ヘルプ / 不適切な商品を報告

現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは


志野焼:志野千鳥文向付・瀧川恵美子・#大暑

カテゴリトップ > 器の種類で分けました > 【鉢・向付・小付】 > 盛り鉢・中鉢
カテゴリトップ > 《模様・文様》 > 花・草文・野菜 > あじさい
カテゴリトップ > 《作家・窯元・工房》 > 陶磁器作家 > 伏原博之(京焼)
カテゴリトップ > 《素材》 > 京焼・清水焼 > 道八写し・伏原博之
カテゴリトップ > 《素材》 > 京焼・清水焼 > 季節の京焼《夏》

京焼・道八写色絵紫陽花文鉢・伏原博之|和食器の愉しみ・工芸店ようび

仁阿弥道八の紫陽花の写しです。

京焼・道八写色絵紫陽花文鉢・伏原博之
京焼・道八写色絵紫陽花文鉢・伏原博之

少し賑やかで華やかな鉢は、色の少ない料理を盛り立ててくれます。

京焼・道八写色絵紫陽花文鉢・伏原博之
京焼・道八写色絵紫陽花文鉢・伏原博之
京焼・道八写色絵紫陽花文鉢・伏原博之
     
  白竹のし箸・市原平兵衛商店  
  「白竹のし箸・市原平兵衛商店」を添えて・・・。  
道八写色絵紫陽花文鉢

色絵あじさいの鉢と向付を、毎年のように正木春蔵さんに作っていただいていましたが、60才になられた時、色盛のお仕事は「しんどい」とおっしゃって、この手の色絵のものはお作りにならなくなりました。そこでこの度、伏原博之さんにお願いすることにしました。

正木さんの力強い骨太のものから、京焼の薄くてやさしいものに変わりましたが、同じ写しをお願いしても全然違ったものが出来ること、今更ながら感じます。

一年間いろいろ見本を出していただきながら、少し遅くなりましたがやっと夏に間に合って紫陽花が店に並んでいます。

店主 真木啓子
     
  京焼・道八写色絵紫陽花文鉢・伏原博之  
  仁阿弥作 紫陽花四方鉢
「名品 茶懐石」辻嘉一・著  婦人画報社より
 
     
  京焼・道八写色絵紫陽花文鉢・伏原博之  
  6月が旬のねまがりだけが売られていたので、厚揚げと三つ葉で炊き合わせました。  


梅雨の頃・・・
京焼・道八写色絵紫陽花文鉢・伏原博之《中鉢・15.5cm》
商品番号: 0029-0202
お気に入りに追加
お気に入りに追加
道八写し・紫陽花・京焼・中鉢
京焼(ようびでは伏原博之さんのもの)について

江戸時代より京焼は美しく繊細で「上等のもの」として珍重されて来ましたが、土もののため水が沁みやすく、使用後乾燥が悪いと、釉(うわぐすり)の下にカビが生じてとれなくなる恐れがありました。

伏原博之さんの京焼は、江戸時代の京焼に比べると、かなり温度を上げて焼いておりますので、カビは生じにくくなっていますが、京焼独特の風合いをなくさないよう、ぎりぎりの温度設定となっています。

念のため、お使いになられる前に五分ほど水に浸して充分水を含ませ、また、長期間使われない場合は、よく乾かしてからしまってください。ご理解の上お求め下さいませ。
おおよそ直径15.5 × 高さ10.0cm



ショップへ相談