現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは




女性浴衣



商品検索
商品検索
営業日程
営業日カレンダー
2019年6月
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 1 2 3 4 5 6
2019年7月
30 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3
休業日
受注・お問い合わせ業務のみ
発送業務のみ

>>とせんの新着商品はこちら


綿・シルク価格上昇についてのお知らせ

綿の上昇


1.綿花が昨年11月末に1ポンド=$0.6が今月11月初めに150年ぶりの最高値$1.5を更新し11月末には$1.3   1ポンド=400g=US$1.3   注意:綿花=400g:→ゆかた=600g=浴衣用生地がUS$1.95というわけではありません。

2.この値上も2009年の$0.4からじわじわと上がり、2010年3月に生産国であるパキスタンでの洪水が発生、それにともないパキスタンが輸出をストップしたのがおおきな引き金になり、$0.6から$0.8に上がり、徐々に各原料商が値上を見越しての現物買いもおこなわれた。
それにあおられて、投機筋の動きがはいり、一気に値上がりが進みました。それがまさに9月から11がつのゆかた用生地の手配をする時期にあたっており、(その間の値上が$0.8から$1.5まで約倍あがった)織物工業各社の生地在庫もなくなるし、織物工業各社も原料の段取りができにくくなった。その為、生地の先物の注文も受けられない状況にもなった。
確か世界の生産の30%が中国、20%がインド、15%がアメリカ10%がパキスタン、残りがオーストラリア他。
今も行き過ぎた値上がりからは徐々に下がっていますが、現状は原料は無いし、生地もない状態であり、原料価格も来春から夏までには$US0.6-0.8水準に来ると考えられています。(昨年末から今年夏場水準)
(浴衣の価格は、今年が100とすると来年は130以上になる見込み)

シルクの上昇


1.生糸が昨年11月末に1トン=23万元が今年11月末には40万元まであがり、今なお、微妙に上がり続けています。

2.昨年夏の秋繭くらいから収穫量が減っており(天候)それにともなって原料がじわじわ上がってきたところ、製糸工場も収穫量不足からか生産効率が上がらず、工賃を値上し始め、今年に入り、春繭の収穫量の予想も低く、さらに製糸工場より加工賃の値上、春節以後中国全体のワーカー付加工賃高により拍車をかける。織物工場は上海近辺にある為、以前からワーカー不足に悩まされていた為、すでに工場もやる気のない状態であり、そこへ原料が上がって商売がしにくくなった為、よけいに加工賃の値上要求がきつかった。
今年秋繭も15%減産(天候、猛暑と他の農産物への農薬が原因で多くの蚕が病気になった)より生糸が値上がりをし続ける中、織物工場も二週間おきにくる日本の商社へ小口の受注しか受けず、尚且つ、原料の値上がりに基づくオファーをだしながら、加工賃の上昇部分を埋める生糸の場合は生産国がほぼ中国であり、売り先は(中国の織物工場が60-70%)他はインドが約30%でヨーロッパ7%韓国2%日本3% インドについては、輸入関税が40%近くあり、今回の値上に対してインド政府は輸入関税の緩和策を実行する予定。ということでますますわれわれの商品への供給も不安になっています。生糸よりも今回の値上がりから織物工場(特に和装品は100%シルクで1pcあたりの使用量も多い為、原料高は響いており、尚且つ、彼らは、すでに60歳以上の経営者が多く、お金もそこそこもっている為、廃業に近づく可能性もある。
(シルク製品は今年を100とすると来年は160ほどになる見込み)

A綿花につきましてはアパレル製品はもちろん我々の属する商品でいえば、来年夏のゆかた等にひびき他商品に影響します

Bシルクは帯揚げ帯〆への影響が特にきつく付加価値の無い商品ほど値段に転嫁しにくく影響がでます。
帯揚げでは、ちりめん、意匠の無地染、ボカシ、絞りの四ツ巻無地 等が全て値上がりしてます(5割前後)
すでに、ちりめん、紋意匠は在庫がなくなっています。絞りに関しては少し余裕がある程度です。

某取引様より

補足説明


綿

原価が上昇しているため
例えば去年の価格を100とすると今年は現状では確実に120ほどになります
しかし、中国の特徴として春節次第で価格が上昇することがあります
春節次第とは、工場で働く工員が春節には地元に帰り、旧正月を迎えます
そして、通常では春節の休みが終わると地元から工場に戻ってくるのが当たり前なのですが、戻ってこなくなり工場が稼動できない状態になります
その理由は賃金アップ交渉の為に、ワザと戻らない。工場は工員が居ないと生産できない、賃金アップするから戻ってきてくれとなる
そうすると、人件費アップが価格に跳ね返ってしまいます
そうなると現状では100が120でも来年になると130以上になる可能性が高い


シルク

シルクは綿よりも深刻で、シルクの原料、蚕の桑畑事態が減っている
理由は中国全体の物価高により桑畑で蚕を育てるより、他の農産物のほうが高く売れるようになっている
そうすると桑畑農家は蚕を育てるより高く売れる農産物に移っていく
それに加え、桑畑を続けている農家に悪い影響が出るのが、隣の農家が他の農作物の生産に変わると、農薬を大量に使うようになる
その農薬が桑畑の蚕にも降りかかることになり、蚕が病気になり繭を作れなくなる
こういった状況により、今年の1月から毎日のように値上がりし去年を100とすると現状では150になっており来年になっても上昇を続けることが予想されていますので来年2月には160まで上がる見通しがされています


上記の他に綿・シルク両方の価格上昇の要因としてあるのが、縫製工場の問題です
縫製工場は沿岸部に多くあり、沿岸部(上海)の人件費が極端に高騰しています
それに加え、人手不足が発生しています。
縫製工場は一般的に3Kの仕事という認識があり、沿岸部の人たちは敬遠します
今までは内陸部の農家が出稼ぎに来ていたのですが、これも集まらなくなってきています
理由としては、中国で高速道路の整備が進んだことです
今までは農家が作った農作物を沿岸部の工場に運びそこで、加工して(例えば、ミカンを缶詰にする等)いましたが、高速道路の整備により農家の近くに工場をつくりそこから高速道路で一気に港まで運ぶように変わってきました
そうすると、今まで縫製工場に出稼ぎに来ていた農家の人たちが出稼ぎにわざわざ来なくても近くの工場で働けるようになってしまいました
結果、縫製工場には人が集まらない事態となっています
よって需要に工場の供給が追いつかない状態になり価格の上昇が起きています

某取引様より


■在庫について■
当店では多店舗での販売をしております。
在庫連動システムのエラーや遅れ、2人以上のお客様が
短時間に同商品を購入された場合など、在庫切れとなってしまう事がございます。
誠に申し訳ございませんが、その場合該当商品の削除・キャンセルとさせて頂く事と
なりますので、何卒ご理解・ご容赦下さいます様、お願い申し上げます。




 お気に入りページに追加



お支払い方法
■クレジットカード

■銀行振込/前払い(手数料はお客様負担になります)
■コンビニ決済/前払い
■代金引換(代引手数料324円)
■後払い(手数料250円 )
→後払い決済ご利用規約
→ヘルプ・問い合わせ>[楽天ペイ]後払い決済でのお支払い方法


→各種決済方法の詳細情報はこちら



配送・送料
宅配業者:佐川急便,ヤマト運輸
(一部地域は西濃運輸またはゆうパックになる事があります)

<送料>
 宅配便
・北海道・九州 1,150円
・沖縄 3,500円
・東北・四国・中国 800円
・関東・中部・関西 750円

 メール便 350円 (日時指定・代引き利用不可)

◎送料無料商品(メール便送料無料商品不可)と同梱で送料無料          
◎30,000円以上で送料無料
プライバシーについて

お客様からいただいた個人情報は商品の発送やご連絡等以外には一切使用致しません。
(例外:法律に定める権限に基づき開示を求められた場合など)
→詳しくはこちらをご覧下さい。
配達日時指定
午前中|14:00-16:00|16:00-18:00|18:00-20:00|19:00-21:00

配送希望日時を指定可能です。
但し一部商品に関しましては着日指定不可の商品もございます。
また、天候、交通状況により配送が遅れることがあります。
返品・交換について
商品がお手元に届きましたら商品内容をすぐにご確認下さい。
ご注文の商品と違う商品が届いてしまった場合や、
商品の破損・傷みなどの品質上の問題があった場合には
誠に恐れ入りますが当店までご連絡お願い致します。
迅速にお調べして、誠心誠意対応させていただきます。

※訳あり商品に関しましては商品の性質上、返品、交換はお受けいたしかねます。
※お客様都合での返品をご希望の場合、往復の送料をご負担頂きますのでご了承ください。
お問い合わせ

株式会社都泉
〒431-0431
静岡県湖西市鷲津5289
TEL 053-576-4839
FAX 053-576-4939
受付時間:10:00〜18:00(定休日:土曜日)
mail:tosen4839@circus.ocn.ne.jp