ヘルプ / 不適切な商品を報告

現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは


TOPページお支払いと送料店舗紹介メルマガ登録バスケット送料無料のウラワザ  


RP100点!!

伏兵の…「白」

快挙…AG98点!

この99点はマズい…

濃ゆ旨ZIN発見

スパークリング一覧

遂に1200本突破!

昨年度のMVP

半額バローロ!

大会地区最優秀作

熟成×52%OFF!!

5000円以下ナパ



メルマガ登録
書籍:ワイン一年生
半額以下ワインも!
新型モデル登場
送料無料のウラワザ

キーワード





●赤ワイン全種
│ [US] [NZ] [SA]
●カベルネソービニヨン
│ [US] [SA] [OT]
●ピノ・ノワール
│ [US] [NZ] [SA]
●メルロー
│ [US] [SA] [OT]
●シラー/シラーズ
│ [US] [SA] [OT]
●ジンファンデル
●プティ・シラー
●その他の赤
│ [US] [NZ] [OT]

○白ワイン全種
│ [US] [NZ] [SA]
○シャルドネ
│ [US] [SA] [OT]
○ソーヴィニヨンブラン
│ [US] [NZ] [SA]
○リースリング
│ [US] [NZ] [SA]
○シュナン・ブラン
○その他の白
│ [US] [NZ] [OT]

★スパークリング
◆デザート/ロゼ
▼ポート

※各品種下段の【カッコ】をクリックで、さらに国別で絞り込めます。
…【US】→アメリカ
…【NZ】→ニュージーランド
…【SA】→南アフリカ
…【OT】→その他の国





茜屋珈琲店のぐれいぷじゅうす
同梱12本までOK!
eロバート・パーカー掲示許可







【姉妹企画】>> [お宝Pinot特集] [希少Cabernet特集] [極希少Cabernet特集] [マニアックZin特集] [激レアSyrah特集] [垂涎Chardonnay特集] [プレミアムS.B.特集] [ユニークRose特集]



セリタスピノノワール"ヘレンタルオールドショップブロック"ソノマコースト/"トラウトガルチヴィンヤード"サンタクルーズマウンテンズ[2017]CeritasPinotNoirHellenthalOldShopBlock/TroutGulch[赤ワイン][アメリカ][カリフォルニア][750ml]


セリタスピノノワール"ヘレンタルオールドショップブロック"ソノマコースト/"トラウトガルチヴィンヤード"サンタクルーズマウンテンズ[2017]CeritasPinotNoirHellenthalOldShopBlock/TroutGulch[赤ワイン][アメリカ][カリフォルニア][750ml]


セリタスピノノワール"ヘレンタルオールドショップブロック"ソノマコースト/"トラウトガルチヴィンヤード"サンタクルーズマウンテンズ[2017]CeritasPinotNoirHellenthalOldShopBlock/TroutGulch[赤ワイン][アメリカ][カリフォルニア][750ml]


≪VINOUS誌米国産同地区ピノ年間1&2位≫
[AG97点] 
セリタス ピノ ノワール "ヘレンタル オールド ショップ ブロック" ソノマ コースト/"トラウト ガルチ ヴィンヤード" サンタ クルーズ マウンテンズ [2017] Ceritas Pinot Noir Hellenthal Old Shop Block/Trout Gulch [赤ワイン][アメリカ][カリフォルニア][ソノマ][750ml]

[弊社] 初登場
■選ばれし土地と人が交わる現代版ブティック系カルト
の最前線。伝統的作法用いるミニマリストの新旗手から

【Ceritas Wines Pinot Noir 2017】

《 異次元のピノ 》




弊社初登場は、いきなり最上のツイン・キュヴェから。
マーカッサン、オベール、PM、ロキオリ、モレ…米国産ピノの頂上グループを形成するメンバー達ですが、いま本国のコアなエンスー達が、それら以上に追い求めるナチュール系最高峰の対象銘柄があると聞きます。それが『セリタス』

● A・ガローニ…「'17年度地区年間No.1&No.2」(97点)
● デキャンター…「ブルゴーニュ外世界最高の一つ」
● アドヴォケイト…「雑然としているのに美しい」
● ピノ・ファイル…「抗い難いピノ・ノワール」
● 採用実績…「フレンチ・ランドリー」他多数
● カーソン・デモンド…「ブラインドで専門家に注ぐと、コート・ド・ボーヌのどこのワインであるかの議論になる。」

(※元ソムリエ/元ワイン&スピリッツ誌アソシエイト・エディター兼テイスティング・ディレクター/現フリーライター)

愛好家、評論家、ソムリエ、マスター・オブ・ワイン、トップ・レストラン、果ては同業者に至るまで…。業界全体を巻き込み、今最も支持され、そして求められるワインとして、Wine.comやK&L Winesといった米国代表的ショップにも一切在庫が見当たらない現代の幻。

中でもこの度ご案内の二種は、どちらも確定【AG97点】。それぞれヴィノスの同年SCMピノの年間No.1と、ソノマ・ピノの年間No.2(1位はコブのダイアン・コブ)に輝いた、最上のツイン・キュヴェです。

かつてソノマとメンドシーノ(Rivers-Marie)、SCMとメンドシーノ(Rhys)の二刀流はありましたが、SCMとソノマの双方でこのレベルのピノを両立した造り手は初でしょうか?

セリタスにおいては、ここへ更に同グレードのアンダーソンヴァレー産ピノ、更にはリッジにも匹敵するSCM産「カベルネ」までもが加わるというのですから、まさに異次元の存在…。


▼セリタス(Ceritas Wines)
スペイン語で「ミネラル分の表現」(sara-toss)を意味する『セリタス』は、ジョン・レイテック(John Raytek)とその奥様フィービー・レイテック(Phoebe Raytek)により2005年に設立されたワイナリーです。ジョンがセラー・ワークを、そしてフィービーが畑を管理します。

自らを「オールド・ワールド・ヴィニュロン」と称するジョンは、およそ十年間をソムリエとして過ごした後、ニュージーランドに渡ってワインメイキングを学びます。帰国後はインターンとして『フラワーズ』で働き、その後『コパン』のアシスタント・ワインメーカーを勤め、そして『リーズ』のオープニング・メンバーに加わることとなります。

一方、妻のフィービー・レイテックの旧姓は、フィービー・バス。そう、彼女の両親とは、80年代からのソノマの名園であり、この地のオーガニック&バイオダイナミクスの先駆者である『ポーター・バス・ヴィンヤード』の創設者、スー&ディルク・バス。セリタスの畑における慣行、極力手を加えない作法は両親譲りのもの。

こんな二人の手から生み出されてたセリタスは、「セリタスほどブルゴーニュの偉大な魅力を手に入れたカリフォルニアの造り手は他に無い」(Rare Wine co.)とまで評され、IPOBでは初期から解散までメンバーであり続けていました。

セリタスでは年間7種ほどのピノ手掛けています。この度のご案内は、中でも地区最高傑作と誉高き、ソノマ版へレンタルとSCM版トラウト・ガルチ。どちらもセリタス史上最高評価獲得作です。

ヘレンタル・オールド・ショップ・ブロック

トゥルー・ソノマ・コーストの最重要AVA、フォート・ロス・シーヴュ地区(→詳細)。この地のパイオニアといえば、ヘレンタルとハーシュ。

1970年代後半、ソノマ沿岸は北部の畑を共に探索した人物が、双方の創設者であるガード・へレンタルとデヴィッド・ハーシュでした。ハーシュはフォート・ロスの西側に、そしてヘレンタルはそのすぐ北東の土地をそれぞれ取得。植樹を行いました。

標高1000フィートを超える冷涼な気候でありながら、フォグ・ラインよりも上にあるため、霧が陽光を遮ることなく十分な熟しを可能とします。『W.H.スミス』を筆頭に、数々のブティック・ワイナリーがその果実を欲し、買い求めました。

そんなヘレンタルにて、最初の植樹が行われた区画こそが、ヘレンタル・オールド・ショップ。そしてこの区画使用を許されているのは、セリタスただ一つ。彼らの単独専有です。

VINOUS(2019.5)より 【AG97点

「The 2017 Pinot Noir Hellenthal Vineyard Old Shop Block, from Calera clones on what is believed to be oldest own-rooted vineyard on the far Sonoma Coast, stands out for its poise and vertical structure. It's all there. Fruit, structure, aromatic intensity and so much more. There is something quite regal about the Hellenthal. It is at once statuesque and also quite reserved, like a great Richebourg, and I say that feeling that analogies with Burgundy often a disservice to the inherent greatness of the best California wines, yet the analogy seems apt. The Hellenthal is not the most obvious wine in this range, but it may very well have the most latent potential. I loved it.」

トラウト・ガルチ

1987年始動のトラウト・ガルチは、2012年に88歳でこの世を去った、ベルナルド・タージオン(Bernard Turgeon)によりSCMは海辺近くに立ち上げられた畑です。

皆様は、モントレーの人気生産者、『J・ロアー』をご存知でしょうか?J・ロアーにはかつて共同経営者がおり、名称もまた『タージオン&ロアー』と名乗っていました。そのタージオンこそがベルナルドのこと。J・ロアーがモントレーに所有する280エーカーの畑は、ベルナルド・タージオンとジェリー・ロアーが手を組んで開墾した畑なのです。

独立に際して彼が選んだ場所は、同じ湾に添うエリアの中でも、モントレーではなく、サンタ・クルーズ・マウンテンズでした。

現在は息子のジェラルド・タージオンがあとを継いでおり、『セリタス』『クッチ』『アルノー・ロバーツ』『アルファーロ』といった今をときめくニュー・カリフォルニアの新鋭スターたちがこぞって果実を買い求める人気葡萄園となりました。

VINOUS(2019.5)より 【AG97点

「The 2017 Pinot Noir Trout Gulch Vineyard is another powerful wine in this range. The typical energy and tension of this Santa Cruz Mountains site are very much in evidence, but I am also impressed by the sheer intensity, inner perfume and richness of the fruit. Brisk saline and mineral-infused notes give the 2017 its striking persistence. Although it is embryonic, the Trout Gulch is simply exceptional.」

セリタスが行っているのは透明性の探求。完璧主義の畑仕事とミニマリストのワイン造りを通して、土地の魅力をできる限りそのまま表現し、飲み手をまるでその場に連れて行くような作品を生み出しています。それを求める造り手は昨今では特に珍しくありませんが、もしこの道にゴールがあるなら、今そこに最も近いのはセリタスかもしれません。

一度は体験頂きたい造り手ですが、中でもこのオールド・ショップとトラウト・ガルチは格別に上質かつ希少です。

■ヴィノス(VINOUS)97ポイント
└同誌同年産ピノ年間NO.2(ソノマ2位/SCM1位)


価格19,800円 (税込) 送料別
送料880円
1〜4営業日にて出荷致します▼ 下記リストからご希望の商品をお選びください。
≪アイテム(品名)≫
●[AG97点] ヘレンタル Old Shop●[AG97点] トラウト・ガルチ
32
・数字=在庫本数です。
個数 
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
この商品の配送方法
  • クール便
  • 店頭受取
  • 宅配便[特定送料]


ミンディゴリッジピノノワール"エステート"サンタクルーズマウンテンズ[2016](正規品)MindegoRidgePinotNoirEstate[赤ワイン][アメリカ][カリフォルニア][サンタクルーズマウンテン][750ml]


≪リース、マウント・エデンと並ぶSCMの新TOP3≫
[JD95点/RP94点/WE94点] 
ミンディゴ リッジ ピノ ノワール "エステート" サンタ クルーズ マウンテンズ [2016] (正規品) Mindego Ridge Pinot Noir Estate [赤ワイン][アメリカ][カリフォルニア][サンタクルーズマウンテン][750ml]

[担うか] 新・御三家
■エレン・ジョーダンがサンタ・クルーズMT進出!?
これは凄い…未体験の、ある意味ブッ飛んだピノ…。

【Mindego Ridge Pinot Noir "Estate" SCM 2016】

■ 本 邦 初 公 開 ■



鳥肌…エレン・ジョーダンがSCMピノ造り!?
山と谷とが生む日照&標高差、更に土壌や海からの影響などで個性的な微気候を持ち、複雑で豊かな風味の名作を数多く輩出してきたサンタ・クルーズ・マウンテンズAVA(以下SCM)。

ガローニが「カリフォルニアで最も過小評価されているAVA」と語る魅惑のエリアですが、当店では嘗て、この地の代表作として 『マウント・エデン』『ヴァーナー』『リース』"SCMの三大ピノ" だと申し上げました。

しかしヴァーナーがヴィンヤード・オーナー(ニーリー)との契約更新に躓き、SCMから撤退したことでここから脱落。現在その席が一つ空いた状況に。そして近年、その座に付かんとする新たなプロジェクトが始動し、そして日本にも待望の正規輸出がスタートしました。

それが、『ミンディゴ・リッジ』

単なる新鋭ではありません。手掛けるは、フェイラのエレン・ジョーダン(!)。IPOB最重要人物の一人として業界内でもカリスマ的存在感を放つエレンが、なんとSCMに進出です!



果たして「新御三家」として一角を担う存在となるか…既にアドヴォケイト誌ではそれに相応しい評価を得ており、同年エデンをも上回る…どころか、日本ではおよそ2〜3倍の価格で流通する 『リース』 に肉薄。ダナック、エンシュージアスト、ガローニも称賛。

確かに現地では 『アルファーロ』『トマス・フォガティ』 といったほか有力候補もありますが、どちらのピノも日本未輸入。少なくとも国内では「SCMのTOP3ピノ」と申し上げて差し支えない内容です。

ただ、飲んで驚かされたのは、クオリティ以上にむしろそのスタイルかもしれません…(後半へ続く)。


▼ミンディゴ・リッジ(Mindego Ridge)
わずか10エーカーばかりの自社畑によるエステート・プロジェクト、『ミンディゴ・リッジ』。オーナーはデイビッド&ステイシー・ゴルニックの夫妻で、’13年がファースト・ヴィンテージという新たなワイナリーです。

所在はリッジ、エデン、リースよりも更に西、より海に近い、太平洋から8マイルほどの南向き斜面。畑は10エーカーほどですが、675から935フィートと標高差が80メートル近くもあります。エレン・ジョーダンはSCMでのワイン造りなど考えていなかったのでしょうが、ある年の夏にこのミンディゴ・リッジの畑を訪れ、すぐに興味を持ったといいます。

’13年の処女作で【RP93点】の衝撃デビュー。「注目しておくべき新エステート」と評されます。翌年’14年にはなんと【AG95点】を獲得し、ガローニをして「発見できた読者は(購入を)ためらうな」とまで言わしめました。

ミンディゴ・リッジでは複数キュヴェを作成していますが、日本に正規輸入されているピノは一種類…今作「エステート」のみです。

エステート・ピノ(Estate Pinot Noir)

100%完全自社畑産によるシングルヴィンヤード・エステート・ピノ。こちらが所謂スタンダード版となりますが、マウント・エデンで言えば 『エステート・ピノ』 にあたるわけで、「看板キュヴェ」と申し上げたほうがよろしいかもしれません。

手摘み収穫、手作業による選果・パンチングダウン、天然酵母の使用、無濾過、無清澄と、エレン・ジョーダンが人的介入を最小限に抑えたワイン造りを行っており、除梗は60%に、新樽使用は25%に、樽熟期間は11ヶ月に留め、「SCMで最もエキサイティング」とされるピノ・ノワールに仕立て上げています。

年産は≪640ケース≫

Wine Advocate (2018.6)より 【RP94点

「A lovely wine, the 2016 Pinot Noir from Mindego Ridge reveals a pure bouquet of black raspberries, plums, cherries and dried flowers. On the palate, it's medium to full-bodied, layered and supple, with an ample core of fruit, velvety tannins and a flavorful finish. This will be a delight to follow for the better part of a decade.」

試飲しました。【2020.2.23】

ちょっと吃驚しました…これまでのSCM産ピノ・ノワールで体験したことの無いスタイルです。

ミニマリスト的流儀での仕込み、SCM高標高というテロワール、そしてエレン・ジョーダンのメイキング…それらファクターから、エレガント系、或いはナチュラル系のピュアなピノを想像していましたが、開けたてはまさに正反対。

これがSCM産ピノ!?と驚く、まるでシラーが混醸されているかのようなブラッディーな色合い(勿論ピノ100%です)。香味なども同様で、大地やミネラルを感じさせつつ、濃密で、強く、大きな果実味を抱えています。

タンニンも豊富(ただしまろみあり)で、繊細さよりもしっかりした骨格と肉つきのある男性的なコシの強い味わい構成。

ダークベリー、カシス、ブラックオリーブ、マッシュルーム、甘草、セージなどを伴う複雑性にあふれ、また粘りすらあり、飲み終わりの最後までエレガントさやピノの官能ささえも見せません。つまり濃いピノとも違うのです。まさに「何だこれは…」状態。

ここまでならスルーしたかもしれません。

しかし開封から三日目、相変わらず大きく密度溢れる濃厚な中から、えも言われぬ "色香" を放ち、背筋をぞくっ…とさせるピノの旨味を感じるようになりました。

更に言えば、濃密な強さの中にピュアな透明感もが見えるようになり、パワー・バランスが一転。恐らく熟成により更なる展開が待っているものと思われます。これは凄いピノですね…。エレン、貴方はまたとんでもないピノを生み出したものです。

ガローニが、「その他のSCMピノとは異なり、リッチで、ドラマティックで、フルボディ/SCMの典型よりも果実味を全面に押し出した、彫りの深いジューシー・スタイル」と言うのがよく分かるピノです。

早飲みも可能で熟成の価値もあり、また同時にこのピノは、SCMにおける、外交的で陽性サイドのピノ・メイキングの可能性というものをもまでをも打ち出したボトルです。皆様の知識と経験をまた一つ広く、深くさせるピノ・ノワールだと思います。

どうお伝えするか悩みますが、なんと申しますか、評価や価格以上に「体験価値」が詰まったピノ・ノワールだと思います。

■42本完売! 12本追加いたしました。
■ジェブ・ダナック95ポイント
■パーカー監修アドヴォケイト誌94ポイント
■ワインエンシュージアスト誌94ポイント [ Cellar Selection ]


商品番号  82783
価格7,990円 (税込) 送料別
送料880円
1〜4営業日にて出荷致します
残りあと2個です
個数 
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
この商品の配送方法
  • クール便
  • 店頭受取
  • 宅配便[特定送料]


コブピノノワール"エマリーヌアンヴィンヤード"ソノマコースト[2017](正規品)CobbPinotNoirEmmalineAnn[赤ワイン][アメリカ][カリフォルニア][ソノマ][750ml]


コブピノノワール"エマリーヌアンヴィンヤード"ソノマコースト[2017](正規品)CobbPinotNoirEmmalineAnn[赤ワイン][アメリカ][カリフォルニア][ソノマ][750ml]


≪同銘柄歴代1位≫
[AG96点] 
コブ ピノ ノワール "エマライン アン ヴィンヤード" ソノマ コースト [2017] (正規品) Cobb Pinot Noir Emmaline Ann [赤ワイン][アメリカ][カリフォルニア][ソノマ][750ml]

[幻のシングル]正規上陸
■コブの本丸、門外不出の最上級シングル、遂に解禁!
【Cobb Pinot Noir "Emmaline Ann" Sonoma Coast 2017】

「ルーロのフィネスとラルロの透明感」〜Wine Report:山本氏



「何たるワインだ!」by ガローニ

「大柄で、コクがあり、爆発的な2017年のEmmaline-Annは、途方も無い深みと陰影を有している。垂直方向(酸?)のエネルギー、彫刻のような美しさが特徴。何たるワインか!」
 (〜Antonio Galloni/VINOUS 2020.4)

遂に正規上陸!幻のシングル!
2020年8月、正規インポーターより今期分のコブ新着リストが到着致しました。その中に遂にこの名が…『エマライン・アン』!以前、並行品の’12年を本邦初公開としてご紹介(即完)させて頂きましたが、遂にこの’17年より正規輸入が開幕致しました!

コブは「ブルゴーニュにしかエレガントなピノは造れない…との盲信は誤りだ。」との批評を、どこよりもブルゴーニュを愛し、そしてどこよりもニューワールドに厳しいデキャンター誌からもぎ取った張本人。

エマライン・アンとは、そんなロス・コブが「最もお気に入りとするワインの一つ」と公言し、ヴィノス上にてガローニが「何たるワインだ!」と叫び、W&S誌にて【Pinot Noir Year's Best】に選出された、コブ最高峰のシングルです。


▼コブ (Cobb Wines)
2001年に設立された、ピノのファミリー・ブティック、『コブ』。元は海洋生物学者、環境科学者であった父デイヴィッド・コブが1988年に湾を見下ろすオクシデンタルの丘に畑を購入し、翌年に5エーカーほどのピノを植えたことが始まりであり、それこそが『コーストランズ・ヴィンヤード』

コーストランズの果実は、最初の五年は『ウィリアムズ・セリエム』が購入。そしてこの五年間にサンタクルーズ大学でみっちり学んだ人物が息子のロスでした。卒業後は『フェラーリ・カラーノ』に入社。ルーキーとはいえ単なる一雇用者に留まらず、彼は畑の重要性を説き、土壌ラボやリサーチ・チームを立ち上げるなど重要なポジションを担いました。

同時にこの頃からコーストランズの果実を用いて非公式のノン・コマーシャルピノを毎年テスト生産し始め、またバート・ウィリアムズの元では、自らのコーストランズの果実がどのようなワインに仕上げられているのかを試飲させてもらっていたそうで、両者の味わいやメーキングの違いを確かめるうち、自らが理想として思い描く原型イメージを掴むことに成功したようです。

その後の10年間は技術の向上に没頭しました。『ボニー・ドゥーン』ではランドール・グラハムに師事し、セリエムではボブ・カブラルに弟子入りし、単に果実を供給するのみならず、栽培家とエノロジストの両立場にてチームに加わります。

そして2000年、アシスタント・ワインメーカーとしてフラワーズへ入社。2004年にはヒュー・シャペレーから醸造責任者のバトンをタッチされ、直後フラワーズは【全米ピノ・ノワール・オブ・ザ・イヤー】を受賞。フラワーズ退任後は『ハーシュ』の醸造家となり、ロスへの信頼は揺ぎ無いものとなりました。

2001年、親子は130ケースばかりのコーストランズ産単一畑を元に満を持して公式デビューを飾り、これが記念すべきコブの1st.ヴィンテージとなりました。2008年ヴィンテージのリリース時点で、「The French Laundry」を筆頭に、全米120余りの高級レストランで採用。ロスの優美でかつ奥深いピノは、世界の美食家達を(時に料理以上に)唸らせていることでしょう。

コブのワインはいずれも少量生産ですが、中でも特に入手難のレア・シングルこそが『エマライン・アン』。長年の輸入実績を経て、今回ようやく、ようやく解禁となりました。

’06年、’09年にて【DC95点】受賞。’14年には【W&S95点】を獲得して【Pinot Noir Year's Best】選出。その際には、「Astonishing(驚嘆に値する)Pinot/五感に溶け込むようだ」と絶賛されました。

そしてこの’17年はヴィノス史上同銘柄最高の【AG96点】を受賞。ガローニをして「何たるワインだ!」と言わしめました。コブの最高峰であると同時に、ソノマ・ピノの頂上グループでもあります。

エマライン・アン(Emmaline Ann)

コブの初リリースは’01年ですが、話題となったのは’06年あたりから。そして何を隠そう、ロスを2006年に新境地へと導いた畑こそがエマリン・アンでした。この年のエマライン・アンからのピノは、極めて収量が少なくなり、糖度も低く、アルコール度数は12.8%までしか上がりませんでした。

当時といえば、まだ度数も高く、濃厚なピノが持て囃されていた時代。彼はこの偶然完成した’06年のエマラインこそが、自らが独創的なカリ・ピノを完成させたという自負となり、そして進むべき道を照らす光となったそうです。

畑としてのエマライン・アンは、ソノマ・コーストはオクシデンタルの街の近くにある、3エーカーほどの南西向きの畑。左画像のように、年中霧がかかり、また日陰になることも多く、コブの契約する畑の中でも最も冷涼だそうです。故に栽培は繊細さを求められて難しい反面、極めて個性的な果実を育みます。

ゴールドリッジ土壌を持ち、ロスが「小さな宝石」と呼ぶこの畑からは、例年コブの中でも最もデリケートで深みあるピノを生みます。しかしガローニによれば、’17年はボールドで、リッチで、爆発的な仕上がりとなったそうで、「このヴィンテージのきら星」とまで述べています。

VINOUS (2020.4)より 【AG96点

「The 2017 Pinot Noir Emmaline-Ann Vineyard is another stellar wine in this range. Bold, rich and explosive, the 2017 possesses tremendous depth and nuance. Black cherry, plum, menthol, licorice and sage infuse the 2017 with tons of character. The 2017 is marked by a real sense of vertical energy and statuesque beauty. The 50% whole clusters are not especially evident. What a wine!」

ピュアで、ラベンダー、バラや針葉樹の生き生きとした香りが感じられ、熟した赤いチェリー、クランベリーが味わいの中心。森林を歩くかのような漂い、干したきのこの香りがこのヴィンテージの背景に感じられ、精緻なEmmaline Annにゴージャスさもが加わったヴィンテージとなりました。

余談ですが、ワイン・ジャーナリスト山本氏の「WINEREPORT」にて、「冷涼ソノマ・コーストの王者コブ・ワインズ、ルーロのフィネスとド・ラルロの透明感」との有料記事が先日の8月23日にアップされています。当エマラインも掲載されておりますので、ぜひご一読下さいませ。

年産は≪225ケース≫のみ。

並行品時代は、15,000円弱でした…この価格は、正規上陸の恩恵。遂に来ました、コブの本丸、大将格の大本命ピノ!

■ヴィノス(VINOUS)96ポイント(同銘柄歴代1位)
■パーカー監修アドヴォケイト誌94ポイント(同銘柄歴代1位)


商品番号  81088
価格12,500円 (税込) 送料別
送料880円
1〜4営業日にて出荷致します
残りあと1個です
個数 
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
この商品の配送方法
  • クール便
  • 店頭受取
  • 宅配便[特定送料]


フイアピノノワールマールボロ[2016](正規品)HuiaPinotNoir[赤ワイン][ニュージーランド][マールボロ][750ml]


≪同年クラウディ・ベイをも凌ぐ隠れた実力派≫
[21%OFF/AG91点] 
フイア (フーヤ) ピノ ノワール マールボロ [2016] (正規品) Huia Pinot Noir [赤ワイン][ニュージーランド][マールボロ][特値][750ml]

[価格帯] 最・上・級
■羊が歩き、蜜蜂が飛び、花々が咲く自然で育まれる、
手造りのオーガニック・ピノは絶品でした…輸入復活!

【Huia Pinot Noir Marlborough 2016】

* 21%OFFセール *



12年ぶりの再会は、感嘆のピノで。
今年(2020年)、ほとんど新作をご案内できなかったカテゴリーがNZピノ。試飲は重ねていたのですが、なかなかコレ!というものに出会うことができず、気づけば12月。しかし最後の最後に感激のマールボロ・ピノとマッチングできました。それがこちらの『フイア』

「おっ…懐かしい!」と思われた方はかなりの通。

NZ自然派の名門フイアは、設立直後から日本にも輸入されていたものの、途中でそれが打ち切られ、およそ十年ほど正規輸入がストップしていました。時代が追いついたのか、2020年に待望の輸入復活。当店としてもご案内は12年ぶりとなります。

シャンパーニュの流儀×ナチュラルメイキング

フイアは『テタンジェ』で経験を積んだ妻クレア、『ヴーヴ・クリコ』で修行を重ねた夫マイクのアラン夫妻が、共にシャンパーニュのトップ・メゾンで培った技術をマールボロに落とし込んで手掛ける、ハンドクラフトによるオーガニック・ピノです。

フイアは自然派が多いニュージーランドの中でも、マールボロのリーダー的存在。

MANAというマールボロの有機栽培農家による団体を十年も前から立ち上げており、早い段階でオーガニック認証も受けています。

個人的にオーガニック、ナチュラル系ワインは得意ではないのですが、フイアのピノには自然派の負の面を一切感じませんでした。

透明感や繊細さという良い面ばかりが抽出され、そこに加えてオーガニックをただ謳うだけのワインでは絶対に見られない「ピノの妖艶さ」をも備えた見事な傑作でした。



お試し頂きたく、3,800円→2,980円の【20%OFF】のスペシャル・プライスをご用意。

税別とはいえ2000円台突入にて、NZ内で言えば文句なしの価格帯年間ベスト、南アやカリフォルニアを含めても2000円台の本年五指に入るピノです。


▼フイア(Huia)
フランスはシャンパーニュ、『テタンジェ』で経験を積んだ妻クレア、『ヴーヴ・クリコ』で修行を重ねた夫マイクのアラン夫妻により1990年に設立された『フイア』。1997年がファースト・ヴィンテージです。

設立から初リリースまでの、7年もの間に何をしていたかといえば、畑の整備。オーガニック認証を取得した彼らの自社畑には、動物が放牧され、花や木が生き生きと育ち、蜜蜂が飛び回ります。醸造中に出た葡萄の皮などは堆肥化されて畑に戻し、サステナブルな農法を実践。有機栽培のワイナリーで構成されるMANAも立ち上げる、マールボロ自然派のリーダー的存在です。

因みに夫妻はシャンパーニュだけではなくNZでも素晴らしい実績を持ちます。妻クレアは過去、NZ最古参の『コーバンズ』にも在籍。また実力派として人気を博す造り手に『ローソンズ・ドライヒルズ』がありますが、その初代醸造長こそが彼女だったりもします。一方マイクはかの『クラウディ・ベイ』 『ヴァヴァサワ』といった超大手でも活躍しました。

フイアとはホオダレムクドリ科の鳥の一種で、ニュージーランド固有の絶滅の危機にある希少種。公式記録として最後に発見されたのは1907年。実に100年間も目撃されておらず、非公式ではありますが、40年前に泣き声が聞かれたのが最後だそうです。

ゆったりとしたリリースもここの特徴で、早くも白では’20年産ワインも出始めたニュージー・ワインにあって、’16年が現行年号。若すぎるピノでは味わえない落ち着きや熟成感が、この価格で楽しめます。




アドヴォケイト誌の2020年4月号で掲載された最新掲載ピノも’15年。受賞した【RP92点】とは、数割増しの通常版クラウディ・ベイ、三倍価格の同リザーヴ版、どちらをも上回るものでした(’16の掲載はこれから)

≪追記≫ ヴィノス2021年3月号にて’16年のフイアが掲載。なんと【AG91点】を獲得しました!因みに同年クラウディ・ベイのピノは【AG89点】と、見事圧勝♪♪

試飲しました。【2020.12.1】

白桃やコケモモ、ダークチェリーら、完熟して密度の詰まったエキスの旨味が、あたかも真綿で包み込まれているかのよう…。そんな、超滑らかで柔らかなテイストの素晴らしさに、陶酔。

上質にして極めて優しい酸味を伴い、果実味にあるのは透明感と危うい繊細さ。

試飲は持ち回り(インポーターさんが抜栓したボトルを手持ちで注いで各店舗を回る)でしたので、ある程度のショック状態である筈なのに、それでもこの整ったナイーヴ感。

クリア=薄いとういわけではなく、奥行きのある複雑味も、妖艶セクシーな旨味も隠され、上質なピノだけが持つ官能的世界にどんどん引き込まれていきます。

ブルゴーニュと混同することは無いにせよ、成程、シャンパーニュで培われた背景にも納得のエレガンス。税別とはいえ2000円台とは思えぬ一本です。

オークバニラにスモークがかかり、イチジクやマッシュルーム、奥からかすかに腐葉土や鉄観音やスパイスも顔を出しています。所謂ピノ・ノワールにある官能さが沸き立つ、嵌ると抜け出せなくなる危うい熟成ピノ・ノワールです。Great!

嬉しいです…今年も最後の最後にこれほどのNZピノと出会えて。元は税込4000円を超えるのですから、この美味しさは、ある意味…当然!?

■144本完売! 24本追加いたしました。
■ヴィノス(VINOUS)91ポイント
■スクリューキャップです。コルクはついておりません。


商品番号  82955 輸入元税込希望小売4,180円
価格3,278円 (税込) 送料別
送料880円
1〜4営業日にて出荷致します
残りあと22個です
個数 
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
この商品の配送方法
  • クール便
  • 店頭受取
  • 宅配便[特定送料]


クッチピノ・ノワール"マクドゥーガル・ランチ"ソノマコースト[2016](正規品)KutchMcDougallRanch


クッチピノ・ノワール"マクドゥーガル・ランチ"ソノマコースト[2016](正規品)KutchMcDougallRanch


クッチピノ・ノワール"マクドゥーガル・ランチ"ソノマコースト[2016](正規品)KutchMcDougallRanch


≪2017 California Pinot Noir All-Americans First Team Wines≫
[PF98点] 
クッチ ピノ ノワール "マクドゥーガル ランチ" ソノマ コースト [2016] (正規品) Kutch Pinot Noir McDougall Ranch [赤ワイン][アメリカ][カリフォルニア][ソノマ][750ml]

[ 全米#1/850 ] @98点
■98点獲得!全850本の米国
ピノ年間No1ピノ選出該当品!
■2017 Winery of the Year / 2017 All American 1st. Team #1
【Kutch Pinot Noir "McDougall Ranch" Sonoma 2016】

【→ これがそのもの。 ←】



△ 大・大反響御礼!楽天登録「全世界の」赤ワイン全品種
(総計128,714本)から【第一位】に選ばれました!【五冠達成】
(※世界総合/ピノ/米国/加州/ソノマ 各一位:2018年12月29日(土)更新分)

2017年度全米ナンバーワン・ピノ、本邦初公開にて入手成功!
今から5年以上前の2014年9月、パーカー監修ワイン・アドヴォケイト誌にて8000円台にしながら【RP95点】を獲得したピノが日本上陸。しかし国内輸入数で僅かに "36本のみ"(うち弊社24本) であったことから瞬時完売となったソノマ・ピノを覚えておられるでしょうか?

それがこちらの 『クッチ』 手掛ける最上級シングル、『マクドゥーガル・ランチ』 単一畑です。実に…五年弱ぶりの入手成功!

98点@全米年間No.1ピノ選出!

そして四年ぶりの入手となったこの’16年の 『マクドゥーガル・ランチ』 が、ピノ・ノワール専門メディアとして知られるピノ・ファイル誌より、自身最高の【98点】を獲得!ワインとして2017年度、"全米年間No.1"ピノに選出され、また生産者としても【Winery of the Year】に輝きました!

ピノ・ファイルが年間で試飲するピノは、実に "850本" にもなります。一日に二本のピノを飲んでも追いつかない凄い量…私なら絶対やりたくありません(カベルネやジンだって飲みたい!笑)。そんなピノばかりと向き合う同誌が850本の中からナンバー・ワンに選んだ作品が当ボトルなのです。

※因みにワイン・レポートの山本氏は、日本未輸入だった2013年からもう目をつけていて、「カリフォルニアのパカレ」「冷涼×全房の最前線」と述べ、そして今年2月のレポートで「10年経て理想のスタイル、最高の出来となったクッチの2016年」というタイトルでコラムを書かれています。

そもそもクッチとは?まだまだ一部の玄人のみの間でしか知られぬ存在です。その素性をご案内致しましょう。


▼クッチ(Kutch Wines)
一言で言うなら、クッチは「バランス派の若手急先鋒」。かつて存在したこのスタイルを追求する団体、IPOB(In Pursuit of Balance:一時持て囃された濃さやパワーではなく、バランスを追求したワイン造りとその普及を目的として立ち上げられたグループ)でも早くからメンバー入りを果たし、中枢を担う造り手でした。同団体の発起人 『ハーシュ』 をクイーン、『ファイラ』 をキングとするなら、『リトライ』『コブ』 が飛車角でしょうし、個人的に金と銀を任せたい造り手が 『サンディ』 とこの 『クッチ』

オーナー兼醸造家のジェイミー・クッチ(Jamie Kutch/右画像)は、メリル・リンチで活躍する元トレーダー。同様に、以前は金融業界に身をおいていたA.P.Vinのアンドリューと、そしてローリングのブライアン・ローリングの薦めでピノ・ノワール造りの道にいざなわれました。カレラやDRCを飲みまくり、自身の好みが全房を用いたピノだと確信します。彼が弟子入りした人物は、コスタ・ブラウンのマイケル・ブラウン(意外?)。ジェイミーは、彼の指導のもと’05年にファースト・ヴィンテージを完成させます。’09年になるころにはKB流ではなく自身のスタイルを固め、ブルゴーニュにインスピレーションを受けた、早摘みの熟しすぎない葡萄から、全房プレス、天然酵母、Francois Frèresを用いたフード・フレンドリーなエレガントなピノ造りを自らのゴールと定めました。数年で頭角を現し、現在では「ピノ・レースで活躍する新たな若き猟犬」と呼ばれるまでになりました。

デヴューから十年を数えましたが、現在でもクッチのトータル・プロダクションは≪1500ケース≫ほど。年間4〜5種のワインを手掛けていますので、単純計算で一銘柄の箱数は三桁。そのためワインはメーリング・リスト経由のみで販売されており、現地ですらショップに蔵出し品が並ぶことはあまり無いそうです。中でもこの度のご案内は、クッチ最上級の極少フラグシップ、『マクドゥーガル』

マクドゥーガル・ランチ(McDougall Ranch)

『マクドゥーガル・ランチ』(左画像)は、ソノマ・コーストはフォート・ロス近く、標高935フィートの高地にあるわずか7エーカーという極少規模の畑。サンセット・マガジン誌により2010年度の【Winemaker of the Year Award】にも選ばれたダン・ゴールドフィールド(ダットン・ゴールドフィールドの共同経営者)の指南により、マクドゥーガル・ファミリーが1998年に植樹を開始。ヴィンヤード・マネージャーは故ウリセス・ヴァルデズが務めていました。

当店をご利用の皆様であれば、既にご存知ですよね…そう、【Pinot Noir of the Year】二年連続受賞という全米史上初の快挙を成し遂げたあのピノ、『ドリュー・マクドゥーガル』 の母体でもあります。南隣の尾根には 『ハーシュ・ヴィンヤード』 があり、立地も一等区画。1エーカーあたり平均2.1トンと、収量を低く抑えたエリア屈指の最高品質を誇ります。

Pinot File (2017.12)より 【RF98点

「Moderately dark garnet color in the glass. Other worldly aromas of crushed black cherry, pine, spice and burnt tobacco. Amazing attack and expansive mouth filling presence of black cherry fruit. A fruit grenade combined with an ephemeral demeanor. This beauty offers exceptional length, vibrant underlying acidity and uncommon finishing intensity. A complete wine that has everything you could ask for in Pinot Noir. Still great when tasted four days after opening the bottle. Ridiculously good.」

前作は私共…どころか、日本正規インポーターの社長氏ですらあまりの少量のため「飲めていない」と語るピノでした。

上記のように、ピノ・ファイルでは「貴方がピノに求める全てを持つ完璧なワイン」とまで評しています。「フルーツ爆弾」と「美しさ」という相反する単語が出てくるあたりも興味深いですよね…。嗚呼、飲んでみたい…年産は僅かに≪550ケース≫のみ。



余談ですが、アドヴォケイト誌では’16年のクッチはまだ白しか掲載されておりません。実は白は当年号が初の掲載でして、そしていきなりの【RP95点】を叩き出しました…。ため息しか出ません。

因みに「全米一予約の取れないレストラン」こと、かのフレンチ・ランドリーにオン・リストしたクッチも、このマクドゥーガル・ランチでした。

■138本完売! 12本追加いたしました。
■ピノ・ファイル98ポイント [ 全米年間No.1/850本中 ]
■ピノ・ファイル【Winery of the Year 2017】


商品番号  80082 カッチ
価格9,500円 (税込) 送料別
送料880円
1〜4営業日にて出荷致します
残りあと4個です
個数 
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
この商品の配送方法
  • クール便
  • 店頭受取
  • 宅配便[特定送料]


エルギンヴィントナーズピノノワールエルギン[2017](正規品)ElginVintnersPinotNoir[赤ワイン][南アフリカ][エルギン][750ml]


エルギンヴィントナーズピノノワールエルギン[2017](正規品)ElginVintnersPinotNoir[赤ワイン][南アフリカ][エルギン][750ml]


≪PINOT NOIR TROPHY≫ Michelangelo IW&S Award 2019
[WM91点] 
エルギン ヴィントナーズ ピノ ノワール エルギン [2017] (正規品) Elgin Vintners Pinot Noir [赤ワイン][南アフリカ][エルギン][750ml]

■南ア最優秀ピノ・ノワール受賞の新ヴィンテージ到来
6人の栽培家達が育む卓越のグロウワーズ・ワイン!

【Elgin Vintners Pinot Noir "Eigth Edition" Elgin 2017】

▼デキャンター世界一に続き、南ア国内でもベスト・ピノに▼



華やかで優美、しっとり旨い。
『クルーガー』『コッパー・ポット』らに並ぶ、南アのミドル級ピノの筆頭推奨銘柄、『エルギン・ヴィントナーズ』に最新’17年が到着いたしました。前回が’15年でしたので、’16年はスキップしております。

試飲を終えましたが今年も素晴らしい美味しさで、調べてみますとこの’17年、南ア最大のワイン品評会として知られるミケランジェロ・インターナショナル・ワイン&スピリッツ・アワードにて、銀→金→ダブル・ゴールド→プラチナの更に上…大会中たった1本しか選ばれない【ピノ・ノワール・トロフィ】を受賞しておりました!

※ '15年よりラベル・デザインが新しくなりました。
←上段が只今お届け中の新版、下段が旧デザインです。

今年で三作めのご案内となるエルギン・ヴィトナーズ。前作’15年から蝋封になり、瓶もズッシりと重くなりました。

そんなエルギン・ヴィントナーズとの出会いは、2018年4月9日に東京・港区は八芳園にて開催された、WOSA(南アフリカワイン協会)主催の試飲会。当時はまだスクリューキャップでした。

個人的に、この日最も良かったワインは、キャサリン・マーシャルのピノ・ノワール、フロットサム・ジェットサムのサンソー、デヴィッド&ナディアのアリスタルゴス、ラドフォード・デイルのピノ・ノワール、キアモントのフルーフォンティン、そして当ワインの計6本でした。

実はこのピノを扱う正規インポーターさんとはこれまでお付き合いが無く、このワインがきっかけでお取引がスタートしました。

八芳園にてはじめましてのご挨拶を経てあれこれ飲ませて頂いたのですが、会場におられた担当さんに「これが一番好きです」と、この試飲会で知ったエルギン・ヴィントナーズのピノを指すと、「私もそう思います(^^」とのお返事。他にも名の知れた有名ブランドもお持ちだったのですが、このピノがベストと仰る担当さんの存在もあり、お取引と仕入れを即決いたしました。

この時に知ったエルギン・ヴィントナーズでしたが、帰社してから調べてみれば、本国や英国では既に話題の造り手でした。



世界一の実績も。

世界最大級にして最も権威ある国際ワイン品評会の一つ、デキャンター・ワールド・ワイン・アワード。その2015年大会にてインターナショナル・トロフィ(現在ではプラチナ・ベスト・イン・ショウに名称変更)を受賞し、"15ポンド以下のピノ世界一" に輝いたワインこそがこのエルギン・ヴィントナーズでした(’12にて)。

この年のエントリーは世界から全15,929本。うち、インターナショナル・トロフィは35本のみ。受賞率は0.2%という狭き門でした。因みに翌年のデキャンター・アワードでも【Gold Medal】を、前作’16年はデキャンター本誌にて【DC91点】、そしてこの’17年は南ア最優秀ピノ・トロフィ受賞と、安定感も抜群です。


▼エルギン・ヴィントナーズ(Elgin Vintners)
ポール・クルバーやボッシェンダルでも有名な、南ア・ピノのメッカの一つ、エルギン。ステレンボッシュの雄、スターク・コンデも、ピノ・ノワールを造るのはエルギン地区です。そんな当地区をワイナリー名称に冠するエリアの代表的名手の一つ、『エルギン・ヴィントナーズ』 は、6人の栽培家たちがパートナーシップを結び、2001年に設立した、所謂グロウワーズ・ワイナリーです。

標高300m〜550mに広がる102Haの畑ではサステナブル農法が取り入れられ、BWI(植物多様性の保全とワインの発展プログラム)にも参加。管理するファームと果樹園の一部はBMIチャンピオンにも輝いており、環境に配慮した経営でも高い評価を得ています。栽培家らしく、畑は地質別に細かく区分けされており、そこに適した厳選されたクローンを丁寧に栽培。ピノはデキャンター・ワールド・ワイン・アワードで二年連続金賞(うち一方は格上げインターナショナル・トロフィも)受賞。シラーはナショナル・ワイン・チャレンジ(TOP100SA)で年間100本のベスト・ワインにも選ばれています。

この度のご案内は、当店三年目となる’17年。南アのグレート・ヴィンテージとされる傑出年です。

ヴィンテージが2017年になりました。【2020.7.21更新】

前回’15年同様、均整の取れた優美な姿。ただ、よりさらっとしてナチュラルだった’15年に比べると、やや濃醇(でもピュア)になったでしょうか。’14年に近いです。

ラズベリーやブラックチェリーの果実が心地よく、このヴィンテージですが既にしっとりとこなれてなめらかなタンニンを抱え、熟成感も感じさせます。このあたりは例年の共通項。

今年は味わいの華やかさが増し、しかしながら優美なボディは健在。造りの高さや高級感はそのままに、ベリーの甘みの旨味、フローラルさなどのフェミニンの要素が出ています。

ざくろやスパイス、ハーブなどの大人の複雑味、かすかになめしやアーシーな熟成味など、産域を超えたピノの楽しさを堪能できます。今年も旨い!

意外と手薄な「三千円本格南ア・ピノ」で存在感を放つ1本です。

■168本完売! 24本追加いたしました。
■ワインマグ(Winemag.co.za)91ポイント
■ミケランジェロ・IW&Sアワード【Pinot Torphy】


商品番号  80770 輸入元税込希望小売3,850円
価格3,590円 (税込) 送料別
送料880円
1〜4営業日にて出荷致します
残りあと3個です
個数 
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
この商品の配送方法
  • クール便
  • 店頭受取
  • 宅配便[特定送料]


ウィリアムズ・セリエムピノ・ノワール"セリエム・エステート"[2016]/"バート・ウィリアムズ・モーニング・デュー"[2016]/"ロキオリ・リヴァーブロック"[2003]WilliamsSelyemPinotNoir


ウィリアムズ・セリエムピノ・ノワール"セリエム・エステート"[2016]/"バート・ウィリアムズ・モーニング・デュー"[2016]/"ロキオリ・リヴァーブロック"[2003]WilliamsSelyemPinotNoir


ウィリアムズ・セリエムピノ・ノワール"セリエム・エステート"[2016]/"バート・ウィリアムズ・モーニング・デュー"[2016]/"ロキオリ・リヴァーブロック"[2003]WilliamsSelyemPinotNoir


≪歴代1位/2019年度全米No.1/希少古酒≫
[RP96点/W&S95点/16年熟成] 
ウィリアムズ・セリエム ピノ・ノワール "セリエム・エステート" [2016]/"バート・ウィリアムズ・モーニング・デュー" [2016]/"ロキオリ・リヴァーブロック" [2003] Williams Selyem Pinot Noir

[極希少] 三連単
■アドヴォケイト歴代1位、W&S誌TOP100#1
16年熟成古酒…のレア・セリエム三種同時入荷!

【Williams Selyem Pinot Noir Single Vyd.】

《 独 占 入 手 》





ご存知でしょうか?2019年末に発刊されたアドヴォケイト誌12/20号【特集No.1】ピノ、そして2019年度ワイン&スピリッツ誌年間TOP100【全米ピノ1位】、更に2019年度ワインエンシュージアスト誌年間TOP100【#1スティルワイン】…その全てが同じ造り手のピノであったことを。それこそが、ウィリアムズ・セリエム。

国内唯一の三種揃い踏み。
今回、その「三種のNo.1ピノ」を、国内ヤナギヤ・オンリーにて運良く全て揃えることができました。既にWE誌TOP100#1の 『ソノマ』 は完売してしまいましたが、こちらにはアドヴォケイト誌歴代No.1セリエムの 『エステート・’16年』 と、2019年度W&S誌年間TOP100全米ピノNo.1に輝いた 『バート・ウィリアムズ・モーニング・デュー・ランチ・’16年』 の該当品そのものをご用意。

更にセリエム・ピノの中でもひときわ人気の高い、ロキオリとのダブル・ネーム、『ロキオリ・リヴァーブロック』 のなんと16年熟成古酒を入手。どれか一つを入手するだけでも相当ハードルが高い、レア・セリエムを三連発にてご紹介致します。


▼ウィリアムズ・セリエム(Williams Selyem)
ソノマはルシアンリバーに住む二人の幼馴染…元会計士であり、ワインバイヤーであったエド・セリエムと、サンフランシスコ・クロニクル誌の印刷工であったバート・ウィリアムズが、仕事の片手間に車が2台入るか入らないか、という小さなガレージで初めてワインを仕込んだのが1979年…パリ事件の数年後のこと。所謂「週末ワインメーキング」であった彼らの趣味が、わずか十年余りのうちに当地区を世界でも指折りのピノ産地として注目させる契機となるプレイミアム・ワインとなった…それはまさに現代のアメリカンドリームそのものでした(>>詳細)。

それでは早速三種のピノをご紹介致します。

ウィリアムズ・セリエム・エステート→WA誌歴代1位

ロキオリの隣人としても知られる 『アレン・ヴィンヤード』 からわずか数百メートル南に、50エーカーほどの岩だらけの土地があります。数年もの交渉を続け、ようやくこの地所を買い付けたのがセリエム。実に1万トンもの岩を除去し(それでもまだ5000トンの岩がゴロゴロ残っているとか)、ようやく22エーカーほどの畑を完成させ、将来的には30エーカーまで拡張させたいそうですが、それがこの 『ウィリアムズ・セリエム・エステート』

ところでセリエムには、’07年にてWE誌に初掲載され、いきなり同誌史上初となるピノでの【WE100点】を叩き出した 『リットン・エステート』(Litton Estate)なるボトルがあります。へえ、そんな自社畑もあるんだ…と思われるかもしれませんが、なにを隠そうそのリットン・エステートこそがこのセリエム・エステートのこと。アドヴォケイト誌の過去掲載セリエム・ピノ、その歴代1位・2位を占めるピノでもあります。

バート・ウィリアムズ・モーニング・デュー→W&STOP100#1

巨星墜つ…奇しくもワインとして(もう何度目か分からぬ)ブレイク・イヤーとなった2019年。この年、12月12日に79年の天寿を全うした、ウィリアムズ・セリエムの創設者、バート・ウィリアムズ。彼は1997年のワイナリー売却後、翌1998年に慣れ親しんだソノマではなく、さらに北上したメンドシーノを新天地とし、その中心地であるアンダーソン・ヴァレーに40エーカーばかりのヒルサイド・ヴィンヤードを購入しました。それが 『バート・ウィリアムズ・モーニング・デュー・ランチ』

ドリュー、ミウラ、ブロガンと、中には普段メンドシーノとは縁のない造り手までもがこの畑に足を訪れ果実を買い付けていきました。彼の偉大性やそこへのリスペクトを物語る出来事でしたが、その一つがウィリアムズ・セリエム。2019年末に発表されたワイン&スピリッツ誌の年間TOP100にて、見事全米ピノ#1に輝いた作品こそが、セリエムからのモーニング・デュー、その’16年でした。

ロキオリ・リヴァー・ブロック→16年熟成古酒

セリエム×ロキオリという黄金の共演による夢のアイテム。『リヴァー・ブロック』 はロキオリが所有する畑の中でも最も東に位置し、その名の通り、ルシアン・リヴァーに程近い、ヒールスバーグの街から6マイルほどの距離にある38エーカーほどの畑。実はリヴァー・ブロックと一括りにされてはいますが、南区画は1989年植樹、北区画は2000年植樹と、樹齢(もクローンも)異なります。セリエムのリヴァー・ブロックはその双方の果実を使用しています。

’04にてW&S誌の2007度版全米ピノ・ランキング【Year's Best】#1…つまり同年全米ピノの年間一位に選ばれたのもセリエム×ロキオリでした。この度のご案内はその前年の’03年(’03は未掲載)。現行年号でも貴重なセリエムの、なんと16年熟成古酒です。



セリエム・ピノの中でも特に希少な最上位の三つのシングルであり、残念ながら試飲可能なほどの数量がございませんが、一般的にエステート・ピノはゴージャス、モーニング・デューは美しくデリケート、そしてロキオリは古酒ならではの熟成感がお楽しみ頂けると思います。

WA誌歴代1位、W&S誌年間1位、16年古酒…三種レア・セリエム揃い踏み。

■全品表示数限り(最終在庫)


商品番号  81349
価格26,800円 (税込) 送料別
送料880円
▼ 下記リストからご希望の商品をお選びください。
≪アイテム(品名)≫ × Williams Selyem
  在庫数
●[RP96点] エステート '16×
●[W&S95点] モーングデュー '161
●[16年古酒] ロキオリ '03×
・数字=在庫本数です。
個数 
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
この商品の配送方法
  • クール便
  • 店頭受取
  • 宅配便[特定送料]


デュモルピノ・ノワール"ファン"ルシアンリバーヴァレー[2014](正規品)DumolFinn


デュモルピノ・ノワール"ファン"ルシアンリバーヴァレー[2014](正規品)DumolFinn


≪米国最安値のRP97点ピノ・ノワール≫
[RP97点/AG96点] 
デュモル ピノ ノワール "ファン" ルシアン リバー ヴァレー [2014] (正規品) Dumol Pinot Noir Finn [赤ワイン][アメリカ][カリフォルニア][ソノマ][750ml]

【RP97点】最安値
■当年号唯一の1万円台WA97点ソノマ・ピノ現物!
年産わずか400箱台の激レア・ピノ!<新型ラベル>

【DuMOL Pinot Noir "Finn" Russian River Valley 2014】

+  恐るべし、アンディ・スミス  +


△ 大・大反響御礼!なんと楽天登録「全世界」のピノ・ノワール
(総計22,465本)から【第一位】に選ばれました!【四冠達成】
(※世界総合/米国/加州/ソノマ 各赤部門一位:2015年7月18日(土)更新分)

※ '14年よりラベル・デザインが新しくなりました。
←上段が只今お届け中の新ヴァージョン、下段が旧デザインです。

再(最終)輸入分到着!
昨年7月、国内初披露としてご紹介いたしました歴史的傑出ヴィンテージ、’14年のデュモル・ファン。お蔭さまであっという間の完売となりましたが、正規輸入元より再度にして最終となる追加輸入分到着の知らせがあり、これを受け弊社での販売も嬉しい復活となりました。

カリフォルニア全体としては’13年>’14年の流れがありますが、ことソノマに関しては「’14年のほうが上」と見る造り手も少なくありませんで、その一つがデュモル。醸造家アンディ・スミスも「ナパ・カベの’13年は過去最高の年の一つだ。しかしソノマ・ピノは同レベルに無い」と、そしてパーカーが「’12年に比べ、凝縮感も活力も劣る」…と述べた2013年のファンは、確かに【RP92点】と(デュモルにしては)もう一つで、弊社もスルーしました。しかしこの2014年は見事【RP97点】を奪取!

これ、この価格帯では凄いことであり、’14年で97点を確定させた米国産ピノは下記の5本のみですが、銘柄をご覧頂ければ一目瞭然、その全ては25,000円〜70,000円ほど。



『ロキオリ・ウェスト・ブロック』『オクシデンタル』『マーカッサン×マーカッサン』『ポール・ホブス・オグスティーナ』…1万円台、それも「税込みでも」…だなんて、他に皆無です。因みに同年のロマネ・コンティも同点。

例年であればここに「ソノマ産では最安値」と述べなければならないところ。なぜならセントラル・コースト産で、より安い高得点ボトルが出てくるから。しかしながら’14年はセントラル・コーストからも97点ピノは出ていません。

まさに一万円台最強のカリ・ピノ…それが’14年のファンなのです。
セラーのピノ・コーナー、その秘蔵ストックされては如何でしょう。その他の同格ピノになりますと、一万円台入手は到底不可能です。

それでは改めまして…ファン(Finn)は、2018年現在、全6種がリリースされるデュモル・ピノの中でも最高クラスの品質を誇る代表銘柄。価格的には自社畑産のエステート版が最上位に来るものの、WA誌評価にしても、実際にお飲み頂いても、デュモル・ピノの頂点はFinn…という意見が大勢を占めているのではないかと思われます。


▼デュモル(DuMOL Wines)
ソノマ界隈で一世を風靡したファンタジスタ…といえば、デュモルの名が筆頭に挙げられます。ケリー・J・マーフィーとマイケル・ヴァーランダーにより、ソノマは最上の銘醸地ルシアンリバー・ヴァレーのテロワールを最大限に表現すべく誕生したこのジョイント・ベンチャーは、設立から十年と経たずしてパーカー最高評価【☆☆☆☆☆】生産者に格付けされました。この最高格付けをピノとシャルドネの双方で獲得する、所謂「ダブル五ツ星」は、デュモルを含め全米にわずか9社しか存在しません(キスラー、マーカッサン、オベール、ブリュワー・クリフトン、ロキオリ、セリエム、ウォルター・ハンゼル、タリー)。しかし、デュモルにおいては更にシラー(ローヌ系品種)でもこれを獲得しており、この三品種全てにおいて最高格付け認定を受ける「トリプル五ツ星」は、全米広しといえども "デュモルが唯一" です(2018現在)。

現在デュモルに存在するレギュラー・ピノは全6銘柄(エステート/ファン/アイダン/ライアン/エオイン(オーエン)/R.R.V.)。中でもキュヴェに付く各名称は、畑名に由来するものではありません。いずれも苗木のクローンの違いにおける表現をコンセプトとし、それが元になっています。

ファン(Finn)

ピノ・ファンはピノ・ノワールの亜種とされ、低収量ながらも類稀な味わいをもつとなる可能性を秘めたクローンとして知られています。デュモルの場合はマルチ・クローンによるフィールド・ブレンドからの果実を使用。1エーカーあたりの平均収量は、例年2.0〜2.5トン。’14年のフルーツ・ソースは自社畑の 『デュモル・エステート・ヴィンヤード』 から55%、残り45%が 『オクシデンタル・ロード・ヴィンヤード』 から。

デュモルが取得した自社畑はヴァレー内のリッジラインにあり、東向き斜面、25エーカーほどのヒルサイド・ヴィンヤードです。デュモル自らでは「理想的なアロマ、フレーヴァー、テクスチャー、品種の個性が全て享受できる伝統的地区」と述べており、サステナブル、バイオダイナミクスが取り入れられています。ピノ・ノワールは所謂「密植」の手法を採用。シャルドネも1エーカーあたり2.5トンの低収量に制限しており、クローンはハイド経由の>>ウェンテとマウント・エデン・クローンが植えられています。ワインとしてのデュモル・エステートはピノが’07年、シャルドネが’10年にそれぞれ初リリースを迎えました。

Wine Advocate #229(2017.3)より 【RP97点

「Blended of 55% DuMOL Estate vineyard and 45% Occidental Road vineyards, the 2014 Pinot Noir Finn has a pale to medium ruby-purple color and notes of black cherries, black raspberries and anise plus underlying suggestions of yeast, potpourri, underbrush and cedar. Medium to full-bodied with plenty of opulent fruit on offer, it has a seamless backbone of very fine tannins and gorgeous freshness, finishing long and minerally.」 (Lisa Perrotti-Brown)

手摘み収穫した果実を畑で選果。ワイナリに運び込んで更に第二次選別。野生酵母を使用。新樽比率45%のフレンチ・オークにて15ヶ月の長期樽熟成。100%MLF。フィルタリング無しでボトル詰め。

例年、パワフルだけれども大きすぎず、重過ぎない理想的なピノ・ノワールとして、デュモルのみならずソノマを代表する名作として認知されていますが、この’14もアドヴォケイト誌では豪勢な果実味、継ぎ目のないシームレスなタンニンの美しさ、長い余韻などが指摘され、その地位に揺らぎ無し…との評判を得ています。日本への輸入も極少数ですが、そもそもの年産が≪460ケース≫しか無いリミテッド・ボトルであるため(しかも例年この高評価ですから)仕方の無いところ。前作はそのうち42本を弊社からお届け致しましたが、流石に今年の同量確保は難しそうです…。

本来はプレミア化も已む無しの規模なのです。

■パーカー監修アドヴォケイト誌97ポイント(同銘柄歴代二位)
■96本完売! 12本追加いたしました。


商品番号  81089
価格18,480円 (税込) 送料別
送料880円
1〜4営業日にて出荷致します
残りあと2個です
個数 
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
この商品の配送方法
  • クール便
  • 店頭受取
  • 宅配便[特定送料]


J.ロキオリピノ・ノワール"ウエスト・ブロック"ルシアンリバーヴァレー[2004]


≪'14年産ピノ世界第6位≫
[RP97点] 
J.ロキオリ ピノ ノワール "ウエスト ブロック" ルシアン リバー ヴァレー [2014] (正規品) Rochioli Pinot Noir West Block [赤ワイン][アメリカ][カリフォルニア][ソノマ][750ml]

【世界】第6位
■(実は)ウエスト・ブロック史上初のエクストラ・
オーディナリ到達!幻のシングル「J版」の最高峰!

【J.Rochioli Pinot Noir "West Block" R.R.V. 2014】

≪ 確定中、2014年ヴィンテージ産ピノ世界6位 ≫


上記はソノマが誇る偉大なるグランクリュ…ロキオリの自社畑。
中でも唯一色味の付いた二つのブロック…これこそが、ロキオリから放たれる幻の「J版」シングル群の中でも、更に「最高峰」と謳われる極上キュヴェ、『ウエスト・ブロック』 の果実が育まれる一画です。

二つの区画が見えますが、画像左(西)側が 『オールド・ウエスト』。1969年植樹…つまりはロキオリの元詰め以前から一家と共に歴史を紡いできた、ファミリー最古の区画の一つです。その右側(東)側が、『ウエスト・ブロック』。こちらは2008年に植樹された、ウエスト・ブロック・クローンを元に新に拡張された区画です。

双方を合わせても4エーカー。その東隣にあるイースト・ブロックと同じ面積であり、更にその東のリヴァー・ブロックに対しては1/3以下しかありません。ここから生まれる至宝のキュヴェが、争奪戦となる理由も判ろいうというもの…。今回はそんなウエスト・ブロックの’14年をご用意致しました。

幻の100点と意外な事実。

…ところで。ロキオリが誇るウエスト・ブロック・ピノの最も有名な逸話の一つに、まだアドヴォケイト誌上から米国産の満点ピノが誕生していなかった時代、今作とキスラーのエリザヴェスが唯一、暫定ながらも100点に手を掛けた…という実績があります。

これを機に蔵出し価格がハネ上がったりもしたようですが、では一方の "確定評価は" といいますと、実は過去、このウエスト・ブロックはただの一度も【Exstraordinary】(96-100)に到達したことが無かったりします。というより、確定では【RP95点】に届いたことすらありませんでした。暫定で96点、98点、100点といった高得点に手を掛け、しかもそんな履歴が複数あるため、意外に思われるかもしれません。



しかし2016年3月、そんな歴史を過去のものとする、ウエスト・ブロック史上初のExtraordinary確定…【RP97点】獲得作が誕生します。それこそがこの’14年ヴィンテージ。

⇒ この年のウエスト・ブロックは、当時の同銘柄「歴代最高傑作」に指定された…というだけでなく、なんとアドヴォケイト誌に掲載された、同年ピノ・ノワール全ての中から "世界第6位" に選出!同点にはロマネ・コンティのほか、嘗て暫定100点を分け合ったキスラー・エリザヴェスの後継版、オクシデンタルの名もあるという空前のグレート・ヴィンテージとなりました(2018.1現在)。



(※上記画像1、3、5番目のピノは正規未上陸。オベールのUV−SLは日本への正規輸入があるのですが、’13年のあとは入ってきておらず、’14年はスキップされそうな予感も…。『オクシデンタル・キャサリン』 の’14年は、昨年ご案内し、お蔭さまで全量即日完売となりました。)

ウエスト・ブロック(West Block)

ロキオリからリリースされる全てのピノは、エステート・ボトル…つまり100%自社畑産果実を使用したものですが、それを敢えてラベルに謳うのはスタンダード版まで。単一畑にその文字はなく、代わりにブロック名と、そしてシングルだけに許される称号…≪J・ロキオリ≫の冠を刻みます。J版シングル・ピノは現在5種がリリースされていますが、中でも人気、評価、レア度、品質、いずれもNo.1とされる、最上位格付け品が 『ウエスト・ブロック』

区画としてのウエスト・ブロックは、1969年初植樹で、隣接する 『イースト・ブロック』 とともにロキオリの畑の中でも最古の区画となります。’05年(暫定満点)を飲んだパーカーが「私が今まで飲んだ中で、最も並外れたルシアンリヴァー産ピノ。ルビー/パープル色には並々ならぬ森床、春の花々、ブラックベリー、そして甘いチェリーのノーズが伴う。鋼のようなストラクチャーは極上の奥行きとコク、寸法、余韻、純度に移行して行く。度肝抜かれる作品。」と述べるように、薫り高き個性を持ちますが、今年のレビューを見る限りでもやはり同様のキャラクターを保持しているようです。

Wine Advocate #223(2016.3)より 【RP97点

「The 2014 Pinot Noir West Block again has flowery, floral notes, giving it quite a perfumed personality. Deep ruby/purple, with sweet berry fruit in abundance, a full-bodied mouthfeel and loads of cassis and cherries, this is another big-time winner and a great success, as are all of these Pinot Noirs from Rochioli in 2014.」

本来、単一畑の入手までの一般的なルートは果てしなき道のり。であるがゆえ「幻の作品」とも呼ばれます。メーリングリスト登録待機年数だけでも相当のようですが、ようやく本登録となったとしても、もらえるのはスタンダード版のアロケーションのみ。それらを継続購入し、ようやく回されるのがシングル・ヴィンヤード。三年、五年、それ以上とも言われる眩暈のするウェイティング・タイム、AVAラインの購入資金、さらにそのやりとりは全て英語…と垣根の高い道程を全てこなしたとしても、当たり年のウエスト・ブロックだけを抜き出して購入する事などもちろんできません。

ヤナギヤでならば、それらを全てスキップしての入手が可能です。年産は≪150〜400ケース≫程度。

因みこの’14年のレビューを以って、ロバート・パーカーはノース・コーストの担当を外れました。氏の担当復帰が無い限り、この’14年がWest Block最初で最後の「パーカー確定95点超えヴィンテージ」となります。

■パーカーポイント97点


商品番号  81737 Rochioli West Block
価格39,800円 (税込) 送料別
送料880円
1〜4営業日にて出荷致します
残りあと1個です
個数 
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
この商品の配送方法
  • クール便
  • 店頭受取
  • 宅配便[特定送料]


アストンエステートピノノワールソノマコースト[2016](正規品)AstonEstatePinotNoir[赤ワイン][アメリカ][カリフォルニア][ソノマ][750ml]


アストンエステートピノノワールソノマコースト[2016](正規品)AstonEstatePinotNoir[赤ワイン][アメリカ][カリフォルニア][ソノマ][750ml]


アストンエステートピノノワールソノマコースト[2016](正規品)AstonEstatePinotNoir[赤ワイン][アメリカ][カリフォルニア][ソノマ][750ml]


≪トーマス・ブラン作…ピノ版シュレーダー≫
[WS93点] 
アストン エステート ピノ ノワール ソノマ コースト [2016] (正規品) Aston Estate Pinot Noir [赤ワイン][アメリカ][カリフォルニア][ソノマ][750ml]

[シュレイダーに] ピノ!?
■シュレイダーの黄金コンビに、四大栽培家の一角、
ウリセス・ヴァルデズを加えたピノ専門プロジェクト!

【Aston Estate Pinot Noir Sonoma Coast 2016】

[ 史上四度めの正規蔵出し ]


「元祖」ピノ版シュレイダー!
’10年に日本初上陸を果たした、シュレイダーのピノ・ヴァージョンこと『アストン』。あの100点連発ナパ・カベ生産者にピノ版が!?と当時大変な話題となり、弊社への限定数量も瞬く間に全量完売となりました。長らく欠品しておりましたが、この度ようやく待望の日本上陸四年目、傑出’16年が到着致しました。

欠品期間中には、シュレイダー「もう一つの」ピノとして新たに『ボアーズ・ヴュー』が加わりましたが、あちらの畑フォートロス・シーヴューにあるのに対し、アストンの畑は更に北、アナポリス界隈にあります。

※現代のナパカベ・シーンを牽引する百点醸造家の四天王といえば…
■ボブ・レヴィHarlan Estate/Sloan/Bond/Levy&McClellan)、■アンディ・エリクソンScreaming Eagle/Staglin Family/Dalla Valle/Arietta/Ovid/Dancing Hares/Favia)、■トーマス・リヴァー・ブラウンSchrader/Tor/Rivers Marie/Revana/Jones Family/Maybach/Outpost/GTS/Wallis/Harris Estate/Casa Piena/Pulido Walker/Tamber Bay)、■フィリップ・メルカDana/Hundred Acre/Bryant Family/Seavey/Lail/Vineyard 29/Parallel)。

[ 過去履歴含む ]

彼らの手掛けるナパ・カベには数多くの名作が揃いますが、一方でピノ・ノワールとなると、数えるほどしか存在しません。中でもアストンは『シュレイダー』のフレッド&キャロル・シュレイダー夫妻とトーマス・ブラウンが共同出資し、更にデヴィッド・エイブリュー、ジム・バーバー、グレッグ・ビョルンスタッドに並ぶ四大栽培コンサルの一人、ウリセス・ヴァルデズを加えた超大物達によるピノ・ノワールに特化した壮大な新プロジェクトです。


▼アストン・エステート(Aston Estate)
シュレイダーのオーナー、フレッド・シュレーダーは、今はなき 『コルギン・シュレーダー・セラーズ』 を当時の妻であったアン・コルギン(前妻)と創業し、ワイン醸造に関しては思いつく限りの最強夫婦コンビであるヘレン・ターリーとジョン・ウェットローファー夫妻にワイン作りを任せました。同社の成功、そしてアン・コルギンと離れた後、フレッドは自らの名前のみを冠したシュレーダー・セラーズを1998年に創業。トーマス・リヴァース・ブラウンとともに、「ニュー・ワールドでもっともホットなカベルネ生産者たるブティック・ワイナリー」の評価を手にしました。そんなシュレーダー・セラーズの派生ブランドとして生まれたピノ・ノワールに特化したワイナリーがアストン・エステート。フレッド夫妻とトーマス・ブラウンとの合弁企業として、単一畑のみにフォーカスしたエステート・ピノを造っています。

もともとソノマ・コーストの中心部、アナポリスに近い場所に、>>ゴールドリッジ・ソイルの未開墾地を2001年に発見したのはトーマス・ブラウン。直ぐにフレッド・シュレーダー、そして秘密兵器Mr.Bigの3人は協議し「これぞすぐれた未開発の土地」との共通認識を持ちました。ユニークなミクロクリマ、土壌がピノ・ノワールの栽培に最適だったからです。数か月のうちに土地は開墾され、ディジョン・クローン(115,667,777)が植樹されました。今日、デヴィッド・エイブリュー、ジム・バーバー、グレッグ・ビョルンスタッドらとならぶ四大栽培家の一人、ウリセス・ヴァルデスの管理のもと、高品質のピノを栽培し、上品でコクのあるフレーバーを持つ第一級のワインを作り出しています。

彼らは新たに開墾した40エーカーほどのこの自社畑に、慎重に三つのクローンを選択し、北東ブロックにはClone115を(複雑で大柄果実のキャラクター。エルギッシュなストラクチャー。多層のテクスチャー)、南東ブロックにはClone667を(スパイシーでコクのある黒系果実のフレーバー。旨味を網羅した完璧なウエイト)、北西ブロックにはClone777を(洗練されたアロマ、広く親しみやすい深みと凝縮感)それぞれ三つの区画ごとに分けて植樹しました。2007年まではそれらを分けて醸造・瓶詰めしていましたが、2009年よりブレンドによるエステート・ピノを一種類のみ手掛けるというストイックな姿勢で究極のピノ造りを目指しています。

カデュス、フランソワ・フレール、ルモンドの仏一級樽メーカーのからのフレンチ・オークを使用し、10ヶ月の熟成(新樽率50%)。ヴィンテージにもよりますが、ほぼ全除梗とのこと。

2016年はトゥルー・ソノマ・コースト全体で穏かな春から始動。開花も結実も平均的で、五年続いた水不足の影響もまだ残り、粒は極端に大きくならず、色づき直前に真夏日こそあったものの、熱波にまではならず、結果として綺麗な酸が残ってソノマ・コーストの特徴をよく捉えたヴィンテージとなりました。

ひと口め、ひと嗅ぎめから強い個性が眩く印象的。濃厚な深いルビー色、完熟した黒系のベリーにアニスの香が立ち上がり、ヒマラヤ杉のニュアンスが幾重にも重なり最後まで余韻を残します。クリーミーでシルクのように柔らかい口当たり、口中に広がるフル・ボディで濃厚な果実味。ディジョン・クローンが持つ特徴が最大限に発揮され、その酸の個性も全体を引き締める要素となっています。長い余韻は言わずもがな。ド級のレア・ピノです。

百点ナパ・カベの醸造家が挑む究極のピノ造り。

■ワインスペクテイター誌93ポイント


商品番号  79195
価格13,200円 (税込) 送料別
送料880円
1〜4営業日にて出荷致します
残りあと3個です
個数 
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
この商品の配送方法
  • クール便
  • 店頭受取
  • 宅配便[特定送料]


ボアーズヴューピノノワール"ザコースト"ソノマコースト[2015](正規品)Boars'ViewPinotNoirTheCoast[赤ワイン][アメリカ][カリフォルニア][ソノマ][750ml]


ボアーズヴューピノノワール"ザコースト"ソノマコースト[2015](正規品)Boars'ViewPinotNoirTheCoast[赤ワイン][アメリカ][カリフォルニア][ソノマ][750ml]


ボアーズヴューピノノワール"ザコースト"ソノマコースト[2015](正規品)Boars'ViewPinotNoirTheCoast[赤ワイン][アメリカ][カリフォルニア][ソノマ][750ml]


≪マーカッシンを眺望するシュレイダーのピノ部門≫
[RP94点/WS94点] 
ボアーズ ヴュー ピノ ノワール "ザ コースト" ソノマ コースト [2015] (正規品) Boars' View Pinot Noir The Coast [赤ワイン][アメリカ][カリフォルニア][ソノマ][750ml]

*もう一つの【猪】
■目論むは"猪"越え…最多100点ナパ・カベSchrader
によるソノマ・ピノ第二のプロジェクト始動≪三年目≫

【Boar's View Pinot Noir "The Coast" Sonoma Coast 2015】

[ マーカッサンを見下ろすエリア随一の高地から ]



※シュレイダー第二のピノ・プロジェクト 『ボアズ・ビュー』 に、日本上陸三年目の’14年が到着しました。早くも【RP94/WS94点】の二大大台が確定しております。

「来る、来る」…と業界内ではその上陸が話題となっていたソノマ・ピノ近年最大の大物が、遂に日本上陸。シュレイダー第二のソノマ・ピノ・プロジェクトここに始動!

噂ばかりが先行し、なかなか姿を現さなかったシュレイダー第二のソノマピノ・プロジェクトが遂にベールを脱ぎました。その名も 『ボアーズ・ビュー』。ファースト・ヴィンテージは’11年。二作めの’12年に日本マーケット電撃初上陸。この度のご案内は四度目のリリース、日本上陸としては三年目の’14年です(※因みに「第二のピノ」とありますが、フレッド・シュレイダーによる最初のピノ・プロジェクトは 『アストン・エステート』)。

「狙うはカリ・ピノの頂点、マーカッサン越えか…。」周囲がそう囁くには理由があります。畑の所在は、ソノマ・コーストのサブ・アペラシオンにして至高の一等地、フォート・ロス・シーヴュー。綺羅星のように輝く著名ヴィンヤードが林立するこのエリアの中心地にして、しかも海からの霧が上がるフォグ・ラインより更に上、標高300mというエリア随一の高地にあります。

そこはまたヘレン・ターリーの自社畑、マーカッシン・ヴィンヤードを上から見下ろす位置でもあります。しかも名称はボアーズ・ヴュー。ボアーとは英語で猪のこと。仏語ではMarcassinですが、英語ではBoar。そしてViewとは眺め…。となれば、フレッド・シュレイダーの思惑、その真意はさておき、畑の位置にしても、名称にしても、そしてクオリティにおいても、かのピノを多分に意識し、超越したいと考えている…との声が挙がるのも必然です。



余談ですが、マーカッサン・ピノのWA誌初登場は【RP93点】でした。対してボアーズ・ヴューの初レイティングはこのヴィンテージで、上記の通り。処女作勝負でもボアーズ・ヴューが勝利しています。


▼ボアーズ・ヴュー(Boars' View)
フレッド・シュレイダーがこのプロジェクトを始動させた理由は、なんといっても大きな可能性を秘めた16haの畑の取得でした。冷たい海からの霧が届く遥か上に位置し、海岸から二つ目の丘陵の穏やかな斜面にあるこの畑は、海岸からの冷涼な風や空気が上がり、畑を包むものの、霧は届かぬことから十分な日照量が確保出来るという完璧な環境を誇ります。例えば、 夏の熱波にも、この冷たい空気が葡萄畑を守り、十分に冷やす事ができるのです。

この立地条件がもたらすものは、非常に早い芽吹きから、長く一定した気温の元での生育期間の確保。十分に熟し、成 熟した葡萄を収穫できることは最大の強みです。また土壌の構成にも秀でます。ピノ・ノワールに最適と言われる細かい砂を含むゴールド・リッジ土壌に、小石が含まれて水捌けも非常に良く、更に一部の土壌には粘土質が混じる為、そこには少量のシャルドネも植えています。ピノはクラッシック・クローンのカレラ、マウント・エデン、スワンを採用。シャルドネには>>ウェンテ。2015年5月現在、日本正規輸入はピノのみとなっております。

チームはアストン同様、醸造家トーマス・ブラウン(>>詳細)×栽培家ウリセス・ヴァルデズ(>>詳細)。現状考えられうる最強のコンビです。



著名なマーカッサン、ブルー・スライド、スリー・シスターズらを見下ろす丘陵に在るという類稀なる畑から、トーマス・リヴァース・ブラウンとウリセス・ヴァルデスを配して造られるこのプロジェクトは'11年に始動したものの、商業的デビューは'12年とのこと。非常に大きな将来性は、リリースされたばかりの現時点で既に高い評価を得ています。



Wine Advocate #227(2016.10)より 【RP94点

「The production of the Pinot Noir is much higher. The 2014 Pinot Noir was aged 11 months in 60% new French oak after 100% destemming and a cold soak prior to fermentation. It offers up deep, dark raspberry fruit along with black cherry, forest floor, clove and cinnamon. There is plenty of spice, a medium to full body, outstanding ripeness, purity and overall balance. Drink t over the next 10-12 years.」

Wine Spectator (2017.7.31)より 【WS94点

「Bold, rich and extracted, delivering tiers of dark berry, cedary oak, wild berry, underbrush and wild savory, all leading to a rich, chewy finish and a reverberating aftertaste. Drink now through 2025.」

天然酵母のみを用い、また選りすぐった仏樽(エルミタージュ、フランソワ・フレール、レモンド)にて10ヶ月熟成、フィルタリング、人工的清澄なしで瓶詰。初登場時よりリッチで、芳醇な果実、複雑な要素、更なる深みが増しています。濃厚な黒系ベリーの特徴を持ち、クリーム・ブリュレの様な芳ばしさと濃厚さ、複雑なハーブ(セージ、クミン、カルダモン他)のニュアンスが効き、しっかりとした骨格とシルキーな口当たり。長い余韻を持ちながら、テロワールから来る酸が全体を包んでいます。

前作公表されなかった年産は620箱とのこと。

■パーカーポイント94点
■ワインスペクテイター誌94ポイント


商品番号  80171
価格50,380円 (税込) 送料別
送料880円
1〜4営業日にて出荷致します
残りあと2個です
個数 
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
この商品の配送方法
  • クール便
  • 店頭受取
  • 宅配便[特定送料]


買い物かごに追加できませんでした

入力内容をご確認ください。

OK

ショップへ相談
 お気に入りページに追加



▼配送料金
・送料について→ [ 詳細 ]
 (クール便は10本1梱包)
送料無料ワイン多数ご用意しております。

▼配送日時
・着日のご指定が無き場合は、可能な限りの最短着日にてお届けします。どんなに遅くとも4営業日以内には必ず発送いたします。

・着日をご指定頂く場合は、ご注文日より4営業日以降〜2週間以内にてお願い致します。

・翌日配送など、お急ぎの場合はご注文前にお電話・メールなどでご相談ください。

▼エコ配送にご協力下さい
・当店では省資源化のため、梱包材および緩衝材にワイナリ・輸入元からのダンボールなどをリサイクル使用しております。ギフトでのご利用の場合は>>こちらより化粧箱をご利用下さいませ。

・省資源化のため、ワイン解説書や広告などの印刷物は、納品書を除き一切お入れしておりません。また一部例外(※)を除き、ワインへのパッキン巻きを行っておりません。エコ配送にご協力頂ければ幸いです。

※例外的にパッキン巻きを行う場合
a.)1本でのご注文の場合
b.)ご贈答用の場合
c.)出荷時に既にパッキンが巻かれていた場合
d.)お客様よりご指示があった場合

>>配送について詳しくはこちら


▼クレジットカード

・上記のクレジットカードがご利用可能です。
・お支払い回数は1回・リボ払いとなります。
・SSL暗号化通信にてカード情報は保護されます。

・オンライン認証のため、当店からご利用控えの発行は行っておりません。カード会社様からのご利用明細書をご覧ください。

▼代金引換
・お支払いは現金のみです。
・代引き手数料が別途かかります。

>>お支払いについて詳しくはこちら


▼お酒は20歳になってから
・未成年者への酒類販売は固くお断りします。

▼プライバシー保護
・当店ではお客様よりお預かりしました個人情報を、当店以外の第三者に譲渡・公開する事は一切ございません(警察・裁判所など公的機関からの提出要請があった場合は除きます)。どうぞご安心してご利用下さい。

▼カード・セキュリティ
・当店でのクレジットカードご購入情報は高度な暗号化通信により保護されております。安心してショッピングをお楽しみ下さいませ。

>>SSL暗号化通信について詳しくはこちら


・柳屋(Esprit du Vin YANAGIYA)は東京・神田にある1936年創業のお酒屋さんです。1994年にワイン専門店に転換、2000年にネット通販を開始、2004年に楽天市場に出店させて頂きました。現在楽天には1,000店以上の沢山のワイン・ショップが御座いますが、弊社はお蔭様で…

▼【加州優良店】2年連続受賞(3店のみ)


▼ランキング【米5部門同時1位】


▼バイヤー選手権【全国5位】(単品部門)


上記各賞を受賞させて頂きました。心より御礼申し上げます。誠に有難う御座いました!

>>ヤナギヤについて詳しくはこちら