現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは

讃岐うどんのこだわり

讃岐うどん うどん本陣山田家:讃岐うどんの老舗です。どうぞお立ち寄り下さい
目的から選ぶ
おすすめ商品
おためし商品
ご自宅用商品
贈答用商品
商品別で選ぶ
純生讃岐うどん
冷凍讃岐うどん
特製うどんすきセット
オリジナル商品
価格別で選ぶ
〜1,000円台
2,000円台
3,000円台
4,000円台
5,000円台以上
ポイントアップ セールのご案内 お得な情報満載! メルマガ登録はこちら
営業日カレンダー
2017年9月
27 28 29 30 31 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4
休業日
配送休業日
配送のみ
東京スカイツリータウン・ソラマチ うどん本陣山田家 東京ソラマチ店
ランキング
讃岐うどんの調理法
お問い合わせはこちら
携帯からでもお買い物をお楽しみいただけます。

讃岐うどんのこだわり

素材へのこだわり

小麦

山田家の全商品に使われている小麦粉は、製粉メーカーにより山田家専用に作られた小麦粉を使用しております。
また、20年以上に渡る毎日の研究・開発により、季節・天候によって水加減、塩加減、熟成時間を微調整するのはもちろんのこと、小麦粉の配合も季節によって微調整しています。
製粉メーカーと山田家が一体となって日夜研究を続けているから美味しいうどんができるのです。

専用の特製小麦粉

素材

自社生産される特製だしに使われる原料は高知土佐の黒潮で育ったかつお節、観音寺沖で採れた瀬戸内海伊吹島産のいりこ煮干、北海道利尻産の高級昆布などを中心に配合しています。 また素材に対するこだわりは、季節によって配合を変えるなど産地だけではなく職人の手によって日夜研究を続けております。

水

弘法大師「空海」がその水の清らかさに寺を建立した四国遍路八十五番札所「八栗寺」。その霊山「五剣山」の名水を使用しています。
さらに念入りにイオン交換と特殊フィルターにより不純物を除去。山田家のすべての商品は"麺"と"体"に優しい水を使用しております。

合成保存料無添加

山田家の製品には合成保存料は使われておりません。そして乾麺ではありません。ですから、「純生うどん」の賞味期限は約1ヶ月と短いのです。(他社製の半生・乾麺のうどんは約3ヶ月から1年です)

純生うどんへのこだわり

純生うどん

合成保存料を使うと賞味期限は長くなりますが、おおよそ乾麺での賞味期限は1年以上、半生麺で約3ヶ月位。当店の「純生うどん」は製造日よりたった1ヶ月の賞味期限です。
短い賞味期限1ヶ月の賞味期限だからこそ作り置きは出来ません。
そして麺自体の含水率が高いために、普通のうどんよりも痛みやすくなります。本当に細心の注意と、技術がなければ製造できないのです。

茹でたての本場讃岐うどん

うまさの秘密

山田家の「純生うどん」という言葉に「?」と思われた方も多いと思います。麺類は乾燥させる(含水率を減らす)と小麦本来の甘みや、のどごしがどんどん無くなります。 味を取るのか、生産性を取るのか…。山田家は「純生うどん」という製法を採用しました。

冷凍うどんへのこだわり

冷凍うどんとは

よく「冷凍?」という言葉を耳にします。しかし、冷凍うどんをあなどってはいけません。「味が落ちる」と思われがちですがそうではありません。つくりたての味、小麦の甘みやツルツルのうどんをそのまま瞬間冷凍してあります。

茹でたうどんは瞬間冷凍します。

うまさの秘密

山田家の冷凍うどんは一度食べるとやみつきになること、間違いありません。多くの雑誌や番組で「お取り寄せ特集」で取り上げられるのはその為です。

それは、使われている小麦粉が違うから…独自の最新鋭の急速冷凍設備があるから…蓄積されたノウハウが違うから…それだけではありません。本当の「うどん職人」が作っているからです。厳選された原料も必要です。機械化された設備も必要だと思います。しかし、最後にはやはり熟年の職人の技術と勘が味を左右します。

包装作業風景

“純生”か、“冷凍”か。

「“純生うどん”と“冷凍うどん”どっちがおすすめ?」 よく問い合わせがあります。味の甲乙はつけれません。

“純生うどん”は手渡しで配られる時、冠婚葬祭や、多様な贈り物として非常に便利だと思います。生うどんの豊かな風味と、茹で加減などを調節し調理する楽しさもあります。

“冷凍うどん”は気軽に美味しく御家庭で調理することができますので、大変喜ばれます。しかし再凍結すると味が落ちますので、手で配られるのには向いていません。直接冷凍便でお届けするのがおすすめです。




 お気に入りページに追加