ヘルプ / 不適切な商品を報告

現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは



2018年8月10日〜2018年8月19日は夏季休業期間となります。

期間中のご注文に関しては夏季休業期間明けに随時ご連絡させて頂きます。
※期間前に出荷できた場合でも、配送便がストップしお盆明けのお届けになる恐れがあります。

営業日 平日 月曜〜金曜

電話受付時間 10:00〜15:00

定休日 土曜・日曜・祝祭日

カテゴリトップ > 足回り系 > ■ダウンサス > ■RS★R Ti2000ダウンサス


送料無料
代引手数料無料代金引換手数料無料


ポイント高倍率&送料無料でお届け■RS★R[RS-R]Ti2000ダウンサス1台分/前後セット【N107TD】【日産スカイラインHR34】【FRRB20DE2000NA10/5〜13/5】【smtb-k】【kb】


ポイント高倍率&送料無料でお届け■RS★R[RS-R]Ti2000ダウンサス1台分/前後セット【N107TD】【日産スカイラインHR34】【FRRB20DE2000NA10/5〜13/5】【smtb-k】【kb】


ポイント高倍率&送料無料でお届け■RS★R[RS-R]Ti2000ダウンサス1台分/前後セット【N107TD】【日産スカイラインHR34】【FRRB20DE2000NA10/5〜13/5】【smtb-k】【kb】


ポイント高倍率&送料無料でお届け■RS★R[RS-R]Ti2000ダウンサス1台分/前後セット【N107TD】【日産スカイラインHR34】【FRRB20DE2000NA10/5〜13/5】【smtb-k】【kb】


【NISSAN スカイライン HR34】 【FR RB20DE 2000 NA 10/5〜13/5】ポイント高倍率&送料無料でお届け■RS★R[RS-R] Ti2000 ダウンサス 1台分/前後セット【N107TD】【日産 スカイライン HR34】 【FR RB20DE 2000 NA 10/5〜13/5】【smtb-k】【kb】

番号  w13_46000-3824857/b
価格
28,520円 (税込 30,802 円)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
ポイント10倍
3080ポイント
※上記ポイント倍率には、スーパーポイントアッププログラム分は含まれておりません。
取寄 3-7営業日で発送(メーカー欠品時相談)
個数 
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
メーカー名 株式会社アールエス・アール(株式会社ティエムシー) RS★RのHPはこちら
種別 自動車用サスペンション(足回り部品)
商品名 Ti2000 ダウンサス
位置 1台分/前後セット
メーカー品番 N107TD

適合メーカー 日産[NISSAN]
適合モデル スカイライン
適合グレード
適合年式 10/5〜13/5
適合型式 HR34
エンジン型式 RB20DE (2000 NA)
駆動方式 FR
バネレート フロント 3.21k / リア 3.34k
ダウン量目安 フロントダウン量 30〜25mm / リアダウン量15〜10mm
(ダウン量は現車の車重や軸重により変わります。目安としてお考えください。)
備考
注意事項
RS-R SUSPENSION サスペンション ダウンサスペンション 一台分 1台分 前後 前後セット RS☆R アールエスアール RSR DOWN TMC ティエムシー ティーエムシー ダウン N107TD 日産 NISSAN スカイライン HR34 FR RB20DE 2000 NA 10/5〜13/5 Ti2000 DOWN ■RS★R[RS-R] Ti2000 ダウンサス
最強のダウンサス
ローダウンフォルムの維持果
こ れまでのサスペンションコイルスプリングの素材特性を徹底的に見直し、腐食に強く、耐遅れ破壊性に優れた素材を新たに使用することで、耐久性能の飛躍的な 向上を実現しました。 これにより、経年劣化(ヘタリ)を限りなくゼロに近づけ、理想のローダウンフォルムを長期間キープしつづけることが可能となりました。
運動性能の向上
Ti2000 は、従来素材の持つ特性を徹底的に見直し、より細い線径(=コイルスプリングの太さ)での設計を可能にしました。 線形を細くする事で有効巻数(=設計条件を満たすために必要な巻数)を少なくすることができ、最大25%もの軽量化を実現しています。 バネ下の部分が軽くなることで、サスペンションコイルスプリングやタイヤの動きがスピーディーになり、路面追従性能が向上し、コーナリング時のレスポンス アップをもたらします。 また、ボディを常に一定の高さに保つことが可能になり、乗り心地の向上にもつながります。