ヘルプ / 不適切な商品を報告

現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは





カテゴリトップ > 竹炭/竹酢液 > 飲料水・炊飯/浄水用竹炭
カテゴリトップ > シーンにあわせて > 食を楽しむ > くつろぎのティータイム

ボトル用最高級竹炭スティックは、高温で焼き上げた最高級竹炭を細い棒状にして使いやすくした浄水用グッズです。

天然のミネラルウォーターを作る、ボトル用最高級竹炭スティック

土窯にこだわり高温で焼き上げた最高級竹炭を、ボトルに入れて浄水用に気軽に使えるスティック状にしました。竹素材にこだわり以前のボトル用竹炭に比べ倍ほどもある厚みを実現。高温で焼き上げた竹炭ならではの、まるで金属のようなキンキンと響く心地よい音は最高級竹炭の証です。

多孔質,ペットボトル,マイボトル

マイボトルに一本

日本では飲み水のほとんどを水道水に頼っています。ところが水源の水質汚染が深刻な為に、水の消毒・殺菌に多量の塩素が使われています。その結果、水はカルキ臭く、味も不味くなっています。水道水に竹炭を入れると、カルキ臭のもとになっている塩素をはじめ、カビ臭や水の味をまずくしている有機物や不純物をことごとく吸着し、カルキ臭さを取ってくれます。この吸着された物質は、竹炭の孔に着生する微生物がきれいに分解処理してくれます。

ほかにも、竹を焼くことにより約3倍に濃縮されて更に水に溶けやすくなったカルシウム・マグネシウムなどのミネラル分が、水の中に溶けだすという利点があります。こうして天然のミネラルウォーターを作り出す最高級竹炭スティックを、マイボトルやペットボトルに入れて気軽にお楽しみください。またコーヒーやお茶に入れて使っているというお客様の声もいただいております。

水割り,ウィスキー

水割りを美味しくする竹炭

最高級竹炭スティックは、お酒を美味しくしてくれる竹炭マドラーとしてもお使いいただけます。ご自宅でウィスキーの水割りで晩酌される方は、是非一度お試しください。ほかに焼酎のお湯割りなどでも味がまろやかになるなど、色々なお酒を楽しむお供としてマドラーが活躍します。

【国産】竹炭の製造とこだわり

国産孟宗竹

無農薬で育てた、四国産の孟宗竹

竹虎の竹炭は高知県は元より四国産の孟宗竹(もうそうだけ)を原料に昔ながらの土窯を改良した竹炭専用窯で熟練の竹炭職人が焼き上げています。原料に使用する良質の国産孟宗竹は、筍から親竹に成長し伐採にいたるまで、一切の薬剤、農薬、化学肥料等を使用していません。安心安全な竹炭を皆様にお届けするためにも、国産・日本製、そして無農薬の竹にこだわります。

本格土窯

なぜ「土窯」なのか

一言で竹炭といってもその品質は、原料の竹の性質(竹の品種と産地)、熱加工の過程(炭化方法と窯型式)、熱加工した最高温度(炭化の温度範囲)により、かなりの違いがあります。中でも窯の型式は竹炭の質を決定づける最重要な要因の一つです。窯は、土窯の他にも乾留炉、流動炉、キルン窯、耐火レンガ窯、移動式炭化炉などの種類があります。そして、土窯と言っても焼き方などにより白炭窯、黒炭窯があったり、鉄窯にしても工業用の炭化炉からステンレス製のもの、ドラム缶などを利用した簡易窯まで実に多種多様です。

最高品質の竹炭は土窯でしか焼かれない。

しかし、色々な炭窯を見て回り、沢山の炭焼き職人の方とお話をさせて頂く中で最高品質の竹炭は、やはり土窯でしか焼かれないという結論に達しました。経験の浅い人でも、比較的安定した品質の炭を焼くことができる鉄製窯などに比べ、高度の熟練技術と経験を要求れさる土窯づくりの竹炭。温度センサーなど現代の科学も取り入れながらの窯との対話ですが、最後は職人の技。窯を訪れるたび古人から受け継がれた知恵の深さ、随所に見られる職人技にただ驚くばかりです。

本格土窯

窯入れ(窯立て)

竹材料は、炭化度のバラツキを無くすため、割りそろえて約3ヶ月の間自然乾燥させ竹材含水率を調整させます。窯入れ作業は、窯の奥から1束づつ丁寧に詰めていきます。窯だてとも言うと聞いてなるほどと納得しました。何気ない、こういった工程一つ取ってみても経験に裏付けされた、上質の炭を焼き上げる為の竹炭職人の技が隠されています。

燻製熱処理

竹は表皮と内皮の比重の違いや、上下方向での含水率の違いがあり、これを均一にしておかないと炭にするプロセスで、ねじれや割れが発生します。燻煙熱処理は竹炭を焼く前に原料となる竹材をできるだけ均質なものにする為の非常に大事な工程です。200℃近い温度にした窯内で、理想的な炭材と言われる15%前後の含水率にするのは、まさに職人技。この作業は竹材の状態により3〜5日に及びます。燻煙熱処理後の火入れは、最後の精錬(ねらし)と並んで一番大事な工程です。炭材により、窯の状態により、季節、天候により、微妙な調整が要求され、24時間体制で窯に泊まりこんでの作業となります。

燃焼温度

摂氏800〜900℃

竹炭は土窯で焼かれる温度によって、その性質が大きく変わります。調湿用の場合は多くが低温で焼かれますが、食用竹炭の場合、800度以上の高温で焼かれたものでなければなりません。低温で焼いたものは、デトックス効果やミネラル補給といった竹炭ならではの効果が期待できないのです。

練らし

精練(ねらし)

窯入れから時間をかけて焼かれる竹炭ですが、最重要な精錬(ねらし)のタイミングはやはり長年のカンが頼り。精錬はいかにガスを上手くぬいて大量の空気を窯内に入れるかにかかっているそうです。1000℃近い温度に上がった窯で約4時間、竹炭の品質がここで決まる職人技の見せ所です。

選別作業選別作業

最高数値の精錬度

急激に炭化させると軽く、柔らかな炭になりますが、窯の中の水蒸気が急激な炭化を抑えます。反射熱、金属イオンの面からも、やはり土窯が群を抜いています。土窯で焼かれた竹炭の品質証明とも言える精錬度を測定すると当然ですが、最高の数値!土窯と精錬度、この2つがワンランク上の国産(日本製)の竹炭です。

竹炭粒

色々なサイズの竹炭粒は穴の大きさの違う選別機を通して選り分けられます。

無尽蔵の竹資源

無尽蔵の竹資源

孟宗竹の歴史は以外に浅く、江戸時代中頃だったと思いますが中国から伝わりました。初めて移植されたのが鹿児島とも京都とも言われますが、その太さ、長さから様々な有効利用(特に食用)に大変珍重され、又孟宗竹のたくましい生命力から瞬く間に日本全国に広まり、あたかも在来種であるがごときになっています。竹は、”タケノコから10日で竹になる”と言われますが、何と!親竹と同じ大きさになるのに、わずか3ヶ月しかかかりません。その凄まじい成長スピードと、毎年生えてくるサイクルの早さは他の木材などと比べ類を見ない唯一の持続的天然資源です。環境問題が言われて久しい今日、この孟宗竹を原料とする竹炭は、エコロジカルな観点からも注目も集めています。竹材料は、炭化度のバラツキを無くすため、割りそろえて約3ヶ月の間自然乾燥させ竹材含水率を調整させます。

アウトレット ボトル用最高級竹炭スティックへ


最高級竹炭マドラー


昔ながらの土窯を竹炭専用に改良して高温で焼き上げた国産、日本製最高級の竹炭で水の浄化!水道水のカルキ臭除去、ご飯もふっくら炊けます!
【浄水用】昔ながらの土窯づくり
熟練竹炭職人が極太孟宗竹にこだわり
高温で焼き上げた
ボトル用最高級竹炭スティック
(竹炭マドラー)


商品番号  su00278-r
価格
1,540円 (税込)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
個数 
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く

ボトル用最高級竹炭スティック

■サイズ:幅約1.2〜1.5×長さ約15×厚さ約0.7〜1.2cm(1本当たり)
■重さ:約5〜10g(1本当たり)
■内容量:5本入り
■素材:孟宗竹
■原産国:日本製・国産




この商品を購入された方のレビュー すべてのレビューを見る(24件)
このショップのレビューを見る
総合評価4.42

ベビードルフィンさん 50代/女性

評価3.00

投稿日:2021年08月17日

マドラーじゃない目的だったので軽くて浮いてしまうのは仕方ないですね(^-^;綺麗な竹炭でした。 

よちゃん5581さん 60代/女性

評価5.00

投稿日:2021年05月28日

 お水がまろやか、ペットボトルサイズ

前から使っていた竹炭のまどらーが割れたので購入しました。おみずがとってもまろやかで美味しいです。マドラーとしてもペットボトルに入れるにしても便利なサイズです。 

使い道 実用品・普段使い 使う人 家族へ 購入回数 はじめて 

購入者さん 

評価5.00

投稿日:2020年06月20日

お部屋にインテリアとして飾る為に購入しました。サイズ感も良くてとても気に入りました。 

使い道 実用品・普段使い 使う人 自分用 購入回数 はじめて 






買い物かごに追加できませんでした

入力内容をご確認ください。

OK

ショップへ相談