実は一番大変な塗り方なのです。塗る腕が悪ければすぐにハケ目がついたりムラになったりしますし、塗る季節にも気をつけなくてはなりません。漆が悪いと真塗の面がビカビカとつやが出すぎたりイヤなつやになったりします。漆らしい雲のかかったような美しい表面を出そうとすると、漆の質もよいものでなければならぬのです。

 真塗は後で修正がきかないので、どんなに立派な職人が塗っても必ず何割かのロスが出ます。こんなことは仕事の中では当たり前なのですが、仲々受け入れてはいただけない等の仕事としてのマイナス面が多いため、この塗り方はよほどのものでない限りしないのが今の常識のようになってしまいました。

 その中でも特に利休型のこの膳のようなものはなるべく完璧に近いものにするのが当然で、職人たちはかなり「気を張って塗るもの」と聞いています。

 ようびではこの真塗すなわち磨きをかけない美しい塗の面を重んじていまして、いわば当たり前の仕事と思って来ましたが、そんな考え方はますますマイナーな考え方になってゆくようです。しかしマイナーでもよい「よいものはよいのだ」としっかり思いながら、少しの人間の手わざの難をおゆるしいただく方向をつらぬいて参ります。

工芸店ようび 店主 真木
   
  三雲荒土筒向付・野村佳苗  
   
三雲荒土筒向付

今年の紅葉は遅くなりますようで、秋のよろしき季節が短く残念なことです。でも例年の如く秋の味覚なるものは10月11月、器も秋のものにさせていただきましょう。

 この向付の作者・野村佳苗さんの実家の近く湖南の土で作りました。白濁させた透明釉をかけてざんぐりと作ってあります。形の面白さ(高台も含めて)を見ていただく向付です。旬の剣先烏賊を火取って短冊に切ったものとほうれん草茎の二杯酢かけが入っています。

 お膳は奥田志郎さんの利休形朱真塗、椀は奥田志郎さんの大椀、紅葉紋は山本哲さんの箔絵(野田行作の写し)でございます。

 織部の箸置は有松進さんのものです。

工芸店ようび 店主 真木
 
  朱利休正方膳・奥田志郎  
   


一番正式な懐石膳!
漆器・輪島塗:朱利休正方膳・奥田志郎《お膳》
商品番号: 0140-okd-0112
お気に入りに追加
お気に入りに追加
漆器・お盆・折敷・お膳
【月の暈】

奥田志郎さんの求める漆器の光沢は、鏡のように光を跳ね返すような光沢ではなく、「月の暈(うん)」のような柔らかな温かみのある光沢です。
この「月の暈(うん)」を追求すべく、奥田志郎さんは、上塗りのみで(上塗りの後、研磨し生漆を刷りこむ数度の行程(呂色(ろいろ))をせずに)仕上げられます。このことで、漆本来の被膜が損なわれず、漆本来の強さが保たれ、そして、漆本来の優しい光沢の仕上がりになります。

上塗りの塗りむらを研磨などでカバーすることができない為、熟練の塗師のみが可能な難しい仕上げ方ですが、一方、全身全霊細心の注意を払って上塗りをしても、まれに、空気中や木地のちりが付き、小さな小さなポッチのようなふくらみができる場合があります(フシがかかると言います)。研磨する呂色(ろいろ)の行程がないため、フシがかかってしまうと残念ながら取り除くことができません。
使用上はまったく問題がありませんが、奥田志郎さんの漆器へのこだわりの(まれな)産物とご理解された上で、お求めくださいませ。
ご一読くださいませ。

→ようびの漆器をお求めいただくお客様にぜひ御理解いただきたく思うこと
おおよそ30.4 × 30.4 × 高さ2.0cm
□あわせておすすめしたい器たち□
紅葉椀
朝鮮唐津州浜形向付
お正月の道具
和みの空間



ショップへ相談