現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは




▲対象商品は、エントリー不要で最大10倍分のポイントがつきます。


▲送料無料になるご購入金額が3,980円に下がりました。


水素水と似ている水との違い
水素水と似ている水との違い(水素水と似て非なるもの)
電解水、アルカリイオン水との違い
「水素水とアルカリイオン水/電解水は同じものですか」というご質問をたびたびいただきます。 すべて還元水である点は共通していますが、本質的に異なるものです。
水素水ブームを迎えたためか、最近は、アルカリイオン整水器を水素サーバーとして売っている店があるので要注意です。また、還元水素生成器などの名称で販売されていても、溶存水素量が明記されていないものがありますので、名称やブランドに惑わされずに、しっかり確認する必要があると思います。
アルカリイオン水に水素が溶存しているのは事実です。しかし、そもそもはアルカリ性(pH9〜10)の水を飲用することによる効果を追求したもので、水素は付随的な要素が強かったように思います。
なお、アルカリイオン整水器協議会によれば、アルカリイオン水の定義は、「アルカリイオン整水器を用いて、カルシウムイオンを含んだ飲用適の水(必要に応じて、乳酸カルシウムなどの電解補助剤を添加)を直流で電気分解し、陰極側より生成されるpH9〜10の弱アルカリ性電解水を指す。」です。 これは、アキュエラブルー、ルルド、ラブリエ等によって生成された水素水には当てはまりません。
還元水との違い
酸化還元電位とは、「その物質が他の物質を酸化しやすい状態か、還元しやすい状態か」を表す指標で、この値のがプラスが大きくなるほど酸化力が強く、マイナスが大きくなるほど還元力が強くなります。
しかし、決して「酸化還元電位がマイナスであれば、水素が含まれている」ということではなりません。 水素水には大きな還元力がありますが、水素以外にも還元力を大きくする方法があるということです。
水にミネラルを含ませたり、電解することで、人工的にマイナスの電気エネルギー(酸化還元電位)をもたせることができます。例えば、ビタミンCを始め、レモンに含まれている抗酸化物質の作用により、レモン汁を数滴垂らすことけで、簡単にマイナス電位の水を作ることができます。また、湧水や一部の井戸水(深井戸)の中には、マイナスの電気エネルギー(酸化還元電位)をもった水が存在します。
マイナス(水素)イオンとの違い
マイナスイオンは、そもそも存在しない物質とされ、「マーケティング用語」・「キャッチコピー」で使われているだけの存在といえます。森林地帯などで排出されている空気中の過剰電子によりイオン化した分子(陰イオン)とも無関係です。 「マイナス水素イオン」といいう言葉を目にしますが、水素はH2で、水素イオンはHプラスであり、マイナス水素イオンという物質自体が体内で安定的に存在することはありえません。




 お気に入りページに追加