ヘルプ / 不適切な商品を報告

現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは


TOPページお支払いと送料店舗紹介メルマガ登録バスケット送料無料のウラワザ  


RP100点!!

無印良品、発見!

当店的…MVP!

上半期MVP

現地の…半額?

スパークリング一覧

遂に1200本突破!

黄金ルーキー

カレラ元女流醸造長

当店初オレンジ

嘘みたいな979円

5000円以下ナパ



メルマガ登録
書籍:ワイン一年生
夢のコラボ
新型モデル登場
送料無料のウラワザ

キーワード





●赤ワイン全種
│ [US] [NZ] [SA]
●カベルネソービニヨン
│ [US] [SA] [OT]
●ピノ・ノワール
│ [US] [NZ] [SA]
●メルロー
│ [US] [SA] [OT]
●シラー/シラーズ
│ [US] [SA] [OT]
●ジンファンデル
●プティ・シラー
●その他の赤
│ [US] [NZ] [OT]

○白ワイン全種
│ [US] [NZ] [SA]
○シャルドネ
│ [US] [SA] [OT]
○ソーヴィニヨンブラン
│ [US] [NZ] [SA]
○リースリング
│ [US] [NZ] [SA]
○シュナン・ブラン
○その他の白
│ [US] [NZ] [OT]

★スパークリング
◆デザート/ロゼ
▼ポート

※各品種下段の【カッコ】をクリックで、さらに国別で絞り込めます。
…【US】→アメリカ
…【NZ】→ニュージーランド
…【SA】→南アフリカ
…【OT】→その他の国





茜屋珈琲店のぐれいぷじゅうす
同梱12本までOK!
eロバート・パーカー掲示許可





【ウェンテ】 ≪Wente Vineyards≫
■此処はカリフォルニア・シャルドネの "総本山"。
〜「全てのシャルドネはウェンテに通ず。」〜



ウェンテ…それはカリフォルニア・シャルドネの開祖。
現在アメリカ全土で100,000エーカー以上が栽培される、白葡萄の王様シャルドネ種。しかし後世にまで記憶されるであろう悪法の代名詞、「禁酒法」の施行された1940年代、その栽培面積は最小時で200エーカーにまで減少しました。例えばウェンテ一社が現在持つ畑の面積が3,000エーカーを越えますから、カリフォルニア全体で200エーカーとは、ほぼ絶滅に近い状態であったと言っても過言ではないでしょう。

この危機的状況を救った生産者こそが 『ウェンテ』 でした。衰退の道を辿っていた他ワイナリへシャルドネの苗木を分与し、以来今日までカリフォルニア・ワインの発展を根幹から支えてきたウェンテ。一時はカリフォルニアで栽培されるシャルドネのほぼ100%がウェンテからのクローンであった時代もあり、現在でも75〜80%が元を辿るとウェンテに行き着くと言われています。

偉大なる加州シャルドネの総本山。それがウェンテなのです。


■ ウェンテ・クローン(Wente Clone)とオールド・ウェンテ(Old Wente)
1953年、米国ワイン醸造研究の本丸であるカリフォルニア大学デイヴィス校(UCデイヴィス)に、詳細が解明されていないクローンの研究、収集、検疫、導入などを行うための機関、F.P.M.S.(Foundation Plant Materials Service)が設置されました。その名誉教授であり、発起人の一人が故ハロルド・オルモ(Harold Olmo)教授でした。彼は世界中からぶどう品種を収集・調査し、2006年に96歳の天寿をまっとうするまでそのルーツの解明に身を捧げた葡萄学の父とも言うべき人物です。教授の品種収集コレクションは世界最大級であり、その調査によりヴィニフェラ種の起源(現在のアフガニスタンとイランの国境の山岳部)を特定したり、またカリフォルニアに適した新品種を造り出す(セバスチャーニなどからリリースされている「シンフォニー種」もその一つ)など、カリフォルニア・ワイン産業の発展に多大なる貢献を果たしました。

今日シャルドネ種が米国のみならず、ニューワールドで最も重要な白品種となっている現状はオルモ教授の功績であるとまで言われており、氏は「カリナリー・インスティテュート・オブ・アメリカ」により設けられた【Vintners Hall of Fame】(ワイン業界の栄誉殿堂)の、記念すべき第一回目の受賞者として、モンダヴィ翁や伝説の醸造家アンドレ・チェリチェフ、チャールズ・クリュグ、グスタフ・ニーバムといった偉人らとともに選出されています。

そんなオルモ教授のシャルドネ研究の第一歩として、氏がウェンテ・クローンと呼ばれていた樹を採取した場所が、ナパの伝説的ワイナリー、ルイス・マルティニ(Louis M. Martini)でした。ルイス・マルティニが穂木を調達したのは同ナパのストニー・ヒル(Stony Hill)であり、ストニー・ヒルはオーナーのマックレア夫妻が1948年にウェンテ・ヴィンヤードから株分けされたシャルドネを植樹していたのでした。教授によりルイス・マティーニから採取され、後に優良選抜と加熱処理(ウィルスを除去するため)を施されたものは「F.P.M.S.Clone4」と名づけられて認証され、これが現在のウェンテ・クローンとなっています。そして認証を受けていないもの(例えばマックレア夫妻によりストニー・ヒルに植樹されたものなど)は、オールド・ウェンテと呼ばれています。

UCDより認定を受け、各地に広がったウェンテ・クローンに対し、オールド・ウェンテを高級高品質シャルドネ・プロデューサー達に広めた人物が「カーネロスの帝王」ことラリー・ハイド氏(右画像)。ストニー・ヒルのオールド・ウェンテはロング・ヴィンヤードに植樹されて優良選抜され、そしてラリー・ハイド氏によりハイド・ヴィンヤードに持ち込まれ、更に優良選抜が繰り返されて各プレミアム生産者の間に広がったとされています(こちらはHyde-Old Wenteとも呼ばれます)。

因みに大元のウェンテの畑に植わる葡萄樹は、【1】1912年にウェンテ自身がフランスに渡り、モンペリエ大学から持ち帰ったもの。【2】1882年にクレスタ・ブランカ・ワイナリーのチャールズ・ウェットモア氏がムルソーから持ち込み、リヴァモア一帯で栽培されていたもの(をGier Vyd.経由で)。【3】1940年代初期に、加州ワインの開祖であるポール・マッソンによりコルトン・シャルルマーニュのルイ・ラトゥールからカッティングされて持ち込まれたもの(を直接購入)などがメインとされています。

ウェンテ無くしてカリフォルニア・シャルドネ無し。キスラー、フラワーズ、コングスガード、ピーター・マイケルetc... 現在「シャルドネの大家」とされる造り手たちの作品も、テクニカル・シートを眺めればそこにはウェンテ・クローンやオールド・ウェンテの文字が刻まれています。

ところで、そんなカリフォルニア・シャルドネの源流、偉大なる開祖であるウェンテですが、では自身のシャルドネはどうなのか?ワイン生産者としての実力は如何ほどのものなのか。ありがちなケースとして、この手の「歴史的に重要な生産者」の本当に重要な部分が "過去の栄光" だけに限られる…というパターンがありますが、ウェンテはそこが違います。今日造られるワインの品質だけでも、見るべき価値があります。

流石は元祖…これが実においしい。ウェンテの良さは、進行形なのです。(後半へ)


▼ウェンテ・ヴィンヤーズ(Wente Vineyards)
1849年、カリフォルニアのゴールドラッシュ時代にフォーティナイナーズの一人としてドイツから移住してきたカール・ウェンテ。彼がナパ最初のワイナリーであるチャールズ・クリュグで修行を積んだ後、1883年にリヴァモア・ヴァレーに47エーカーの土地を購入して創業したワイナリーがウェンテです。禁酒法時代もミサ用のワインとして生産を許可され、設立以来五代に渡って130年間も愛され続け、「アメリカ最古の途切れることのない家族経営ワイナリー」と呼ばれています。アメリカでは禁酒法時代に数多の生産者が閉鎖に追い込まれて葡萄の樹を失いました。禁酒法撤廃後に復興を果たした造り手の多くは、ウェンテから苗木を譲り受けて葡萄栽培を再開したのです。

ウェンテはシャルドネのクローンで有名ですが、実は彼らが持つカベルネのクローンは 『シャトー・マルゴー』 に、ソーヴィニヨン・ブランは 『シャトー・ディケム』 の苗木に由来している事でもまた知られています。一方で「消費者にわかりやすく」との目的で、カベルネやシャルドネなどの所謂ヴァラエタル表記初めてラベルに施したのもここウェンテでした。気温が上がらない夜から明け方にかけて果実を収穫するナイト・ハーヴェストもウェンテが先駆けであり、色々な意味で、ここウェンテはカリフォルニア・ワインの礎となっています。ワイナリー内には各ワインが楽しめる米国トップ・ランクのレストラン、世界的なプロ・ゴルファーであるグレッグ・ノーマン氏が設計した畑に囲まれたゴルフコース、有名ミュージシャンにより毎年コンサートが行なわれる音楽ホール、更には結婚式場などまでもが建てられています。これは「ワインを越え、ワインのある生活・空間そのものまでをも提唱したい」と考えるから。設立は最古ですが、ワインに対する考えはどこよりも進んでいるのです。因みにウェンテ・エステートは【California Historical Landmark】(カリフォルニア州により「歴史的に重要」と判断された建築物や場所に与えられる認定)にも指定されています。





1,000円台カリ・シャルNo.1【お客様支持率第一位】
2012年3月、恵比寿ウェスティンにて開催された、米国ワイン主体としては国内最大規模の試飲会「カリフォルニア・グランド・テイスティング東京」。カリフォルニア系のほとんどのインポーターさんが揃い踏みするだけあり、とても全てを飲み切れぬほどの相当数のワインが出展されます。ですので私イナムラ@てんちょは毎回テーマを決めて参加させて頂いているのですが、今回のターゲットは「安旨シャルドネ」。その発掘を目的とし、対象となるワインを片っ端からテイスティングして参りました。

50種近くを試飲したでしょうか、うち優れたコストパフォーマンスを感じ、当店の推奨ワインとして扱いたい…と思わされたシャルドネは6種。これをピックアップして、後日さらに「Yanagiyaワイン道場」(>>詳細)にて一般のお客様方にブラインド試飲して頂き、三本に絞り込みました。奇しくも私の個人的No.1と、お客様からの支持率一位はピタリ一致。

それこそがウェンテでした。

嘗てウェンテは、当店にとってもヴァリュー・フォー・プライスの代名詞的存在であり、実は2007年までは取り扱いをしておりました。ところが当時インポーター移動が起き、それと同時にとある事情から壁が出来てしまい、販売継続ができなくなった結果、泣く泣く取り扱いを断念…という経緯がありました。しかし今回の試飲会結果を受け、やはりどうしても取り戻したい…と二ヶ月に渡る試行錯誤の末、その壁が取り払われ、ようやく2012年5月より五年ぶりに皆様に再びお届けすることができるようになりました。

シャルドネのみならず、各品種において名作の揃うウェンテですが、まずはやはり…のシャルドネからご案内させて頂きます。

ここはカリ・シャル総本山。ウェンテを知らずして米国産Chardonnayは語れません。


(▲ 一度は回ってみたい、ウェンテ内のゴルフ・コース。勿論ラウンド後はウェンテで乾杯…)

ウェンテシャルドネ"モーニングフォグ(エステートグロウン)"リヴァモアヴァレー[2019](正規品)WenteChardonnayMorningFog[白ワイン][アメリカ][カリフォルニア][セントラルコースト][特値][750ml]


ウェンテシャルドネ"モーニングフォグ(エステートグロウン)"リヴァモアヴァレー[2019](正規品)WenteChardonnayMorningFog[白ワイン][アメリカ][カリフォルニア][セントラルコースト][特値][750ml]


ウェンテシャルドネ"モーニングフォグ(エステートグロウン)"リヴァモアヴァレー[2019](正規品)WenteChardonnayMorningFog[白ワイン][アメリカ][カリフォルニア][セントラルコースト][特値][750ml]


ウェンテシャルドネ"モーニングフォグ(エステートグロウン)"リヴァモアヴァレー[2019](正規品)WenteChardonnayMorningFog[白ワイン][アメリカ][カリフォルニア][セントラルコースト][特値][750ml]


≪現地ではブレッド&バターより高額品≫
[21%OFF/DC90点] 
ウェンテ シャルドネ "モーニング フォグ(エステート グロウン)" リヴァモア ヴァレー [2019] (正規品) Wente Chardonnay Morning Fog [白ワイン][アメリカ][カリフォルニア][セントラルコースト][特値][750ml]

[世界十傑] 堂々選出


△ 有難う御座います。お陰様で楽天ワイン・ランキング三冠達成!
(※米国総合/加州総合/C.C. 各白部門一位:2015年3月10日(火)更新分)

※ '13年よりラベル・デザインが新しくなりました。
←上段が只今お届け中の新ヴァージョン、下段が旧デザインです。

【追記】 37ヶ国から658本のワインが出場出典された、世界最大規模のシャルドネ限定品評会、「シャルドネ・デュ・モンド」(→大会詳細)。同大会では金賞受賞ワインの中から、更に年間【TOP10】が選出されます。そして2020年度版シャルドネ・デュ・モンドにて、世界TOP10に選ばれたワインの一つが、ウェンテの’18年でした!

…ということで、’16年にはデキャンター92点という驚異の高評価もあってか、異例の早期完売となったウェンテのヴィンヤード・セレクション・シリーズの一つ、シャルドネの『モーニング・フォグ』。最新’19年も素晴らしい美味しさでした。



ここはカリ・シャル総本山。

「本当に嬉しいです。千円台でカリフォルニア・シャルドネを選ぶ際の「最上の選択肢」がここに帰ってきました。」として、2012年の’10年にて実に五年ぶりの復活を迎えたシャルドネがウェンテ。

2012年3月に恵比寿ウェスティンで開催された、カリフォルニア系としては国内最大規模の試飲会、「グランドテイスティング東京」にて、私イナムラ@てんちょが当日のベスト・ヴァリューに選ばせて頂いたワインも『モーニング・フォグ』でした。カリフォルニア・シャルドネの総本山ウェンテは、自らの作品も素晴らしかった…。


≪↓歴代の主な戦績↓≫


■2010年 日本で飲もう最高のワイン【プラチナ】
■2011年 International Wine Challenge【Commended】
■2012年 ステートフェア【Silver】/SFCコンペ【Silver】
■2013年 ワインエンシュージアスト誌【90点】
■2014年 サクラ・アワード【金賞】/SFCコンペ【Best of Class】
■2015年 ワインエンシュージアスト誌【Editor's Choice】
■2016年 サクラ・アワード【金賞】/デキャンター【92点】


この度のご案内は、復活10年目の’19年ヴィンテージとなります。

ヴィンテージが2019年になりました。【2021.4.2更新】

(※只今執筆中につき、以下に前作コメントを残します。) ’13年や’15年はエレガント系、’12年や’14年はコク系でしたが、直近’16年、’17年は、後者のリッチ系。中でもこの二年はシリーズで過去最も高い粘性とボディーを感じるほどに、旨味の密度が高く飲みごたえ十分なスタイルになっています。’15年と飲み比べられると、遥かに肉厚感が増しており、一目瞭然だと思います。

カリフォルニアでは’12年から’16年まで当り年が続いていますが、このシャルドネと、『ジョエル・ゴット』 のジンファンデルを飲む限り、「’17年も素晴らしい年なのでは…?」と思わされるほど良い出来です。

いかにも陽光を浴びて完熟した、洋梨やライチ、ココナッツなど白いトロピカル・フルーツの果肉感が舌にどっしりと乗ります。またはっきりした樽(オーク・ヴァニラ)の香味の主張はクリーミーで高級感にあふれています。

ただ、そこからがモーニング・フォグらしさであり、リヴァモア独特の爽やかな後味のせいで、序盤の印象に対して飲み終わりのイメージに嫌味がありません。

酸味も優しく柔らかで、むしろ控えめなくらいですから、これでしつこく感じないあたりが流石です。バターの風味やトーストやカシューナッツなどの多彩で密度たっぷりある旨味が飲み応えを演出し、(確かにミネラルの硬質感や、豊富な酸によるキレといったものはありませんが)大いなるリッチさで飲む者を価格以上に満足させる、極めて楽しみに溢れたシャルドネです。

モーニング・フォグという名の通り、朝霧に代表される独特かつ冷涼なリヴァモア・ヴァレーの海洋性気候は、全世界の中でも1%以下にしか当てはまらないというレア・クライメット。そんなユニークなリヴァモア・ヴァレーのシャルドネの顔とも言える、代表選手。全ての果実が自社畑産で、誉れ高き「エステート・グロウン」を名乗ります。ステンレスと木樽を半々ずつ使用(木樽は100%フレンチ・オーク)。

ワイナリー$18

因みにワイナリー$18ですので、@105円換算でもヤナギヤのほうが安い♪一般的に、本国$18のワインは、日本では3000円前後します。

例えばロドニー・ストロング($17で日本定価3,000円)。例えばサンミッシェル・インディアンウェールズ($17で3,330円)。例えばケンダルジャクソン・ヴィントナーズ・リザーヴ($17で2,800円)。例えばバレット・アンオークド($18で3,800円)。例えばフェデラリスト($18で3,980円)。本来はここらへんと同じ価格で売られるはずのシャルドネが税込み千円台なのですから、美味しいはずです。



そして何を隠そう、対抗馬となるブレッド&バターはワイナリー・プライス$15…そう、実は本国ではブレッド&バターより高いのです。

『ブレッド&バター』 がご予算オーバーな場合、代替品として頂いても申し分無い…というか、樽感の強さを除けば、あとのバランスは何ならブレッド&バター以上。それもそのはず、現地ではブレッド&バターより高級なシャルドネなのですから。

■3660本完売! 36本追加いたしました。
■デキャンター誌90ポイント
■スクリューキャプです。コルクはついておりません。


商品番号  83329 輸入元税込希望小売2,530円
価格1,990円 (税込) 送料別
送料880円
1〜4営業日にて出荷致します
残りあと19個です
個数 
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
この商品の配送方法
  • クール便
  • 店頭受取
  • 宅配便[特定送料]


【当ワイン2本で送料無料】ヘイズランチシャルドネカリフォルニア[2018](正規品)HayesRanchChardonnaybyWente[白ワイン][アメリカ][カリフォルニア][750ml]


【当ワイン2本で送料無料】ヘイズランチシャルドネカリフォルニア[2018](正規品)HayesRanchChardonnaybyWente[白ワイン][アメリカ][カリフォルニア][750ml]


≪ウェンテの弟分≫
【当ワイン2本で送料無料】ヘイズ ランチ シャルドネ カリフォルニア [2019] (正規品) Hayes Ranch Chardonnay by Wente [白ワイン][アメリカ][カリフォルニア][750ml]



サラサラ穏やか、淡麗系シャルドネ【Wenteの弟】
「このワイン2本を入れることで、同梱12本マデ送料無料」という特典が好評頂き、お陰様で累計販売本数2000本を突破した、ウェンテの弟分、『ヘイズ・ランチ』

※ '13年よりラベル・デザインが新しくなりました。
←上段が只今お届け中の新ヴァージョン、下段が旧デザインです。

シャルドネ名手ウェンテのセカンド格とあって、お味はさすが。それでいてもう15年近くも価格が変わっておらず、相対的にどんどんとお値打ち度が上がっています。


※ 通常便→あと10本(計12本)まで送料無料で同梱可能です。
※ クール便→あと8本(計10本)まで送料無料で同梱可能です。
※ 北海道・沖縄を除く
※ 送料修正はご注文 "後" に弊社で行います(オーダー時は自動加算)。


ヘイズ・ファミリーは元々この地の牧場主でしたが、ウェンテがその地所を用いて葡萄の栽培から醸造まで全てをマネジメントし、ヘイズ・ファミリーと協力して手ごろな価格のワインをリリースしています。ウェンテの技術と実力が発揮されながらもよりリーズナブルであることから、ウェンテのセカンド的ポジションを担い、親しみやすい弟分として認知され、人気を博しています。

若いトロピカルフルーツの適度に厚みのある美味しさに、シトラスやオレンジのおとなしい酸味が溶け込み、気易いストレートな旨味を訴えています。樽も丁度良く効いて心地よい香味、バターの風味、ナッティーのゴージャスさも。

フィニッシュのかすかなホロ苦味も後味を占めていて、ちゃんとミネラルも感じさせ、価格の割に締まりの良さも持ち合わせています。後味に余分な甘みを残しません。温かみのあるコスパに優れたシャルドネ…つまりは「上質なデイリー」です。

さすがはシャルドネ総本山…ウェンテ。この価格でも造りに「誤魔化し」がありません。


■2784本完売! 36本追加いたしました。
■当ワイン2本で送料無料![ →クール便ご利用時のルール ]
└北海道・沖縄県・クール代を除く
■スクリューキャップです。コルクはついていません。


商品番号  ■送 82000ss
価格1,782円 (税込) 送料別
送料880円
1〜4営業日にて出荷致します
残りあと11個です
個数 
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
この商品の配送方法
  • クール便
  • 店頭受取
  • 宅配便[特定送料]


ウェンテジンファンデル"ベイヤー・ランチ(エステート・グロウン)"リヴァモアヴァレー[2015](正規品)WenteBeyerRanch


ウェンテジンファンデル"ベイヤー・ランチ(エステート・グロウン)"リヴァモアヴァレー[2015](正規品)WenteBeyerRanch


≪現地ではボーグル・ファントムより高額≫
ウェンテ ジンファンデル "ベイヤー・ランチ(エステート・グロウン)" リヴァモアヴァレー [2015] (正規品) Wente Beyer Ranch

商品番号  80574
価格2,035円 (税込) 送料別
送料880円
1〜4営業日にて出荷致します
完売致しました。有難う御座いました!

お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
この商品の配送方法
  • クール便
  • 店頭受取
  • 宅配便[特定送料]
■264本完売! 24本追加いたしました。

五年目の覚醒?
いつの時代にも、どのワイナリーにも、「陽の目を見ないワイン」というものが存在し、ここウェンテで言えばそれはジンファンデルではないかと思うのです。日本ではシャルドネが圧倒的に有名ですし、実はカベルネはマルゴーの、ソーヴィニヨン・ブランとセミヨンはディケムの苗木に由来すると言われており、こちらも本国では人気を博しております。

ウェンテの公式ウェブ・サイトでは、各ワインにおける華々しい受賞暦を一覧で見ることができ、どのワインにおいても、数多のアワードがずらりと並んでいます。ところが……唯の一つも、銅メダルの受賞暦すら確認できないワインがあります。それがジンファンデル。

確かに私共としましても、7年前のウェンテ取り扱い復活より毎年このジンファンデルの試飲を行ってきたものの、採用に至ったヴィンテージは’13年までありませんでした。ただ全くのアウトというより、「もう少しココがこうだったら…」というあと一歩の落選が続いておりました。ですのでいつかは歯車が噛み合った「当たり」が出るのではと期待していたのですが、それがまさに現実のものとなったヴィンテージが前作’13年、そしてこの度ご案内の’15年…そう、どちらも傑出年ですね。

ベイヤー・ランチ(Beyer Ranch)

ウェンテのレギュラー・クラス、「エステート・グロウン・シリーズ」(シャルドネの 『モーニング・フォグ』 もここ)。このラインからのジンファンデルが、『ベイヤー・ランチ』 です。ランチ…と付いておりますが、この名称の畑からのシングル・ヴィンヤードというわけではなく、三箇所の異なる自社畑からのジンファンデルに、少量の補助品種をブレンドしたワインです。



’15年のブレンドはジンファンデル75%に、テンプラニーリョとプティ・シラーが6%ずつ、カベルネ・ソーヴィニヨン、グラシアーノ、トゥーリガが各3%ずつ、プティ・ヴェルドが2%と緻密に行われています。

発酵は個別にステンレス・タンクにて。熟成はニュートラルのフレンチ・オークとアメリカン・オークを併用。熟成は例年、この価格帯のワインとしては長期間と言える約20ヶ月ほど。そのため本国でもこの’15年が現行ヴィンテージです(2019.5現在)。受賞暦は…はい、一切ナシ(^^;)。でも、心配無用です。

ヴィンテージが2015年になりました。【2019.3.11更新】

スケール大きく濃潤な果実の旨味があり、溶け込んでいる甘みは強いものの、ピュアで奥に冷涼さも感じられるためキレが良く、そのためボリュームの割に飲み飽きしません。

カベルネやプティ・ヴェルドのブレンドからでしょうか?ジンファンデルの割にはかなりしっかりタンニンが存在感を放っていて、これが味わいや旨味の背骨としてダレを防いでいるのも見事なポイント。

酸味の置き所も申し分なく、ゴージャスかつ甘みの中に、このヴィンテージならではの熟成し始めた多彩な複雑味ある味わいが確認でき、まさにこれはヴァリュー・ジンの秀作…といえましょう。

伝わるでしょうか、この安さ…。

秀作…と申し上げましたが、この費用対効果の高さはある意味、「必然」と言えるのかもしれません。

というのも実は当ジンファンデルのワイナリ・プライスは$20。@110円換算で2,200円となりますので、現地で買うより当店のほうが安くなっていたりします。更に言えば、現地で2,200円のワインは、日本では2,200円では買えません。

一例を挙げますと、同年同額の$20ジンファンデルには、ビューラー(日本定価4,400円)、ターリー・ジュヴナイル(日本定価5,000円)らが。更に下を見て、$18にしたって 『ボーグル・ファントム』(日本定価3,850円)、『クライン・アンシエント・ヴァイン』(日本定価3,000円)らが代表格。前者の同額、そして後者よりも高額なジンファンデルがこの価格なのです。二割引でのご紹介ですが、本来ならば半額セール…としたっておかしくない値付けなのです。

ボーグル・ファントムが1850円…と聞けば、「激安!」とバンザイですよね。でも本国ベースでいえば、ファントムより高額なワインがこの価格になっているのですから(念のため申し上げれば、他が高いんじゃありません、ウェンテが安すぎるのです)

普段は日陰者のウェンテ・ジン。しかし’15年に関してだけ申し上げれば、グレート・ヴァリュー! です(^^




買い物かごに追加できませんでした

入力内容をご確認ください。

OK

ショップへ相談
 お気に入りページに追加



▼配送料金
・送料について→ [ 詳細 ]
 (クール便は10本1梱包)
送料無料ワイン多数ご用意しております。

▼配送日時
・着日のご指定が無き場合は、可能な限りの最短着日にてお届けします。どんなに遅くとも4営業日以内には必ず発送いたします。

・着日をご指定頂く場合は、ご注文日より4営業日以降〜2週間以内にてお願い致します。

・翌日配送など、お急ぎの場合はご注文前にお電話・メールなどでご相談ください。

▼エコ配送にご協力下さい
・当店では省資源化のため、梱包材および緩衝材にワイナリ・輸入元からのダンボールなどをリサイクル使用しております。ギフトでのご利用の場合は→こちらより化粧箱をご利用下さいませ。

・省資源化のため、ワイン解説書や広告などの印刷物は、納品書を除き一切お入れしておりません。また一部例外(※)を除き、ワインへのパッキン巻きを行っておりません。エコ配送にご協力頂ければ幸いです。

※例外的にパッキン巻きを行う場合
a.)1本でのご注文の場合
b.)ご贈答用の場合
c.)出荷時に既にパッキンが巻かれていた場合
d.)お客様よりご指示があった場合

→配送について詳しくはこちら


▼クレジットカード

・上記のクレジットカードがご利用可能です。
・お支払い回数は1回・リボ払いとなります。
・SSL暗号化通信にてカード情報は保護されます。

・オンライン認証のため、当店からご利用控えの発行は行っておりません。カード会社様からのご利用明細書をご覧ください。

▼代金引換
・お支払いは現金のみです。
・代引き手数料が別途かかります。

→お支払いについて詳しくはこちら


▼お酒は20歳になってから
・未成年者への酒類販売は固くお断りします。

▼プライバシー保護
・当店ではお客様よりお預かりしました個人情報を、当店以外の第三者に譲渡・公開する事は一切ございません(警察・裁判所など公的機関からの提出要請があった場合は除きます)。どうぞご安心してご利用下さい。

▼カード・セキュリティ
・当店でのクレジットカードご購入情報は高度な暗号化通信により保護されております。安心してショッピングをお楽しみ下さいませ。

→SSL暗号化通信について詳しくはこちら


・柳屋(Esprit du Vin YANAGIYA)は東京・神田にある1936年創業のお酒屋さんです。1994年にワイン専門店に転換、2000年にネット通販を開始、2004年に楽天市場に出店させて頂きました。現在楽天には1,000店以上の沢山のワイン・ショップが御座いますが、弊社はお蔭様で…

▼【加州優良店】2年連続受賞(3店のみ)


▼ランキング【米5部門同時1位】


▼バイヤー選手権【全国5位】(単品部門)


上記各賞を受賞させて頂きました。心より御礼申し上げます。誠に有難う御座いました!

→ヤナギヤについて詳しくはこちら