ヘルプ / 不適切な商品を報告

現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは

消費税増税に関する重要なお知らせ

ショップからの発送が10/1以降になる場合は新税率が適用され、増税分が後から請求されることがあります。 詳細はこちら


《定期販売》 width=

カテゴリトップ > 【飯碗・ご飯茶碗】
カテゴリトップ > 《風景》 > 京焼・清水焼
カテゴリトップ > 《模様・文様》 > 花・草文・野菜 > 
カテゴリトップ > 《模様・文様》 > 乾山写し・伏原博之 > 乾山・葵文・伏原博之

乾山写葵文飯碗・伏原博之|和食器の愉しみ・工芸店ようび

乾山の葵の図案をモチーフにしています。夏鮮やかな葵の花を、呉須と鉄絵で描き上げる感性は、さすが乾山です。こちらは、飯碗です。

乾山写葵文飯碗・伏原博之

初夏から夏の花ですが、図案として年中お使いいただけます。落ち着いた文様は、ほっこり炊けた白いご飯がとても良く似合います。

乾山写葵文飯碗・伏原博之

京焼は「土もの」です。釉薬と素地との焼き上がりの収縮の違いにより「貫入」が入ることが特徴です。使い込むほどに肌合いや色合いが変化し、柔らかなやさしい表情が生まれてきます。末永く、ご愛顧いただければ幸いです。

乾山写葵文飯碗・伏原博之
乾山写葵文飯碗・伏原博之
 
  乾山写葵文飯碗・伏原博之   4.2汁椀・奥田志郎  
  大葉ご飯です。   シックな色調のお茶碗には「4.2汁椀・奥田志郎」が似合います。  
立葵

 立葵の皿、向附、飯碗、蓋物、鉢などたくさん揃いました。

 立葵は乾山が好んで用いた図柄です。琳派と呼ばれる人たち、等伯や宗達も、野生ではないでしょうがこの路傍の花を美しく画いています。

 中でも乾山は花だけをズームアップしているものが多く、牡丹のようにも見えるものもありますが私は以前から立葵の花だと思っています。

 この花の一つ一つに好んで画くに足る何かを発見したのでしょう。さまざまに転回させています。この文様が何故か好きでいつか復原したいと考えていました。

 乾山は古清水や清閑寺、粟田、等の京焼と言われるものとは一線を画した作家ですが、京のエッセンスはしっかり持っている人でしたので、当時から独自の芸術性を賞でた人々も多かったはずです。

 何とかこの魅力に近づいて来たように思います。「立葵は今咲いていますよ」と絵を画いて下さる方に声をかけて、今年も一つ一つの花をしっかり見て、乾山がこの花の何に魅力を感じたかを会得して教えてほしいと思っています。

店主 真木啓子
 
  捻編盛籠9寸・宮崎珠太郎  
  捻編盛籠9寸・宮崎珠太郎  
 


乾山写葵文飯碗・伏原博之


乾山写葵文飯碗・伏原博之


乾山写葵文飯碗・伏原博之


乾山写葵文飯碗・伏原博之


路傍の花。いつかは乾山・・・。
乾山写葵文飯碗・伏原博之

商品番号  0029-0144
価格
7,484円 (税込)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で 対象エリア外へのご注文は、毎日 15:00までのご注文で翌日の配達となります (あす楽)
7営業日以内に発送予定
個数 
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
 
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
お茶碗・京焼・立葵・乾山写し
京焼(ようびでは伏原博之さんのもの)について

江戸時代より京焼は美しく繊細で「上等のもの」として珍重されて来ましたが、土もののため水が沁みやすく、使用後乾燥が悪いと、釉(うわぐすり)の下にカビが生じてとれなくなる恐れがありました。

伏原博之さんの京焼は、江戸時代の京焼に比べると、かなり温度を上げて焼いておりますので、カビは生じにくくなっていますが、京焼独特の風合いをなくさないよう、ぎりぎりの温度設定となっています。

念のため、お使いになられる前に五分ほど水に浸して充分水を含ませ、また、長期間使われない場合は、よく乾かしてからしまってください。ご理解の上お求め下さいませ。
おおよそ直径11.5 × 高さ5.8cm



この商品を購入された方のレビュー すべてのレビューを見る(1件)
このショップのレビューを見る
総合評価条件に満たないため総合評価は表示できません。

購入者さん 

評価5.00

投稿日:2014年03月26日

 お気に入り

とても良いです。派手さはないのですが、葵の花模様が不思議に心を和ませてくれます。手になじむ大きさもよいです。全体に写真よりは濃いめの色合いですので、気になる方はあらかじめ注意が必要かと思います。 

使い道 実用品・普段使い 使う人 自分用 購入回数 はじめて 


茶托・錫器
茶托・錫器
茶托・錫器
茶托・錫器