ヘルプ / 不適切な商品を報告

現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは



カテゴリトップ > いきいき > あおばな健康食品 > あおばな茶(ティーパック)

滋賀県草津市の契約農家が手間暇かけて大切に育てた植物、草津あおばなを使ってお茶を作りました。
ご購入はこちらへ

草津あおばなとは、ツユクサ、オオボウシバナの俗名です。ツユクサ科の一年草で、日本全土・中国・朝鮮・ロシア西部に分布し、 北米の一部で野生化しています。早朝に美しい青色の花が咲き、葉に露がついているうちは綺麗ですが、太陽が高くなるとしおれてしまうのが特徴です。

300種類以上の野草研究がされている中で、草津あおばなには『α-グルコシターゼ』を阻害する野草成分が2つ含まれていることが発見 されました。この2つの成分は食生活の欧米化や外食で偏りがちな食生活に機能する画期的な成分として、今注目を集めています。

草津あおばなは、非常にデリケートな植物のため、手作業での管理をしたり、水分の調整などを丁寧に行う必要があります。人の手により、手間ひまかけて大切に育てられたたったひとつの露草が生み出す奇跡は、いつも私たちを驚かせてくれます。

あおばな茶の原料

α-グルコシターゼ(糖質分解酵素)を抑制する
2つの野草成分「DNJ」&「DMDP」が含まれている。

たんぱく質を多く含み、アミノ酸のバランスが良い。

ビタミンAが豊富に含まれる。

鉄分・リン・ビタミンb1が多く含まれる。

ミネラルの宝庫。

中国では金に替えられないほど価値が高いという意味で
「金不換(きんふかん)」とも呼ばれている。

十薬(じゅうやく)という生薬名がつくほど、
10種類の薬効があると考えられており、カリウムが豊富。

主成分のグリコース・グリコキニン配糖体が血糖値を
下げる働きをする。

柿の葉に含まれるビタミンCは、「プロビタミンC」と呼ばれ、
熱に強く壊れないことから美を意識する女性から好まれる。

みかんの皮は昔から陳皮(ちんぴ)と呼ばれ漢方生薬に使用されてきた。

  • 草津あおばなは、様々なメディアでも取り上げられています。NHK総合のあさイチ、朝日放送のがんばれ!元気ッズ、BBCびわこ放送の和風総本家でも紹介されました。
  • テレビ番組だけでなく、各種新聞でも草津あおばなについて取り上げられており、多くの人にその存在を知らしめました。

湯のみやカップに
ティーパック1包を入れお湯を注ぎ、
お好みの濃さになったら
お召し上がりください。

約500ccのお湯(湯のみ約2〜3杯)に、
ティーパック1包を入れ2〜3分
煮出します。朝、昼、晩に分けて
お召し上がりください。

約2000ccのお湯にティーパック
3〜5包入れ、お好みの濃さになるまで
煮出してお召し上がりください。
※作り置きのお茶は、涼しいところで保管し、できるだけ早くお召し上がりください。
※夏場は、冷蔵庫に入れることをお薦めいたします。

適度な量であれば問題ないと言っても、カフェインを摂りすぎると、精神が興奮したり、不眠や不穏、 呼吸促進などが起こります。だから毎日飲むお茶は、ノンカフェインである「あおばな茶」をオススメします。






契約農家が手間隙かけて大切に育た草津あおばなをふんだんに使いクセのない味わい深いお茶に仕上げました。

◆あおばな茶

ティーパック /国産/無農薬 栽培/草津あおばな/ハトムギ/ハブ茶/どくだみ/柿の葉 他配合/アオバナ/青花/オオボウシバナ/健康茶/健康補助食品/無農薬 食品
商品番号: aobana-tea
ギフト
ラッピング対応 / のし対応
お気に入りに追加
お気に入りに追加
 
“自然植物エキスを配合”
あおばなエキス
トーヘラス
“高野山麓伏流水使用の
爽やかな味わい”

あおばな緑茶




 
ショップへ相談