現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは


お遍路用品 てくてくおへんろさん:四国八十八ヶ所霊場のお遍路用品やお遍路グッズを扱うお遍路さん専門店


  

■ お四国参りを始めませんか ■

一説によるとお四国を参られるお遍路さんの数は年間20〜30万人にものぼるそうです。
一番多いのは、旅行会社の企画ツアーを利用するお遍路さんです。みなさま、お気軽に巡拝の旅を楽しまれています。

「お遍路さんって、宗教的なものだから難しそう。」
「自分は(お大師さまを信仰する)真言宗じゃないから参加するのはいけないのかな……。」

興味があるのに、お遍路さんを楽しむことを躊躇される方は多いようです。
お遍路さんは誰でも簡単に参加できるものです。もちろん、真言宗でない方も、全く問題はありません。
明るく、楽しく、癒しの国お四国を巡る旅に他ならないのです。



■ お遍路さんに出発するためには何を買えばいいの ■

店頭でよくお客様から聞かれる質問です。

「ガイドブックを読んでも、用品のいわれの説明ばかりで、何が必要なのかが、全くわからない、
用品は何から何まで、全部、買わなくてはいけないのか。」

もちろん、そうではありません。必要なものだけをご用意していただければ大丈夫です。

“一般的な初心者の方は何を用意しているのか?”これをテーマに用品の選び方の説明をしたいと思います。



■ お遍路さんになるために最低限必要なもの ■

お遍路用品は「お遍路装束(身に着けるもの)」と「納経用品(寺院で朱印をいただくもの)」の2種類に大きく分かれます。まずは「お遍路装束」についてご案内をさせて頂きます。

お遍路 服装

上記の図をご覧下さい。こちらが一般的なお遍路さんのお姿になります。

各種の用品がございますが、最も大切な品は金剛杖です。
『同行二人』という言葉があります。これは私とお大師さまと二人で一緒に旅をするという意味の言葉です。そのお大師さまを象徴しているのがこの金剛杖です。一緒に旅をするため、お遍路の旅では必ず持って頂きたい品です。
⇒[金剛杖の購入]はこちらへ


また金剛杖は卒塔婆を模したお杖になります。そのため修行中の間は(生きている間は)金剛杖の上部を金襴の布なので覆います。金剛杖カバーとして販売をしています。
ちなみに金剛杖はカバー部分にこだわらずに持ちやすいところを持って頂いて構いません。
⇒[金剛杖カバーの購入]はこちらへ


※高速バスやフェリーなど、遍路の旅以外の移動中に金剛杖をすっぽり収納しておける長杖袋も人気です。
⇒[金剛杖収納袋の購入]はこちらへ


次に必要な品は納札です。これは挨拶の意味で各札所寺院に納めます。
仏さまやお大師さまに行う挨拶ですから詳しすぎる住所は必要ありません。各札所寺院の本堂と大師堂には下図のような納札入れが常備されています。



お遍路さんは全員納札を入れられますからまず迷うことは無いでしょう。ちなみに初めてのお遍路さんは白色の納札をお選び下さい。
⇒[納札の購入]はこちらへ


お経本も必要な品です。お遍路参り専用の品をおすすめ致します。四国八十八ヶ所霊場会でもご案内がございますが般若心経以外にも唱えるお経がございます。また当店オリジナルのお経本「勤行本」は全88ヶ所札所寺院のご真言を収録してあり便利です。
⇒[勤行本の購入]はこちらへ


そして、お遍路はお寺をお参りする行為になりますので、お供えの品が必要になります。線香は3本(現在=自身・過去=ご先祖・未来=子孫)を同時にお供えします。ローソクは1本です。またその時にお賽銭もお供えします。
これを本堂と大師堂のそれぞれで行いますので、線香は合計6本・ローソクは合計2本が必要になります。一日でお参りできるお寺の数は限られていますので、前もって用意しておく本数は必要分と多少の予備があれば十分です。
⇒[線香・ローソク類の購入]はこちらへ




※線香やローソクに灯す火はご自身でご用意下さい。ライターを準備されるのがおすすめです。念の込められた他人の火を拝借するのはよろしくありません。
※お賽銭はいくらでも構いません。最低限、本堂と大師堂にお供えしますが、大きなお寺ではお賽銭箱が多くある場合があります。多めに用意しておくと安心です。


最後にお数珠をご準備下さい。108の珠の本式のお数珠を使うのが良い、とされているお遍路さんですが、普段、お葬式などで使われている普通のお数珠(片手数珠・略式数珠)でも構いません。
最初はご自宅にある数珠を持って行かれて、周りの様子を見て本式のお数珠に切り替えられても遅くはありません。
⇒[遍路用数珠の購入]はこちらへ


以上が絶対に必要な品です。


  


■ ぜひ揃えていただきたいもの ■

お遍路さんにとって最も大切な品は金剛杖ですが、その次に重要な品は輪袈裟です。修行中の身であることを示すために着用します。以前はこの輪袈裟も必需品とされていましたが最近は若い方を中心に着用されていない方も一部にいらっしゃるようです。
⇒[輪袈裟の購入]はこちらへ


そして、これこそお遍路さんのイメージが強い白衣ですが、実は意味としては、白衣よりも輪袈裟が強いものになります。そのため白衣を着られずにTシャツに輪袈裟を付けてお参りをされるという方もございます。
最初は恥ずかしいからと輪袈裟と白衣を着用せずにお参りされる方もお四国では当たり前に着られていますので、結局、旅の途中で購入してしまったということが多いようです。
⇒[白衣の購入]はこちらへ

※白衣には袖有りと袖無しとがございますがどちらも同じ白衣です。自由に選んでいただいて構いません。


遍路笠やズタ袋(お遍路さんのカバン)は強制ではありません。ただし、遍路笠は隙間から風が入って気持ちが良いものでありますし、ズタ袋も白装束のお遍路姿にはぴったりと合う袋です。また線香の匂いが染み付いてしまいますのでお遍路さん専用袋としてズタ袋を使われるのはおすすめです。
⇒[遍路笠の購入]はこちらへ

⇒[ズタ袋の購入]はこちらへ


白衣の下に着られるシャツやズボンは白色にこだわる必要はございません。軽い運動を行うイメージで用意されると良いでしょう。しかし、それでも全身を白色で揃えると気持ちの良いものです。
当店では白衣を模した白いシャツや雨にぬれても肌が透けにくい白ズボン、昔ながらのお遍路さんらしい手甲・脚絆・地下足袋も販売しています。
⇒[お遍路さん服装類の購入]はこちらへ





■ 納経用品は何を集めるかを決める  ■

お遍路とは八十八ヶ所の札所寺院を参拝して巡るものです。
それぞれの札所寺院で『確かにこの人はお参りを行った証の品』として墨書を書いていただき、朱印をいただけるものが『納経』です。(本来は写経を納める行為を指していました)
納経用品は「納経帳」「納経用白衣」「納経軸」の3種類がございます。
下図の用品がそうです。


   ※クリックするとそれぞれの用品の購入ページに移動します。

それぞれ、左が購入時、右が札所で納経を済ませた後の様子です。
実際に現地の寺院に行かないと頂けないものですから、
これを集めるということは、お遍路の旅の大きな楽しみと言えます。


「必ず3種類とも集めなくてはいけないのですか?」
「いいえ、強制ではありません。どれを集められるかは、巡られる方の自由です。」

3種類とも集められる方もいらっしゃいますし、逆に、何も集めないとしても間違いではございません。

ちなみに、どの品もお一人様1つまでしかいただくことが出来ません。もしも、ご家族4名でお参りをされましたら4冊までは納経をいただく事が可能です。もちろん、4名で行かれても納経をいただくのは1冊だけということは自由です。


【納経された納経帳の写真です、墨による書は立派で芸術品のようです。】

四国八十八ヶ所参りでは、この納経帳を持参すれば、各札所を参拝した証としてご朱印を押して下さり、墨でお本尊を表す梵字と本尊の名前や寺院の名前も書いていただけます。その際には納経料として300円が必要になります。(市販のノートや色紙などを持ち込んでもご朱印は頂けないのでご注意下さい。)

納経は“納経所”で頂けます。納経所の場所は、多くの場合、立て看板等で案内されていますのでまず迷われることはないと思われます。ただし、受付時間が午前7時から午後5時であることには注意しましょう。また納経は必ずお参りを終えてからいただきましょう。



四国八十八ヶ所の全てを巡拝し、また、もう一度お遍路を行う際には、“重ね印”といい、同じ納経帳の上にご朱印を押して頂くようになります。



何十年もお遍路をされている方の納経帳はページが真っ赤に染まっておられます。



ところで、神社をお参りする時に“ご朱印帳”というものがあります。全国的にはこの名前の方が馴染みがあると聞きました。ご朱印帳と納経帳は異なるものです。
もともと納経帳は、写経を行いその経を納めた証として記すものでした。そのために“納経帳”という名前なのです。四国八十八ヶ所参りをされる方は納経帳をご使用下さい。

  

⇒[納経帳の購入]はこちらへ
⇒[納経用白衣の購入]はこちらへ
⇒[納経軸の購入]はこちらへ


※代参という言葉がございます。自宅で療養中の父親に代わってお参りする行為はお遍路では日常的に行われています。ただし、そのような場合でもいただける納経はお一人様で1つだけです。

※一般的にほとんどの方は納経帳を集められます。納経用白衣を集められる方は全体の3割程度、納経軸を集められる方は1割もいらっしゃらないようです。





身に着けるものは旅の途中で買い足すことが可能です。
しかし、札所で納経して頂くものは、途中で買い足したとすれば、
また最初からお参りをし直さなくてはなりません。

旅の途中で「やっぱりこれも集めておけば良かった。」と後悔されることのないように、まず何を集められるか? を出発前によく考えられるのが、お遍路参りの計画で最も重要な確認点です。

また各種のガイドブックもご参考下さい。初心者向けのムックの他に、地元のお遍路さんに愛用されているイラスト地図帳や本格的な遍路道が紹介されているへんろみち保存協力会の書籍など各種を販売しています。
⇒[書籍類の購入]はこちらへ




■ 一つ一つ買うのは大変だなと思われる方は ■

便利なセット商品をご購入してください。
当社のセット商品は価格も大変お安くなっており、とても人気があります。
色々なセット商品がありますので目的にあわせたセットのご購入をお勧めいたします。
またセット商品購入時に必要な用品を加えてご購入される方も多数いらっしゃいます。

⇒[セット商品の購入]はこちらへ







■ もっと詳しく分かり易く教えて欲しい方は ■

● 電話でのお問い合わせ
    TEL 089-945-0135
● FAXでのお問い合わせ
    FAX 089-948-3175
● メールでのお問い合わせ
    メールアドレス kanpatsu@iyotetsu.co.jp

何でもお気軽にお問い合わせください。お待ちしております。



その他各種、お遍路さんの用品を取り揃えています。
店舗のトップページへ移動する


【額と台紙のセット販売】四国別格二十霊場開創五十周年記念散華額【送料無料】ストライプグレー(黒色)<記念散華を台紙とともに額装が可能です>[お遍路グッズ][お遍路用品]
【額と台紙のセット販売】四国別格二十霊場開創五十周年記念散華額【送料無料】ストライプグレー(黒色)
<記念散華を台紙とともに額装が可能です>[お遍路グッズ][お遍路用品]
価格12,222円
【送料無料】巡拝用品お遍路グッズ安心10点セット≪金剛杖無し/遍路笠有り≫人気セット☆おすすめです![お遍路グッズ][お遍路用品]
【送料無料】巡拝用品お遍路グッズ安心10点セット≪金剛杖無し/遍路笠有り≫
人気セット☆おすすめです![お遍路グッズ][お遍路用品]
価格9,680円
賜弘法大師号1100年記念御詠歌札対応御影帳<四国八十八ヶ所霊場用>賜弘法大師号1100年記念の御詠歌札を収納することが可能な御影帳です[お遍路グッズ][お遍路用品]
賜弘法大師号1100年記念御詠歌札対応御影帳<四国八十八ヶ所霊場用>
賜弘法大師号1100年記念の御詠歌札を収納することが可能な御影帳です[お遍路グッズ][お遍路用品]
価格3,300円
大師速乾Tシャツ【ブラック生地】【ピンク文字】歩きのお遍路さんにおすすめする速乾タイプ≪白衣を模したシャツです。巡礼の旅に好適≫[お遍路グッズ][お遍路用品]
大師速乾Tシャツ【ブラック生地】【ピンク文字】歩きのお遍路さんにおすすめする速乾タイプ≪白衣を模したシャツです。巡礼の旅に好適≫[お遍路グッズ][お遍路用品]
価格2,750円
【額と台紙のセット販売】西国三十三所草創1300年記念散華額【送料無料】<記念散華の額装が可能です>[お遍路グッズ][お遍路用品]
【額と台紙のセット販売】西国三十三所草創1300年記念散華額【送料無料】
<記念散華の額装が可能です>[お遍路グッズ][お遍路用品]
価格8,147円


 お気に入りページに追加