ヘルプ / 不適切な商品を報告

現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは


ワインブティックヴァンヴァン

ワインブティックヴァンヴァン店主 ソムリエ麦ちゃんこと麦島泰彦
(日本ソムリエ協会認定 シニアソムリエ&ワインアドバイザー)


カテゴリトップ > 南アフリカワイン
カテゴリトップ > 南アフリカワイン > 赤ワイン
カテゴリトップ > 南アフリカワイン > 赤ワイン > ブレンド
カテゴリトップ > 税別3,000円〜5,000円 > 赤ワイン

モーゲンスター ローレンス・リヴァー・ヴァレー
2004
モーゲンスター・エステート

南アフリカでは希少なバックヴィンテージ。
当店だけの限定販売!
ワイナリーで完璧な状態で保管され
熟成を重ね、飲み頃を迎えた逸品!
このワインの取扱いは、当店だけです。
(麦ちゃんが、南アフリカ訪問時に気に入り、取り扱いを決めました)

麦ちゃん評価:4.2点


モーゲンスター・エステート Morgenster Estate

このワイナリーは、1708年までステレンボッシュ地区のサマーセットウエストと呼ばれる場所にあり、隣接するフィルハーレンと同じ所有者(ファン・デステル)の土地でした。その年に4分割され、フランス人宣教師であったジャック・マランの手に渡り、代々後世に受け継がれ、1993年に現在のオーナーであるジュリオ・ペルトランドによって生まれ変わりました。彼が、最初にリリースしたヴィンテージは1998年でした。このワイナリーを象徴とするケープダッチ様式の建物は、300年もの間修繕を繰り返し維持されてきました。大西洋から5キロと近いこともあり、冷涼な風の恵みをうけて伝統的な黒ブドウ(カベルネ・フラン、カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロ、プティヴェルド)の栽培を行っており、近年ネッビオーロの栽培も始め、クラシカルなワイン造りに余念がありません。

商品画像



【南アフリカ】【赤ワイン】モルゲンスターローレンス・リヴァー・ヴァレー2004[フルボディー]


南アフリカでは希少なバックヴィンテージ
人気のため再入荷決定!
ワイナリーで完璧な状態で保管され熟成を重ね、飲み頃を迎えた逸品!
【南アフリカワイン】【赤ワイン】
モーゲンスター ローレンス・リヴァー・ヴァレー 2004
[フルボディー]
ヴァンヴァン独占販売!他では入手出来ないバックヴィンテージ


ワインブティックヴァンヴァン  mongensutarosensu
価格
4,054円 (税込)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で 対象エリア外へのご注文は、毎日 15:00までのご注文で翌日の配達となります (あす楽)
※楽天カードで決済する場合は、楽天スーパーポイントで5%分還元されます。他社カードで決済する場合は、還元の有無を各カード会社にお問い合わせください。
売り切れました

お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
■タイプ 赤 (Red Wine)
■ボディー
■産地 南アフリカ  W.O.ステレンボッシュ (South Africa)
■ぶどう品種 メルロ55% カベルネ・ソーヴィニョン40% カベルネ・フラン5%(Blend)
■生産者 モーゲンスター・エステート
■熟成・醸造 100%フレンチオーク樽で13ヶ月熟成(新樽40%、2年樽30%、3年樽30%)
■アルコール度数 14.5%


麦ちゃんテイスティングコメント (2016年2月23日試飲)

カシス、ブラックべりーなどを思わせ黒い果実の香り、ミルキーな風味、チョコレート、カカオの風味、ヴァニラ香、ナッティーな風味、ブラックペッパーなどのスパイス香、木質香、燻し香など複雜に豊かに香ります。口の中に凝縮感ある濃いけれど落ち着いた印象の柔らかい果実味が広がります。アルコールを強めに感じ、ボリュームがあり、酸は比較的穏やかに感じますので口当たりスムーズな印象で、非常に膨らみのある味わいです。タンニンは強めで、苦味と収縮感を感じますが、熟成により丸みを帯び、あくまでもシルキーで柔らかい印象です。余韻は長く、果実の旨味が口中にいつもでも残ると共に、やや強めな苦味の要素が現れます。特に素晴らしいのは豊潤で複雑な香りです。口に含んでもその印象は残り、長い余韻へと続きます。やや強めに苦味の要素を感じるものの、熟成により丸みを帯び口当たりスムーズでまさに飲み頃を迎えたボルドースタイルの逸品と言えます。

麦ちゃん評価 4.2点  ※麦ちゃん評価とは?



南アフリカのワインの凄さの要因

穏やかな地中海性気候の下、ブドウ栽培に最適な気候に恵まれた南アフリカ・ケープタウン周辺では、350年も前から伝統的に高品質なワインを造り続けてきました。
歴史的には、カリフォルニアやオーストラリアなどの国々より100年以上も早いのです。
しかし高品質なワインが造られるようになったのは1990年代前半にアパルトヘイトが終わってからとなります。アパルトヘイトが終わり、国際市場の中で自由に貿易ができるようになった南アフリカワインは、約600のワイナリーが存在し、数多くの高品質なワインを生産しています。
最近では国際的なワイン大会で数多くの賞を受賞し、世界中のワイン専門家達にも絶賛されている最も注目されている国の一つです。
また、ブドウ畑の景色の美しさは世界一と言われ、訪れる人を魅了しています。

南アフリカ・ケープタウン周辺では、あまり農薬を使用しなくても良いほど、ブドウ栽培に最適な気候に恵まれています。それは、豊かな太陽の恵みと、強い風が様々な病気や害虫を寄せつけないからです。収穫時期( 2月〜3月)には、ほとんど全く雨が降りません。一般的には、防カビ剤を必要な時に散布する程度で、防虫剤や除草剤などを使用しないワイナリーが多いのです。
具体的には、例えば、防虫剤を使用せずに、畑にアヒルやホロホロ鳥を放し飼いにしていたり、化学肥料の代わりに鶏糞や有機肥料を使用しています。また、除草剤の代わりにブドウ畑に麦を植えて雑草が生えないようにしているなど、環境に配慮した栽培を行っています。そして収穫は丁寧に手摘みされています。
また、政府による厳しい環境基準(IPW:環境に優しいワイン生産プログラムのガイドライン)が設けられており(世界でも最も厳しい基準の国の一つで、欧米やオーストラリアなどの国々が見学に訪れています)、減農薬・酸化防止剤微量使用、リサイクルの徹底など、環境的にも人体的にも健康的なワイン造りが行なわれています。
酸化防止剤の使用量の許可基準については、ドイツ( 300mg/L以下)やフランス(350〜 400mg/L以下)などのヨーロッパの国々に比べても使用制限量が一番低く設定されています (南アフリカでは250mg/L以下)。保存料(ソルビン酸)なども使用されていません。
収穫量も大抵のワイナリーは平均5〜8トン/ヘクタール前後で生産量を抑えながら、むしろより良質なブドウを栽培することに努めています。このように南アフリカでは、生産者ができる限りの自然な方法で丁寧にブドウを栽培しています。



この商品を購入された方のレビュー すべてのレビューを見る(4件)
このショップのレビューを見る
総合評価4.25

Superior Thingsさん 50代/男性

評価3.00

投稿日:2017年10月07日

確かに熟成したものです。但し、樽香が強すぎて、以外の美味が伝わってこないのが残念でした。 

使い道 趣味 使う人 自分用 購入回数 はじめて 

Sleepyhead5115さん 50代/女性

評価4.00

投稿日:2017年02月25日

風格のあるボトル、プレゼントに差し上げた方がとっても喜んでらっしゃいました。お味も美味しいとのこと。今度は自分でいただきます❣ 

teteenbasさん 50代/男性

評価5.00

投稿日:2016年12月25日

 やはり美味しくいただきました。

もう会えないと思った女の子に再会できたようなうれしさでした。麦ちゃんありがとうございます。まとめ買いはできないので今回も大切にいただきます。飲まないと意味無いので、心が求めてやまない時にボトルを開けます。一期一会でしょうか? 

使い道 実用品・普段使い 使う人 自分用 購入回数 リピート 








「未成年者の飲酒は法律で禁止されています。未成年者の方への酒類の販売はお断りいたします。」

当サイト内のあらゆる画像や文章をなどの情報を無断複製、無断転載を禁じます。
Copyright(C) vinvin All Rights Reserved.

買い物かごに追加できませんでした

入力内容をご確認ください。

OK