ヘルプ / 不適切な商品を報告

現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは


ガラス:藤色小皿No.1・5色1組・d.Tam・#穀雨

カテゴリトップ > 器の種類で分けました > 【お皿】 > 豆皿・醤油皿・漬物皿・手塩皿 > 交趾豆皿・伏原博之
カテゴリトップ > 《素材》 > 交趾
カテゴリトップ > 《作家・窯元・工房》 > 陶磁器作家 > 伏原博之(京焼)

黄交趾豆皿・伏原博之|和食器の愉しみ・工芸店ようび
黄交趾豆皿・伏原博之

交趾豆皿・伏原博之

黄交趾豆皿・伏原博之

黄交趾豆皿・伏原博之

まんまる・・・ではありませんが、深い黄が満月のようです。水面に映る月・・・でしょうか。

黄交趾豆皿・伏原博之
黄交趾豆皿・伏原博之
黄交趾豆皿・伏原博之

青、緑、黄、紫・・・、鮮やかな色彩が特徴の「交趾(こうち)」は、本来、ベトナムから輸入された低火度で焼かれる鉛釉陶器のことを言います。

黄交趾豆皿・伏原博之
 
  染付吹墨月に兎5寸皿・阪東晃司  
  取皿には「染付吹墨月に兎5寸皿・阪東晃司」を。  
交趾土器皿

 土器皿は柔らかな陶器で使いにくいと思っていらっしゃる方が多いと思います。
 風合いはとても美しいのですが汚れが染み込むなどのマイナス面があり、伏原さんはそれを考えて火度を高くしてしっかり焼いて下さっています。釉をかけないで色絵具を幾度も重ねて(回数は色によって違い焼き具合によっても異なります)釉のような表面になっています。
 土器皿は読んで名の如くロクロを使わず土をこね、手で延ばして造ったという由来のもので、最初は釉のない「かわらけ」でした。その雰囲気を少しでも残したいと縁にたっぷり丸く土を寄せ、自然に出て来た様な型をと思ったのですが、そんな雰囲気が出ているでしょうか?
 交趾という名はベトナム北部あたりの古名でコーチャンと呼ばれていたと聞いています。そのあたりに産する原料で造られたものなのでしょうか、主に香料を入れて輸出した蓋物が日本では香合として珍重され、日本の名前が与えられ、交趾(コーチ又はコーシ)と呼ばれてきました。茶席は暗いところですので特に黄交趾が珍重され、交趾大亀香合など大名品として藤田美術館などに残っています。

工芸店ようび 店主 真木
 
  青交趾豆皿・伏原博之  
   
 
  漆器・拭漆おひつ・小・奥田志郎  
「漆器・拭漆おひつ・小・奥田志郎」にはたっぷりのひつまぶし。本わさびたっぷりでいただきます。  
 
  染付吹墨月に兎7.5寸皿・阪東晃司|和食器の愉しみ・工芸店ようび  
  「染付吹墨月に兎7.5寸皿・阪東晃司」には、甘鯛のカリッと揚げ、鬼おろし掛けです。大きめのお皿でうさぎと月が浮かび上がります。  
 
  黄交趾豆皿・伏原博之  
   


水面に映る満月のよう・・・
黄交趾豆皿・伏原博之《豆皿・7.3cm》
商品番号: 0029-0194
お気に入りに追加
お気に入りに追加
陶器・土器皿・交趾焼・豆皿
今回の制作分は、生地のシワが少々目立ちます。写真を入れ替えました。背景が白の写真をご参照ください。(22/11/24)
おおよそ直径7.3 × 高さ1.5cm
□あわせておすすめしたい器たち□
十五夜の夜
ひつまぶし
月見の宴
秋のうつわコーディネイト
菊のうつわ
京焼



この商品を購入された方のレビュー すべてのレビューを見る(1件)
このショップのレビューを見る
総合評価総合評価に有効な件数に達しておりません。

sogoriran18さん 40代/男性

評価4.00

投稿日:2015年11月22日

 さし色になりかわいい豆皿です

色の出方がとても素敵で、さし色になるかわいい豆皿です。 サイズの確認はもちろんしたのですが、それでもイメージしていたよりも小さく感じました。ネットで器を購入するのは難しいですね。 価格がもう少し安かったら良いのにと思いましたが、手がかかる難しい器なのでしょうか? ご参考までに画像は国産の普通~小さめサイズのオリーブを3つのせてみました。高いので買い足しはしないかな・・・ 

使い道 実用品・普段使い 使う人 自分用 購入回数 はじめて 


ショップへ相談