ヘルプ / 不適切な商品を報告

現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは


カテゴリトップ > ガン > エアガン(18歳以上対象) > 長物 > 東京マルイ > 電動ガン

東京マルイ次世代電動ガンCQB-R(ブラックモデル)

画像を拡大する

東京マルイ 次世代電動ガン CQB-R (ブラックモデル) (18歳未満の方は購入できません)

商品番号  4952839176080
価格
48,322円 (税込)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で 対象エリア外へのご注文は、毎日 15:00までのご注文で翌日の配達となります (あす楽)
◎【新品即納】実店舗だからできる安心在庫
のこりあと1個
ご購入希望数 
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
商品名

次世代電動ガン CQB-R (ブラックモデル) 東京マルイ

仕様 通常版
メーカー 東京マルイ
シリーズ 次世代電動ガン
出典 ---
製品概要  米海軍NSWC(通称 "クレーン・ラボ")ではより広範囲な環境に適合する主要火器の研究・開発・改良を数多く世に送り出している。
 2001年以降、対テロ戦闘に赴いているNavy SEALsでは、要人警護や狭い室内での掃討作戦を担当し、その為取り回しの良い短銃身カービンへの要望が強く、その声に応えてNSWCでは、新たに短銃身のカービンの開発を始めた。
 そもそも[CQB-R]とは、近接戦闘向けに銃身を短くした10.3inch(262mm)バレルを備えた「近接戦闘用・上部レシーバー」のことを指す。
 初期のCQB-Rタイプ1には、14.5inchバレルからカットダウンされた10.3inchバレルにともない、ガスパイプの径を0.16から 0.18mm拡大され、作動不良をなくす改良が加えられた。またマクファーランドガス・リングを3点式に交換、エキストラクタースプリングも4タイプから 5タイプに変更された。
 フラッシュハイダーはナイツ社製のM4-QDタイプに交換され、同社サイレンサーQDSS-NT4が装着可能になり、リアサイトは光学機器の装着を前提に考えられた、LMT社製・リアサイトを装備した。さらにタイプ2からは、NSWCは海軍との正式契約を果たし、量産体制に移行する。
 この段階では、SOCOMが新たに配備を進める新型弾薬[Mk262/R2LP]とのマッチングが重要視され、SPR、SOPMOD M4との弾薬の共通化を量る為に実験が進む。
最終型のタイプ3Aでは、全ての環境下での作動が確認され、信頼性の高い物になった。
その後、海軍が保有している[M16AI]の下部レシーバーを利用しCQB-Rと結合した[Mk.18 MOD.0]が開発され、海軍艦隊付き艦船臨検部隊のVBSS任務、沿岸警備隊などに採用され、狭い艦内での取り回しの良さを最大限に活かしたCQB専用カービンとして広く用いられる様になる。
現場の要望を素早く形にし、それを具現化できる米海軍・特殊開発部門[NSWC]は、今後も色々な特殊兵器を世に送り出してくれる事に違いない。
解説 ドイツ連邦軍で、1996年から新世代アサルトライフルとして制式採用されているG36シリーズ。
主要パーツの殆どが強化プラスティック系素材で構成され、未来指向の強い独特のフォルムを持つ事から、ハリウッド映画やゲームにも度々“出演”している人気の高い銃器の一つです。
 1990年、東西ドイツの統合による経済的打撃は、研究が続けられていた先進技術ライフル「G11」の開発中止を招きました。
ドイツ連邦軍では旧世代に属する「G3」ライフル(1959年採用・7.62mm口径)を止む無く継続使用していましたが、欧州共同軍構想の関係上、各国軍がすでに採用していた 5.56mm口径弾が使用できる新型ライフルの開発が急務となったのです。
こうして採用された「G36」と、そのカービン型「G36K」は近年の技術の進歩を象徴する様にバレルとボルト等を除きプラスティック部品が多用され、最初から光学サイト(3倍スコープと等倍ドットサイト)が固定標準装備された仕様となっていました。
2001年以降、世界情勢の劇的な変化に伴いドイツも海外派兵する事となり、DSO(空挺部隊を中心とした特殊作戦師団)やKSK(陸軍特殊急襲コマンド)が編成され、投入される事となりました。
これに合わせて特殊部隊で主に使用されていた「G36K」に拡張性と汎用性を高めた小改良が施される事になりました。
「G36 KA1」は、金属製ハンドガードに4面ピカティニーレイルを配し、レイル装備のフルフラットキャリングハンドルを有したモデル、また「G36 KA2」は樹脂製ハンドガードに着脱式レイルが装備できるハードポイント3ケ所を新設、固定式のドットサイトを廃し任意のサイトを搭載できるマウントレイル付・3倍スコープ内蔵キャリングハンドルを有したモデルとして各々、新たに制式採用となりました。
2002年、KSKおよび諸部隊の兵士に携えられて「G36 KA1」並びに「G36 KA2」はアフガニスタンに展開、米軍共同での掃討作戦や治安維持任務に活躍しています。
また、これらのモデルは高名なドイツ連邦警察局GSG-9を初め、英国各警察部隊、米国ロス市警SWATなどにも採用されている事から、その優秀さが伺い知れると言えるでしょう。
関連商品 ---
発売日 発売中
パッケージ ---
送料 通常
同梱
購入数制限 在庫数
対象年齢 18歳以上用
備考 ---