現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは

投票受付中!11/30(木)9:59まで このショップに投票する
漆器のお手入れについて【宮内庁御用達 漆器 山田平安堂】


「お手入れが難しそう」といった声を聞きますが、漆器はほかの食器同様『 スポンジ 』と『 洗剤 』でお手入れができる器です。陶磁器・ガラス器とは違い、割れることはほとんどございませんので、ぜひ気軽に、身近にお使いください。こちらでは、漆器のお手入れ方法をご案内いたします。
【●スポンジ】なるべく柔らかい面をお使いください。 ※固い面もお使いいただけますが、擦り傷の原因となる場合があります。【●お湯】ぬるま湯程度の使用は問題ございません。 ※熱湯を急激に使った場合には、漆が変色する可能性があります。 【●洗剤】食器用の中性洗剤をお使いいただけます。 ※擦り傷の原因となりますので、研磨剤入りの洗剤は避けてください。 【●つけ置き】10分ほど水につけるだけで汚れが落ちやすくなります。 ※剥がれ・変形の恐れがあるため、長時間のつけ置きは避けてください。 【乾拭き】漆の光沢を保つためおすすめです。 ※自然乾燥はせず、水切り後は柔らかい布で水気をお取りください。 【×食器洗浄器・乾燥機】急激な気温の変化に弱いため、漆の劣化が早くなります。
【漆器の保管方法】普段使いの漆器:〓「直射日光」の当たらない場所で保管ください。紫外線に弱いため、変色のもとになります。 〓なるべく、漆器同士で重ねてご収納ください。 ざらざらした質感の陶磁器を重ねると、擦り傷が出来てしまいますのでご注意ください。やむを得ず漆器と陶磁器を重ねる時は、間にティッシュペーパーなどを挟むと効果的です。
長期保管する場合:〓直射日光の当たらない場所で保管ください。紫外線に弱いため、変色のもとになります。 〓破損を防ぐため、箱にお仕舞い下さい。 柔らかい布で包んで仕舞うと、より効果的です。 〓暖房・冷房が直接当たるなど、著しい乾燥・湿気は避けてください。 〓水気を切ってからお仕舞い下さい。水分が残っていると、カビの原因になります。



 お気に入りページに追加