現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは



当店のヴィンテージワインについての考え方

長期熟成を経たヴィンテージワインは、入手ルートにより品質が大きく異なります。
そして最大の難点はそのワインが傷んでいた(痛んでいると思われる)状態だったとき、何がその原因で、なにが悪かったのかが開けてみるまでは「はっきりとわからない」という事です。
当然ではありますが、専門スタッフにより徹底した確認をしておりますが推測に過ぎません。100%の品質保証が不可能が故、あえて事実を言わせていただきます。
「開けて、飲む」まではわからない。全世界共通でそうだと考えています。
当店の性質上、個人様からの買い付けが非常に多くなり、全てのワインの入手経路、保管状況等を完璧に把握する事は非常に困難です。
その分、外から見てわかる範囲(液面低下、澱の状態、コルクやキャップの状態)等をわかるかぎりの詳細を載せる努力をしております。
当店ではユーロカーブのワイン専用セラーを用意し、厳重なチェックのもと、私共で出来る範囲で最大限品質保持に努めさせていただいております。
販売する者として大変恐縮ではありますが、ヴィンテージワイン(古酒)の性質上仕方がないことだと思っています。何卒ご理解頂きたく存じます。

何故わからないのか

・腐敗菌の混入などにより、生産者の元から出荷された時点ですでに傷んでいる可能性があります。

・輸送中の熱(高温、低温)で劣化の可能性があります。

・信頼と実績のある正規代理店を通したお品でも、その後一度個人の手に渡れば適正な保管をされていた保証は誰にもできません。









 お気に入りページに追加