ヘルプ / 不適切な商品を報告

現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは



 

水浸時間一晩(約8時間)
水は豆の約3倍の量で浸す。
ゆで時間約1時間
軟らかくなったら味付けをして下さい。
煮豆・スープ・サラダ等に最適です。

大福豆


大福インゲン豆
和名:イングンマメ、サイトウ
高名:隠元豆、菜豆
英名:kidney bean,haricot bean,common bean,bean
性状:蔓無しまたは蔓性の1年生草本。蔓性は1.5〜3m、蔓無しぱ30〜50cmになります。
花は白、談紫または赤紫の蝶形で、花札がコイル状に3回程度回転しています。
莢の長さは10〜20cmで、5〜7粒の種子を含みます。
種子の長さは5〜20mmで10mm強が多く、種皮色ぱ多様で、白、黄、茶、褐、黒の他に様々な斑紋種があります。
非常に種類が多く、日本では種皮の色、子実の大きさにより、さらに、金時豆、手亡うずらまめ、虎豆、大福豆に分かれます。

いんげんまめは「べにばないんげん」などとともに、イングン属に属し、双方を合わせて単に「いんげん」と総称される場合もあります。
また、いんげんまめは「菜豆」とも呼ばれます。
非常に種類が多く、「金時豆」、「手亡」、「うずらまめ」、「虎豆」、「大福豆」などがこれに合まれます。
いんげんまめは諸外国では最も日常的に食されている豆の一つで、その種類は多様です。
原産地は中南米ですが、渡来は17世紀の中頃、中国から隠元禅師によってもたらされ、
禅師の名にちなんで「隠元豆」と呼ばれるようになったと伝えられています。 
しかし、実はそれは「ふじ豆」という別の種類の豆であったとの説もあります。
本格的な栽培は北海道の開拓が始まる明治時代になってからで、アメリカ産の種子が輸入され、栽培が始まりました。
現在、北海道がいんげんまめの主産地で、国内生産の大部分を占めています。
特徴は種皮の色の多様性いんげんまめは種皮の色の多様性に大きな特徴があります。
まず、豆全体が真っ白な白色系と豆に色の付いている着色系とに大別されます。
白色系は「白いんげん」と呼ばれ、代表として「手亡」「大福豆」「白金時豆」などがあります。
着色系には単色と斑紋入りがあり、単色の代表は「金時豆」で、
へその部分を除いて全体が鮮やかな赤紫色をしています。
斑紋入りは、さらに首班種と偏斑種とに分かれ、首班種には「うずらまめ」、偏斑種には「虎豆」があります。

大福豆は種皮だけでなく、へその部分までが真っ白な腎臓形の美しい豆です。
牛六豆と呼ばれることもあります。
大福豆と一口にいっても、「大福」、「洞爺大福」などの品種があり、高緑葉豆として知られます。
食味が良く、白色という特徴を活かして甘納豆、煮豆、和菓子などの原料及び家庭用として使われます。
とりわけ甘納豆の需要が多く、全体の4割位を占めます。
家庭用としては正月の豆きんとんなどに使われ、この食習慣は九州、中京、関西地方で根強いものがあります。
生産は北海道を中心につくられています。
なかでも胆振地方で最も多く生産され、全体の50%以上生産されています。
次に北見地方が多くこの2つの地域で全国の栽培面積のほとんどを占めます。

ホワイトビーンズより柔らかく、甘みを持ち
サラダ・スープ・カレー等色々な料理に合う品種の豆です。


大福豆花
大福豆のミネストローネ
材料
大福豆150g
ベーコン(かたまり)60g
玉ねぎ1/2個(150g)
人参100 g
ズッキーニ1/2本
セロリ小1本(60g)
トマト水煮1缶(450 g)
スープ3カップ(水十スープの素1個)
ローリエ1枚
パセリ1枝
少々
こしよう少々
オリーブ油大さじ2
バジル少々

【1】大福豆は洗って6カップの水を入れ中火にかけます。
【2】蓋をしないで3〜4分煮立て、浮いている豆が沈むくらいまで、水を1カップ庄ぎます。
【3】再び煮立ってきたら、アクをすくいます。
アクがとれたら弱火にして蓋をし、40〜60分煮ます(途中タイマーを20分くらいずつかける)。
豆が湯から出ていないように注意し、足りない時は1/2〜1カップ差し水をしてやや柔らかく煮ます。
【4】ベーコンぱ1cmくらいに切り、熱湯でさっと茄でこぼして余分な脂と臭味をとります。
【5】玉ねぎはみじん切り、人参は皮をむき、セロリは筋をひいて、ズッキーニと共にそれぞれ1cm大に切ります。
【6】厚手の鎖にオリーブ油を然して、ベーコン、玉ねぎをよく(3〜4分)炒めます。
スープとトマトの水煮缶を汁ごと入れて煮立てます。
残りの野菜も加えて煮立て、アクをすくいとり、ローリエ、パセリも入れて中火で5〜6分煮て、
大福豆を加え、弱火にして10分くらい煮て味を調え、バジルなどを振り、仕上げます。
大福豆のまめきんとん
材料
大福豆300g
A砂糖1/2カップ(約55g)+水1カップ+塩少々
B砂糖2/3〜1カップ(75〜110g)+塩少々

【1】大福豆は洗って、6倍の水を庄いで中火にかけ煮立て、4〜5分煮ます。
【2】1カップの差し水をして、アクをすくいとり、弱火にして蓋をし、50〜60分煮ます。
【3】Aを小鍋に入れて、2〜3分煮立てた中に、柔らかく煮えた豆を1/4量すくいだし、Aの中に30分くらい浸します。
【4】残った豆の煮汁を軽く切ってBを入れ、やや強火で木杓子でまぜながら、餡のように煮上げて、
【3】の豆を

2014年度産大福インゲン豆(白インゲン豆)【1kg】【配送方法宅急便コンパクト選択時一配送1個までご対応】(大変申し訳ございませんがメール便非対応商品の為メール便でのご注文時宅配便料金に訂正させていただきます。)


2020年度産 北海道産 大福豆【1kg】(白インゲン豆)

商品番号  sa0002b
価格2,484円 (税込) 送料別
送料660円
当日〜4日出荷予定(水曜定休)
残りあと13個です
個数 
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
この商品の配送方法
  • 宅配便
※「あす楽」がご利用可能な配送方法は宅配便です。
翌日配達
12:00までの注文で最短翌日お届け
利用条件
水曜日定休日
対象の配送方法
宅配便
対象エリア(離島等、一部例外地域もございます)
関東
栃木
内容量:1000g
原産国:日本北海道北見道南産
原材料:大福インゲン豆
形態:袋入り
賞味期限:300日
保存方法:直射日光・高温多湿を避け、冷暗所にて密閉保存下さい。
開封後はどうぞお早めにご使用下さい。
水浸時間一晩(約8時間)
水は豆の約3倍の量で浸す。
ゆで時間約1時間
軟らかくなったら味付けをして下さい。
煮豆・スープ・サラダ等に最適です。

和名:イングンマメ、サイトウ
高名:隠元豆、菜豆
英名:kidney bean,haricot bean,common bean,bean
性状:蔓無しまたは蔓性の1年生草本。蔓性は1.5〜3m、蔓無しぱ30〜50cmになります。
花は白、談紫または赤紫の蝶形で、花札がコイル状に3回程度回転しています。
莢の長さは10〜20cmで、5〜7粒の種子を含みます。
種子の長さは5〜20mmで10mm強が多く、種皮色ぱ多様で、白、黄、茶、褐、黒の他に様々な斑紋種があります。
非常に種類が多く、日本では種皮の色、子実の大きさにより、さらに、金時豆、手亡うずらまめ、虎豆、大福豆に分かれます。

いんげんまめは「べにばないんげん」などとともに、イングン属に属し、双方を合わせて単に「いんげん」と総称される場合もあります。
また、いんげんまめは「菜豆」とも呼ばれます。
非常に種類が多く、「金時豆」、「手亡」、「うずらまめ」、「虎豆」、「大福豆」などがこれに合まれます。
いんげんまめは諸外国では最も日常的に食されている豆の一つで、その種類は多様です。
原産地は中南米ですが、渡来は17世紀の中頃、中国から隠元禅師によってもたらされ、
禅師の名にちなんで「隠元豆」と呼ばれるようになったと伝えられています。 
しかし、実はそれは「ふじ豆」という別の種類の豆であったとの説もあります。
本格的な栽培は北海道の開拓が始まる明治時代になってからで、アメリカ産の種子が輸入され、栽培が始まりました。
現在、北海道がいんげんまめの主産地で、国内生産の大部分を占めています。
特徴は種皮の色の多様性いんげんまめは種皮の色の多様性に大きな特徴があります。
まず、豆全体が真っ白な白色系と豆に色の付いている着色系とに大別されます。
白色系は「白いんげん」と呼ばれ、代表として「手亡」「大福豆」「白金時豆」などがあります。
着色系には単色と斑紋入りがあり、単色の代表は「金時豆」で、
へその部分を除いて全体が鮮やかな赤紫色をしています。
斑紋入りは、さらに首班種と偏斑種とに分かれ、首班種には「うずらまめ」、偏斑種には「虎豆」があります。

大福豆は種皮だけでなく、へその部分までが真っ白な腎臓形の美しい豆です。
牛六豆と呼ばれることもあります。
大福豆と一口にいっても、「大福」、「洞爺大福」などの品種があり、高緑葉豆として知られます。
食味が良く、白色という特徴を活かして甘納豆、煮豆、和菓子などの原料及び家庭用として使われます。
とりわけ甘納豆の需要が多く、全体の4割位を占めます。
家庭用としては正月の豆きんとんなどに使われ、この食習慣は九州、中京、関西地方で根強いものがあります。
生産は北海道を中心につくられています。
なかでも胆振地方で最も多く生産され、全体の50%以上生産されています。
次に北見地方が多くこの2つの地域で全国の栽培面積のほとんどを占めます。

ホワイトビーンズより柔らかく、甘みを持ち
サラダ・スープ・カレー等色々な料理に合う品種の豆です。


大福豆花
大福豆のミネストローネ
材料
大福豆 150g
ベーコン(かたまり) 60g
玉ねぎ 1/2個(150g)
人参 100 g
ズッキーニ 1/2本
セロリ 小1本(60g)
トマト水煮 1缶(450 g)
スープ 3カップ(水十スープの素1個)
ローリエ 1枚
パセリ 1枝
少々
こしよう 少々
オリーブ油 大さじ2
バジル 少々

【1】大福豆は洗って6カップの水を入れ中火にかけます。
【2】蓋をしないで3〜4分煮立て、浮いている豆が沈むくらいまで、水を1カップ庄ぎます。
【3】再び煮立ってきたら、アクをすくいます。
アクがとれたら弱火にして蓋をし、40〜60分煮ます(途中タイマーを20分くらいずつかける)。
豆が湯から出ていないように注意し、足りない時は1/2〜1カップ差し水をしてやや柔らかく煮ます。
【4】ベーコンぱ1cmくらいに切り、熱湯でさっと茄でこぼして余分な脂と臭味をとります。
【5】玉ねぎはみじん切り、人参は皮をむき、セロリは筋をひいて、ズッキーニと共にそれぞれ1cm大に切ります。
【6】厚手の鎖にオリーブ油を然して、ベーコン、玉ねぎをよく(3〜4分)炒めます。
スープとトマトの水煮缶を汁ごと入れて煮立てます。
残りの野菜も加えて煮立て、アクをすくいとり、ローリエ、パセリも入れて中火で5〜6分煮て、
大福豆を加え、弱火にして10分くらい煮て味を調え、バジルなどを振り、仕上げます。
大福豆のまめきんとん
材料
大福豆 300g
A 砂糖1/2カップ(約55g)+水1カップ+塩少々
B 砂糖2/3〜1カップ(75〜110g)+塩少々

【1】大福豆は洗って、6倍の水を庄いで中火にかけ煮立て、4〜5分煮ます。
【2】1カップの差し水をして、アクをすくいとり、弱火にして蓋をし、50〜60分煮ます。
【3】Aを小鍋に入れて、2〜3分煮立てた中に、柔らかく煮えた豆を1/4量すくいだし、Aの中に30分くらい浸します。
【4】残った豆の煮汁を軽く切ってBを入れ、やや強火で木杓子でまぜながら、餡のように煮上げて、
【3】の豆をすくい、汁けを軽く切って混ぜて仕上げます。
*きんとんや黒豆は多めに作っても保存がききます。




2014年度産大福インゲン豆(白インゲン豆)【1kg】【配送方法宅急便コンパクト選択時一配送1個までご対応】(大変申し訳ございませんがメール便非対応商品の為メール便でのご注文時宅配便料金に訂正させていただきます。)


2020年度産 北海道産 大福豆【30kg】(白インゲン豆)業務用 卸 出荷まで5日ほどかかります 沖縄離島配送不可

商品番号  sa0002b-R
価格55,674円 (税込) 送料無料
当日〜4日出荷予定(水曜定休)
残りあと2個です
個数 
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
この商品の配送方法
  • 宅配便
原産国:日本北海道北見道南産
原材料:大福インゲン豆
形態:袋入り
賞味期限:300日
保存方法:直射日光・高温多湿を避け、冷暗所にて密閉保存下さい。
開封後はどうぞお早めにご使用下さい。
水浸時間一晩(約8時間)
水は豆の約3倍の量で浸す。
ゆで時間約1時間
軟らかくなったら味付けをして下さい。
煮豆・スープ・サラダ等に最適です。

和名:イングンマメ、サイトウ
高名:隠元豆、菜豆
英名:kidney bean,haricot bean,common bean,bean
性状:蔓無しまたは蔓性の1年生草本。蔓性は1.5〜3m、蔓無しぱ30〜50cmになります。
花は白、談紫または赤紫の蝶形で、花札がコイル状に3回程度回転しています。
莢の長さは10〜20cmで、5〜7粒の種子を含みます。
種子の長さは5〜20mmで10mm強が多く、種皮色ぱ多様で、白、黄、茶、褐、黒の他に様々な斑紋種があります。
非常に種類が多く、日本では種皮の色、子実の大きさにより、さらに、金時豆、手亡うずらまめ、虎豆、大福豆に分かれます。

いんげんまめは「べにばないんげん」などとともに、イングン属に属し、双方を合わせて単に「いんげん」と総称される場合もあります。
また、いんげんまめは「菜豆」とも呼ばれます。
非常に種類が多く、「金時豆」、「手亡」、「うずらまめ」、「虎豆」、「大福豆」などがこれに合まれます。
いんげんまめは諸外国では最も日常的に食されている豆の一つで、その種類は多様です。
原産地は中南米ですが、渡来は17世紀の中頃、中国から隠元禅師によってもたらされ、
禅師の名にちなんで「隠元豆」と呼ばれるようになったと伝えられています。 
しかし、実はそれは「ふじ豆」という別の種類の豆であったとの説もあります。
本格的な栽培は北海道の開拓が始まる明治時代になってからで、アメリカ産の種子が輸入され、栽培が始まりました。
現在、北海道がいんげんまめの主産地で、国内生産の大部分を占めています。
特徴は種皮の色の多様性いんげんまめは種皮の色の多様性に大きな特徴があります。
まず、豆全体が真っ白な白色系と豆に色の付いている着色系とに大別されます。
白色系は「白いんげん」と呼ばれ、代表として「手亡」「大福豆」「白金時豆」などがあります。
着色系には単色と斑紋入りがあり、単色の代表は「金時豆」で、
へその部分を除いて全体が鮮やかな赤紫色をしています。
斑紋入りは、さらに首班種と偏斑種とに分かれ、首班種には「うずらまめ」、偏斑種には「虎豆」があります。

大福豆は種皮だけでなく、へその部分までが真っ白な腎臓形の美しい豆です。
牛六豆と呼ばれることもあります。
大福豆と一口にいっても、「大福」、「洞爺大福」などの品種があり、高緑葉豆として知られます。
食味が良く、白色という特徴を活かして甘納豆、煮豆、和菓子などの原料及び家庭用として使われます。
とりわけ甘納豆の需要が多く、全体の4割位を占めます。
家庭用としては正月の豆きんとんなどに使われ、この食習慣は九州、中京、関西地方で根強いものがあります。
生産は北海道を中心につくられています。
なかでも胆振地方で最も多く生産され、全体の50%以上生産されています。
次に北見地方が多くこの2つの地域で全国の栽培面積のほとんどを占めます。

ホワイトビーンズより柔らかく、甘みを持ち
サラダ・スープ・カレー等色々な料理に合う品種の豆です。


大福豆花
大福豆のミネストローネ
材料
大福豆 150g
ベーコン(かたまり) 60g
玉ねぎ 1/2個(150g)
人参 100 g
ズッキーニ 1/2本
セロリ 小1本(60g)
トマト水煮 1缶(450 g)
スープ 3カップ(水十スープの素1個)
ローリエ 1枚
パセリ 1枝
少々
こしよう 少々
オリーブ油 大さじ2
バジル 少々

【1】大福豆は洗って6カップの水を入れ中火にかけます。
【2】蓋をしないで3〜4分煮立て、浮いている豆が沈むくらいまで、水を1カップ庄ぎます。
【3】再び煮立ってきたら、アクをすくいます。
アクがとれたら弱火にして蓋をし、40〜60分煮ます(途中タイマーを20分くらいずつかける)。
豆が湯から出ていないように注意し、足りない時は1/2〜1カップ差し水をしてやや柔らかく煮ます。
【4】ベーコンぱ1cmくらいに切り、熱湯でさっと茄でこぼして余分な脂と臭味をとります。
【5】玉ねぎはみじん切り、人参は皮をむき、セロリは筋をひいて、ズッキーニと共にそれぞれ1cm大に切ります。
【6】厚手の鎖にオリーブ油を然して、ベーコン、玉ねぎをよく(3〜4分)炒めます。
スープとトマトの水煮缶を汁ごと入れて煮立てます。
残りの野菜も加えて煮立て、アクをすくいとり、ローリエ、パセリも入れて中火で5〜6分煮て、
大福豆を加え、弱火にして10分くらい煮て味を調え、バジルなどを振り、仕上げます。
大福豆のまめきんとん
材料
大福豆 300g
A 砂糖1/2カップ(約55g)+水1カップ+塩少々
B 砂糖2/3〜1カップ(75〜110g)+塩少々

【1】大福豆は洗って、6倍の水を庄いで中火にかけ煮立て、4〜5分煮ます。
【2】1カップの差し水をして、アクをすくいとり、弱火にして蓋をし、50〜60分煮ます。
【3】Aを小鍋に入れて、2〜3分煮立てた中に、柔らかく煮えた豆を1/4量すくいだし、Aの中に30分くらい浸します。
【4】残った豆の煮汁を軽く切ってBを入れ、やや強火で木杓子でまぜながら、餡のように煮上げて、
【3】の豆をすくい、汁けを軽く切って混ぜて仕上げます。
*きんとんや黒豆は多めに作っても保存がききます。




2017年度産大福豆【500g】(白インゲン豆)【配送方法メール便選択時一配送商品1個まで対応ご対応】


キルギス産 白いんげん豆【500g】(白インゲン豆)【配送方法メール便選択時一配送商品1個まで対応ご対応】大福豆

商品番号  sa0001b-001
価格540円 (税込) 送料別
送料200円
当日〜4日出荷予定(水曜定休)
残りあと15個です
個数 
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
この商品の配送方法
  • 宅配便
  • メール便
内容量:500g
原産国:キルギス
原材料:インゲン豆
形態:袋入り
賞味期限:300日
保存方法:直射日光・高温多湿を避け、冷暗所にて密閉保存下さい。
開封後はどうぞお早めにご使用下さい。
水浸時間一晩(約8時間)
水は豆の約3倍の量で浸す。
ゆで時間約1時間
軟らかくなったら味付けをして下さい。
煮豆・スープ・サラダ等に最適です。

和名:イングンマメ、サイトウ
高名:隠元豆、菜豆
英名:kidney bean,haricot bean,common bean,bean
性状:蔓無しまたは蔓性の1年生草本。蔓性は1.5〜3m、蔓無しぱ30〜50cmになります。
花は白、談紫または赤紫の蝶形で、花札がコイル状に3回程度回転しています。
莢の長さは10〜20cmで、5〜7粒の種子を含みます。
種子の長さは5〜20mmで10mm強が多く、種皮色ぱ多様で、白、黄、茶、褐、黒の他に様々な斑紋種があります。
非常に種類が多く、日本では種皮の色、子実の大きさにより、さらに、金時豆、手亡うずらまめ、虎豆、大福豆に分かれます。

いんげんまめは「べにばないんげん」などとともに、イングン属に属し、双方を合わせて単に「いんげん」と総称される場合もあります。
また、いんげんまめは「菜豆」とも呼ばれます。
非常に種類が多く、「金時豆」、「手亡」、「うずらまめ」、「虎豆」、「大福豆」などがこれに合まれます。
いんげんまめは諸外国では最も日常的に食されている豆の一つで、その種類は多様です。
原産地は中南米ですが、渡来は17世紀の中頃、中国から隠元禅師によってもたらされ、
禅師の名にちなんで「隠元豆」と呼ばれるようになったと伝えられています。 
しかし、実はそれは「ふじ豆」という別の種類の豆であったとの説もあります。
本格的な栽培は北海道の開拓が始まる明治時代になってからで、アメリカ産の種子が輸入され、栽培が始まりました。
現在、北海道がいんげんまめの主産地で、国内生産の大部分を占めています。
特徴は種皮の色の多様性いんげんまめは種皮の色の多様性に大きな特徴があります。
まず、豆全体が真っ白な白色系と豆に色の付いている着色系とに大別されます。
白色系は「白いんげん」と呼ばれ、代表として「手亡」「大福豆」「白金時豆」などがあります。
着色系には単色と斑紋入りがあり、単色の代表は「金時豆」で、
へその部分を除いて全体が鮮やかな赤紫色をしています。
斑紋入りは、さらに首班種と偏斑種とに分かれ、首班種には「うずらまめ」、偏斑種には「虎豆」があります。

大福豆は種皮だけでなく、へその部分までが真っ白な腎臓形の美しい豆です。
牛六豆と呼ばれることもあります。
大福豆と一口にいっても、「大福」、「洞爺大福」などの品種があり、高緑葉豆として知られます。
食味が良く、白色という特徴を活かして甘納豆、煮豆、和菓子などの原料及び家庭用として使われます。
とりわけ甘納豆の需要が多く、全体の4割位を占めます。
家庭用としては正月の豆きんとんなどに使われ、この食習慣は九州、中京、関西地方で根強いものがあります。
生産は北海道を中心につくられています。
なかでも胆振地方で最も多く生産され、全体の50%以上生産されています。
次に北見地方が多くこの2つの地域で全国の栽培面積のほとんどを占めます。

ホワイトビーンズより柔らかく、甘みを持ち
サラダ・スープ・カレー等色々な料理に合う品種の豆です。


大福豆花
大福豆のミネストローネ
材料
大福豆 150g
ベーコン(かたまり) 60g
玉ねぎ 1/2個(150g)
人参 100 g
ズッキーニ 1/2本
セロリ 小1本(60g)
トマト水煮 1缶(450 g)
スープ 3カップ(水十スープの素1個)
ローリエ 1枚
パセリ 1枝
少々
こしよう 少々
オリーブ油 大さじ2
バジル 少々

【1】大福豆は洗って6カップの水を入れ中火にかけます。
【2】蓋をしないで3〜4分煮立て、浮いている豆が沈むくらいまで、水を1カップ庄ぎます。
【3】再び煮立ってきたら、アクをすくいます。
アクがとれたら弱火にして蓋をし、40〜60分煮ます(途中タイマーを20分くらいずつかける)。
豆が湯から出ていないように注意し、足りない時は1/2〜1カップ差し水をしてやや柔らかく煮ます。
【4】ベーコンぱ1cmくらいに切り、熱湯でさっと茄でこぼして余分な脂と臭味をとります。
【5】玉ねぎはみじん切り、人参は皮をむき、セロリは筋をひいて、ズッキーニと共にそれぞれ1cm大に切ります。
【6】厚手の鎖にオリーブ油を然して、ベーコン、玉ねぎをよく(3〜4分)炒めます。
スープとトマトの水煮缶を汁ごと入れて煮立てます。
残りの野菜も加えて煮立て、アクをすくいとり、ローリエ、パセリも入れて中火で5〜6分煮て、
大福豆を加え、弱火にして10分くらい煮て味を調え、バジルなどを振り、仕上げます。
大福豆のまめきんとん
材料
大福豆 300g
A 砂糖1/2カップ(約55g)+水1カップ+塩少々
B 砂糖2/3〜1カップ(75〜110g)+塩少々

【1】大福豆は洗って、6倍の水を庄いで中火にかけ煮立て、4〜5分煮ます。
【2】1カップの差し水をして、アクをすくいとり、弱火にして蓋をし、50〜60分煮ます。
【3】Aを小鍋に入れて、2〜3分煮立てた中に、柔らかく煮えた豆を1/4量すくいだし、Aの中に30分くらい浸します。
【4】残った豆の煮汁を軽く切ってBを入れ、やや強火で木杓子でまぜながら、餡のように煮上げて、
【3】の豆をすくい、汁けを軽く切って混ぜて仕上げます。
*きんとんや黒豆は多めに作っても保存がききます。




2017年度産大福豆【500g】(白インゲン豆)【配送方法メール便選択時一配送商品1個まで対応ご対応】


2020年度産 北海道産 大福豆【500g】(白インゲン豆)【配送方法メール便選択時一配送商品1個まで対応ご対応】

商品番号  sa0001b
価格1,350円 (税込) 送料別
送料200円
当日〜4日出荷予定(水曜定休)
残りあと30個です
個数 
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
この商品の配送方法
  • 宅配便
  • メール便
※「あす楽」がご利用可能な配送方法は宅配便です。
翌日配達
12:00までの注文で最短翌日お届け
利用条件
水曜日定休日
対象の配送方法
宅配便
対象エリア(離島等、一部例外地域もございます)
関東
栃木
内容量:500g
原産国:日本北海道北見道南産
原材料:大福インゲン豆
形態:袋入り
賞味期限:300日
保存方法:直射日光・高温多湿を避け、冷暗所にて密閉保存下さい。
開封後はどうぞお早めにご使用下さい。
水浸時間一晩(約8時間)
水は豆の約3倍の量で浸す。
ゆで時間約1時間
軟らかくなったら味付けをして下さい。
煮豆・スープ・サラダ等に最適です。

和名:イングンマメ、サイトウ
高名:隠元豆、菜豆
英名:kidney bean,haricot bean,common bean,bean
性状:蔓無しまたは蔓性の1年生草本。蔓性は1.5〜3m、蔓無しぱ30〜50cmになります。
花は白、談紫または赤紫の蝶形で、花札がコイル状に3回程度回転しています。
莢の長さは10〜20cmで、5〜7粒の種子を含みます。
種子の長さは5〜20mmで10mm強が多く、種皮色ぱ多様で、白、黄、茶、褐、黒の他に様々な斑紋種があります。
非常に種類が多く、日本では種皮の色、子実の大きさにより、さらに、金時豆、手亡うずらまめ、虎豆、大福豆に分かれます。

いんげんまめは「べにばないんげん」などとともに、イングン属に属し、双方を合わせて単に「いんげん」と総称される場合もあります。
また、いんげんまめは「菜豆」とも呼ばれます。
非常に種類が多く、「金時豆」、「手亡」、「うずらまめ」、「虎豆」、「大福豆」などがこれに合まれます。
いんげんまめは諸外国では最も日常的に食されている豆の一つで、その種類は多様です。
原産地は中南米ですが、渡来は17世紀の中頃、中国から隠元禅師によってもたらされ、
禅師の名にちなんで「隠元豆」と呼ばれるようになったと伝えられています。 
しかし、実はそれは「ふじ豆」という別の種類の豆であったとの説もあります。
本格的な栽培は北海道の開拓が始まる明治時代になってからで、アメリカ産の種子が輸入され、栽培が始まりました。
現在、北海道がいんげんまめの主産地で、国内生産の大部分を占めています。
特徴は種皮の色の多様性いんげんまめは種皮の色の多様性に大きな特徴があります。
まず、豆全体が真っ白な白色系と豆に色の付いている着色系とに大別されます。
白色系は「白いんげん」と呼ばれ、代表として「手亡」「大福豆」「白金時豆」などがあります。
着色系には単色と斑紋入りがあり、単色の代表は「金時豆」で、
へその部分を除いて全体が鮮やかな赤紫色をしています。
斑紋入りは、さらに首班種と偏斑種とに分かれ、首班種には「うずらまめ」、偏斑種には「虎豆」があります。

大福豆は種皮だけでなく、へその部分までが真っ白な腎臓形の美しい豆です。
牛六豆と呼ばれることもあります。
大福豆と一口にいっても、「大福」、「洞爺大福」などの品種があり、高緑葉豆として知られます。
食味が良く、白色という特徴を活かして甘納豆、煮豆、和菓子などの原料及び家庭用として使われます。
とりわけ甘納豆の需要が多く、全体の4割位を占めます。
家庭用としては正月の豆きんとんなどに使われ、この食習慣は九州、中京、関西地方で根強いものがあります。
生産は北海道を中心につくられています。
なかでも胆振地方で最も多く生産され、全体の50%以上生産されています。
次に北見地方が多くこの2つの地域で全国の栽培面積のほとんどを占めます。

ホワイトビーンズより柔らかく、甘みを持ち
サラダ・スープ・カレー等色々な料理に合う品種の豆です。


大福豆花
大福豆のミネストローネ
材料
大福豆 150g
ベーコン(かたまり) 60g
玉ねぎ 1/2個(150g)
人参 100 g
ズッキーニ 1/2本
セロリ 小1本(60g)
トマト水煮 1缶(450 g)
スープ 3カップ(水十スープの素1個)
ローリエ 1枚
パセリ 1枝
少々
こしよう 少々
オリーブ油 大さじ2
バジル 少々

【1】大福豆は洗って6カップの水を入れ中火にかけます。
【2】蓋をしないで3〜4分煮立て、浮いている豆が沈むくらいまで、水を1カップ庄ぎます。
【3】再び煮立ってきたら、アクをすくいます。
アクがとれたら弱火にして蓋をし、40〜60分煮ます(途中タイマーを20分くらいずつかける)。
豆が湯から出ていないように注意し、足りない時は1/2〜1カップ差し水をしてやや柔らかく煮ます。
【4】ベーコンぱ1cmくらいに切り、熱湯でさっと茄でこぼして余分な脂と臭味をとります。
【5】玉ねぎはみじん切り、人参は皮をむき、セロリは筋をひいて、ズッキーニと共にそれぞれ1cm大に切ります。
【6】厚手の鎖にオリーブ油を然して、ベーコン、玉ねぎをよく(3〜4分)炒めます。
スープとトマトの水煮缶を汁ごと入れて煮立てます。
残りの野菜も加えて煮立て、アクをすくいとり、ローリエ、パセリも入れて中火で5〜6分煮て、
大福豆を加え、弱火にして10分くらい煮て味を調え、バジルなどを振り、仕上げます。
大福豆のまめきんとん
材料
大福豆 300g
A 砂糖1/2カップ(約55g)+水1カップ+塩少々
B 砂糖2/3〜1カップ(75〜110g)+塩少々

【1】大福豆は洗って、6倍の水を庄いで中火にかけ煮立て、4〜5分煮ます。
【2】1カップの差し水をして、アクをすくいとり、弱火にして蓋をし、50〜60分煮ます。
【3】Aを小鍋に入れて、2〜3分煮立てた中に、柔らかく煮えた豆を1/4量すくいだし、Aの中に30分くらい浸します。
【4】残った豆の煮汁を軽く切ってBを入れ、やや強火で木杓子でまぜながら、餡のように煮上げて、
【3】の豆をすくい、汁けを軽く切って混ぜて仕上げます。
*きんとんや黒豆は多めに作っても保存がききます。




買い物かごに追加できませんでした

入力内容をご確認ください。

OK

ショップへ相談
 お気に入りページに追加