現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは




▲対象商品は、エントリー不要で最大10倍分のポイントがつきます。


▲送料無料になるご購入金額が3,980円に下がりました。


なぜ、水素水が身体によいの?

なぜ、水素水が体にいいの?(水素水を見抜く力)

現代病と言われる糖尿病などの生活習慣病やガン、動脈硬化、心筋梗塞の約9割が「活性酸素」に起因すると言われています。京都大学大学院の最新の研究でも、糖尿病におけるインスリン分泌障害は活性酸素が原因であることが判っています。
活性酸素は、酸化力の強い悪玉活性酸素と酸化力の弱い善玉活性酸素に分類されます。善玉活性酸素は体内で細菌など異物を破壊・殺菌する働きがありますが、悪玉活性酸素は、その酸化力で細胞膜や細胞内の核、ミトコンドリア、遺伝子、血管などにダメージを与えてしまいます。
もともと、この活性酸素を除去する酵素は、人の体内に備わっていますが、20代を100 とした場合、30代で60、40代では40まで減少してしまいます。
従来も、ビタミンCやポリフェノールなど、活性酸素を除去できる物質は注目されていましたが、除去できる活性酸素の種類が限定的であったり、悪玉活性酸素のみでなく善玉活性酸素も除去してしまうデメリットがありました。
これに対して、水素は、悪玉活性酸素だけと結合してこれを除去してくれます。また、サプリメントや内服薬のように、胃だけで吸収され、血液に溶けて循環するのではなく、細胞そのものに入り込めます。そのため、血管がない部位はもちろん、血液脳関門を通過して「脳」にも到達することができます。
こうした特性をふまえた医療的発想から、健康の回復や病気の予防のために水素水を飲む方が増えてきました。 私たちが毎日飲んでいる「水」を「水素水」に替えるだけで大きな効果が期待できるとあって、知識人を中心に、水素水を愛飲される方が増えています。
同時に、代謝効率や脂肪燃焼への効果もありますので、美容への活用も見込めます。当店でも医療界、音楽界、スポーツ界など、著名人の方々に水素水生成器をご購入頂いています。
医療現場と水素水
現在、日本医科大をはじめ、東北大、名古屋大、大阪大、筑波大、九州大、慶応大、北里大、順天堂大、京都府立医科大など、国内の有力大学や病院が、水素の研究や臨床に参画しています。 また、心筋梗塞やII型糖尿病、動脈硬化、虚血再灌流障害、学習・記憶能力の低下予防、脳梗塞、パーキンソン病、ミトコンドリア病、リウマチなど、生活習慣病や老化に起因する様々な症状に有効であるというデータが出ています。




 お気に入りページに追加