販売期間 2017年12月02日19時00分〜2017年12月07日01時59分

ヘルプ / 不適切な商品を報告

現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは

塩蔵・矢祭たけの子(茹でずに、塩で漬けちゃいました。独自の生漬製法でしか、再現できない味…

山のごちそう本舗:お惣菜や素材をあつかっています

楽天Edyデビューキャンペーン 楽天イーグルス・ヴィッセル神戸が勝った翌日のエントリーで、エントリー日は全ショップポイント2倍・W勝利で全ショップポイント3倍
営業日カレンダー
2017年12月
26 27 28 29 30 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 1 2 3 4 5 6
2018年1月
31 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3
休業日
配送休業日
配送のみ
塩蔵・矢祭たけの子
商品バナー01 商品バナー02 商品バナー03

地元の90歳のお客様が教えてくれた

秘伝・生漬け製法

いつも買っていただくおばあさん宅に配達に行った際、お茶うけにタケノコの煮物を出してくれました。
パクッと一口いただくと…、驚きでした。初めての食感だったのです。
『チョ〜おいしい!!』と目をシバシバさせました。
生のまま漬けこんだことを知り、さらにびっくり。
おばあさんは快く沢山のヒントを教えてくれました。

以後、試行錯誤をつづけ当社オリジナルの生漬け製法ができあがりました。
採れたての新鮮さをギュッと閉じ込め、風味や食感が自慢です。
タケノコは地元産の柔らかいマダケやハチクを使用しています。

あらゆる料理で主役級の活躍

『塩蔵・矢祭たけの子』

塩蔵とは・・・

食べ物を、長期保存のためや、味を付けるために食塩に漬けておく古くからの方法です。

<<塩蔵・矢祭たけの子の召し上がり方>>

塩蔵商品ですので、水抜きが必要です!
たっぷりのお湯を鍋に沸かし、 塩を洗い流したタケノコを入れ、15分ほどグツグツと煮るのが塩抜きする際のポイントです。

その後ザルにあけ、再びたっぷりの水に入れて塩を抜きます。
※2〜3度水を換えます。

およそ一晩おくとバッチリです。

塩が抜けたら、鶏肉・ふき・こんにゃくなどと煮物にしたり、サラダや春巻きの具や炒め物など、あらゆる料理にお使いいただけます。
主役級の活躍をすること間違いなしです。



商品画像1


商品画像2


商品画像3


商品画像4


商品画像5


商品画像6


商品画像7


商品画像8


商品画像9


商品画像10


商品画像11


商品画像12


商品画像13


商品画像14


商品画像15


商品画像16


商品画像17


商品画像18


商品画像19


茹でずに、塩で漬けちゃいました。独自の生漬製法でしか、再現できない味と香り・色合い、そして食感。八溝山系の清らかな水と里山の太陽が、美味しい筍を育ててくれました。
塩蔵・矢祭たけの子

商品番号  10000001
販売期間2017年12月02日19時00分〜2017年12月07日01時59分
販売開始・終了前に通知を受け取る
3営業日以内に発送いたします
残りあと496個です
個数 
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
この商品の配送方法
  • 宅配便
製品仕様
商品名 塩蔵・矢祭たけの子
名称 塩蔵加工品
内容量 300g
賞味期限 365日
保存方法 常温
原材料/商品内容 たけのこ(矢祭産)、食塩
商品説明
2017年の春に採れた、天然育ちのタケノコを限定数販売します。

山の恵みを美味しく伝えたい
『山のごちそう本舗』の地元は、東北最南端に位置する福島県・矢祭町(やまつりまち)。重なりあう里山をぬって流れる谷川は、ヤマメや鮎をはぐくむ清流になります。笹の葉をゆらす竹林があちらこちらに点在し、春には恵みのタケノコが各々の食卓を飾ります。
『この山の恵みを伝えたい』
『自然の息吹に触れてほしい』
『生命力あふれるタケノコを食べて元気になってほしい』
水煮にしたり生のまま出荷したりしていますが、夏までにはなくなってしまう。これを1年中提供していくことはできないだろうか? 創業以来そんな想いがありました。しかしそのためには、最良の状態で保存する必要があります。茹でてから漬けこむ一般的なタケノコの塩漬けは、塩蔵発酵からくる少しクセのあるにおいがしばしば残ってしまいます。春を迎えるたびに試行錯誤が続きました。もちろん保存料は選択肢に入っていません。

地元の90歳のお客様が教えてくれた秘伝・生漬け製法
いつも買っていただくおばあさん宅に配達に行った際、お茶うけにタケノコの煮物を出してくれました。パクッと一口いただくと…、驚きでした。初めての食感だったのです。『チョ~おいしい!!』と目をシバシバさせました。生のまま漬けこんだことを知り、さらにびっくり。おばあさんは快く沢山のヒントを教えてくれました。
以後、試行錯誤をつづけ当社オリジナルの生漬け製法ができあがりました。採れたての新鮮さをギュッと閉じ込め、風味や食感が自慢です。タケノコは地元産の柔らかいマダケやハチクを使用しています。

あらゆる料理で主役級の活躍
当社の『塩蔵・矢祭たけの子』は、たっぷりのお湯を鍋に沸かし、塩を洗い流したタケノコを入れ、15分ほどグツグツと煮るのが塩抜きする際のポイントです。その後ザルにあけ、再びたっぷりの水に入れて塩を抜きます。2~3度水を換えます。およそ一晩おくとバッチリです。塩が抜けたら、鶏肉・ふき・こんにゃくなどと煮物にしたり、サラダや春巻きの具や炒め物など、あらゆる料理にお使いいただけます。主役級の活躍をすること間違いなしです。
生産国 日本
製造者 株式会社 山のごちそう本舗
福島県東白川郡矢祭町大字茗荷字歯朶平67-1




商品画像1
塩蔵・矢祭たけの子
価格1,080円(税込)
商品画像1
塩蔵・矢祭きゅうり
価格648円(税込)
商品画像1
塩蔵・矢祭ふき
価格1,080円(税込)
商品画像1
純和風まるっぽ唐辛子
価格864円(税込)
商品画像1
ゆず大根
価格648円(税込)
商品画像1
酢たまねぎ
価格648円(税込)