ヘルプ / 不適切な商品を報告

現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは


京焼:色絵青もみじ紋鉢・伏原博之・#新しい日常・#おうち時間

カテゴリトップ > 器の種類で分けました > 【片口】
カテゴリトップ > 《素材》 > 井戸 > 井戸片口・有光武元
カテゴリトップ > 《作家・窯元・工房》 > 陶磁器作家 > 有光武元

井戸片口・有光武元|和食器の愉しみ・工芸店ようび
井戸片口・有光武元

井戸片口・有光武元

井戸片口・有光武元

井戸片口・有光武元

井戸片口・有光武元

井戸片口・有光武元

ざっくりとした土、轆轤目、片口・・・。包み込むように季節のおかずを盛り込める小鉢です。

井戸片口・有光武元
井戸片口・有光武元
井戸片口・有光武元
井戸片口・有光武元
腰高の美しいフォルム
井戸片口・有光武元

食器のことを知り尽くした有光武元さん。曰く、「何かを盛りたいと思えるようなものをつくっている自信はあります」。

井戸片口・有光武元
井戸片口・有光武元
 
  井戸片口・有光武元  
  酒器として・・・。  
 
  井戸片口・有光武元  
   
 
  井戸片口・有光武元  
  1年半ほど有光武元さんご自身が使用された井戸片口です。  
井戸片口

 井戸といわれている焼物はもちろん朝鮮半島の土なのですが、萩と益田の中間地点の「須佐」に須佐唐津と呼ばれてよく似た感触の土が産出されていました。そのことを小林東五氏から教えていただかれた有光武元さんが、20年位前その土を手に入れられ、今回焼かれたものです。

 須佐唐津は還元で焼かれていたもので色は青っぽいグレーですが、有光さんは井戸風に仕上げてみたくて酸化の焔で焼いてみたとおっしゃいます。
使い込むと赤味を帯びて貫入が入り、古い井戸の肌のようになるそうで、形も良く、小鉢以外にもお酒を入れたりさまざまに使えそうです。
またその写真をお見せするつもりです。

店主 真木啓子
 
  井戸片口・有光武元  
  茄子とオクラの揚げ浸しです。  


井戸片口・有光武元


井戸片口・有光武元


井戸片口・有光武元


井戸片口・有光武元《片口・小鉢・15.0cm》


井戸片口・有光武元《片口・小鉢・15.0cm》


井戸片口・有光武元《片口・小鉢・15.0cm》


井戸片口・有光武元《片口・小鉢・15.0cm》


井戸片口・有光武元《片口・小鉢・15.0cm》


ざっくりとした土、轆轤目、片口・・・。
井戸片口・有光武元《片口・小鉢・15.0cm》

商品番号  0002-0164
価格
13,200円 (税込)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で 対象エリア外へのご注文は、毎日 15:00までのご注文で翌日の配達となります (あす楽)
1週間以内に発送予定(店舗休業日を除く)
個数 
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
 
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
井戸・片口・小鉢
今回の窯出し分は、貫入があまり現れていません。
おおよそ15.0 × 12.0 × 高さ8.0cm
□あわせておすすめしたい器たち□
有光武元



買い物かごに追加できませんでした

入力内容をご確認ください。

OK

ショップへ相談