ヘルプ / 不適切な商品を報告

現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは


《定期販売》 width=

カテゴリトップ > 【お皿】 > 大皿・中皿
カテゴリトップ > 【お皿】 > 楕円皿・長皿・板皿・角皿
カテゴリトップ > 《風景》 > 染付
カテゴリトップ > 《模様・文様》 > 花・草文
カテゴリトップ > 《模様・文様》 > 動物 > 虫文・蝶々

染付蝶と蓮文駒形皿・植山昌昭|和食器の愉しみ・工芸店ようび

明末古染付の写しです。

染付蝶と蓮文駒形皿・植山昌昭
染付蝶と蓮文駒形皿・植山昌昭

宴のスタートまず一献、そして、旬のお料理を少し・・・。つきだしのお皿におすすめです。

染付蝶と蓮文駒形皿・植山昌昭
染付蝶と蓮文駒形皿・植山昌昭
 
  染付蝶と蓮文駒形皿・植山昌昭  
  雑誌の対談企画でコーディネイトされたテーブル。(雑誌より転載)  
  写真の文章はこんな感じです。
洋風のお部屋で、和風のセッティング。藍染めのインド更紗のテーブルクロスが、これからの調和をみごとに保っています。つきだしはスモークドサーモンと衣被、併せて酢のものと椀ものが持ち出されます。御酒はめいめいが好みの盃で・・・。
 
倣古染付蝶と蓮文駒形皿

 大阪の大コレクター山発コレクションの御長女・川崎美代子さまのお宅で、一九七六年頃に雑誌の対談をさせていただいた時に出していただいて強烈な印象を受けた古染付のお皿の記憶をひもときつつ、長い期間かかって何とかこれならというところまで参りました。本歌にはとてもとても及ばないのですが、雰囲気だけは何とか出たように思います。

 明末古染付はもっと土も良く、焼成法も生掛けといって素地を成形して乾かせた上に(素焼をいたしません)直接釉を掛けて焼いたもので、上渕には必ずといって良い程の虫喰(下の素地と釉の収縮が違って出来る空気の層がつぶれたもの)があり、それが又風情を醸し出すものですが、生掛生成のリスクも現在の要求からは無理で、お客様も喜ばれません。いろいろな制約がありますが、やはり形も雰囲気も魅力的なので時々いろいろな作家さんにお願いしてみます。それなりの作品に仕上がるのも興味深いもので、お客様にもたのしんでいただければと思っています。

店主 真木啓子
 
  染付蝶と蓮文駒形皿・植山昌昭  
  雑誌の料理を再現してみました。衣被としし唐とスモークサーモンです。  


染付蝶と蓮文駒形皿・植山昌昭


染付蝶と蓮文駒形皿・植山昌昭


染付蝶と蓮文駒形皿・植山昌昭


染付蝶と蓮文駒形皿・植山昌昭


染付蝶と蓮文駒形皿・植山昌昭


古染付のを写していただきました・・・
染付蝶と蓮文駒形皿・植山昌昭

商品番号  0004-0230
価格
6,000円 (税込 6,480 円)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で 対象エリア外へのご注文は、毎日 15:00までのご注文で翌日の配達となります (あす楽)
売り切れになりました。お気軽にお問い合わせくださいませ!

お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
染付・蓮・蝶・駒形
18.5cm × 15.0cm × 高さ3.0cm



茶托・錫器
茶托・錫器
茶托・錫器
茶托・錫器