ヘルプ / 不適切な商品を報告

現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは


「シェアみのかも オンラインストア」は、岐阜県美濃加茂市やその周辺の魅力を掘り下げ、オススメの特産品を日本全国に紹介するECサイトです。歴史ある特産品、豊かな自然が育んだ果物や野菜、こだわりのものづくりから生まれた逸品など、ラインナップは多彩。どれもわたしたちが愛してやまないものばかり。まちに根ざして活動するからこそ聞ける、生産者さんたちの思いも伝えます。
※「シェアみのかも オンラインストア」は株式会社ToCalが運営しています。

営業日カレンダー
2024年4月
31 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 1 2 3 4
2024年5月
28 29 30 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 1
休業日
受注・お問い合わせ業務のみ
発送業務のみ

この商品を購入された方のレビュー すべてのレビューを見る(1件)
このショップのレビューを見る
総合評価総合評価に有効な件数に達しておりません。

らりる・かいとさん 50代/女性

評価5.00

投稿日:2022年03月23日

 おすすめです♪

初めて購入しました!本物の混じりっけなしの安心して戴けるお味噌だと思いまして! 豆味噌初めて食べましたが、さっぱりしていて凄く美味しいです。あと3種類はまだ戴いていませんが、楽しみに戴きます♪よい買い物しました。有難うございました♪なくなったらまたリピします! 

使い道 実用品・普段使い 使う人 自分用 購入回数 はじめて 


カテゴリトップ > 食品 > 発酵食品
カテゴリトップ > つくり手から見る > 浅野や

手造り味噌のセット 手造り味噌のセット

自宅で過ごす時間が増え、家族で食卓を囲む機会も多くなった今、食の質を見直す人が増えています。
今回お話をうかがった〈浅野や〉の三代目である幸裕さんも、手づくりの味噌の需要の高まりを実感しているそうです。

手造り味噌のセット

手造り味噌のお店として、美濃加茂ではよく知られた〈浅野や〉は、70年以上も前に先代が「麹や」として開業したのが始まりです。

味噌も醤油も甘酒も、麹なくしては成り立たない発酵食品。
味や香りの決め手となるのが、麹の力です。

やがて「味噌もつくってほしい」という周囲からの要望に応えて味噌づくりを始めたという〈浅野や〉。今では9種類もの手造り味噌を販売しています。
今回はその中でも特におすすめの4種類をセットにしました。

すべては「麹」が決め手

手造り味噌のセット

<浅野や>では先代から受け継がれた技法で、毎週のように麹を仕込みます。
室(むろ)と呼ばれる麹を仕込む専用の部屋には、木箱がずらり。この中へ小麦や大豆を入れ、それらと麹菌を混ぜ合わせながら発酵させていきます。

麹菌をただふるうだけ、という一般的な方法ではなく、すべて手で丁寧に揉み込みます。
平置きの木箱には空気を通しやすくしたり、なるべく密閉したり…と麹菌の種類や特徴によってその保管状態を細かく分けるのだそうです。

手造り味噌のセット

そして、何より大切なのは温度の管理。
長年の経験を持つ二代目主人は、室(むろ)に入っただけでだいたいの温度が体感で分かるというから驚き!
常に温度を28°C前後に保つため、2時間ごとに室に入り、その温度を手と体を使って確かめる…まさに経験がものを言う職人技なのです。

手造り味噌のセット

素材にも管理方法にも妥協はナシ!

手造り味噌のセット

味噌の材料となる大豆や米、小麦はすべて岐阜県産のものを使用。
その土地で採れたものが、その土地に適した発酵食品となる…まさに身土不二(しんどふじ)。

手造り味噌のセット 手造り味噌のセット

甕(かめ)に仕込まれた味噌がずらりと並ぶ様は圧巻です!
蔵の中をよく見ると、一部の場所では仕込まれた発酵途中の甕(かめ)が上段にだけ並べられているのに気づきます。

この理由を聞くと、「ここの甕(かめ)はすべて豆味噌なんです」と幸裕さん。
豆味噌は発酵にかかる時間が緩やかなため、より温度が高くなりやすい上段にのみ置いているのだそう。
こうした細やかな配慮が、味噌の発酵に適した環境づくりに活きています。

日本全国に広がる<浅野や>ファン

取材の最中に、偶然にも隣県からのお客さまが!
なんと片道一時間半ほどもかかる距離にも関わらず、何度も通っていらっしゃるのだとか。
「ここのお味噌がおいしくておいしくて」と、いつもの味噌をご指名。
最近では地元の美濃加茂市近辺だけでなく、北海道から沖縄までと日本全国に発送をしているそうで、リピーターも増えているとのこと。
「一度食べてみたら、手づくりのおいしさがどれだけ違うか分かる」そう自信をもって幸裕さんは話します。

手造り味噌のセット

人気の味噌の4種類をセットに

手造り味噌のセット

実はもう8年ほど、毎年手造り味噌を仕込んでいる筆者。日頃から味噌は2種類以上をブレンドするのがおすすめ!と豪語してきました。ブレンドすることでいつもの味噌汁がよりコクのある深い味わいになります。

手造り味噌のセット 手造り味噌のセット

さらに、料理によって使い分けると味付けの幅が広がるので、ぜひ挑戦してみてください。

1 豆みそ
豆のつぶが残りその食感が楽しめる、いわゆる「地みそ」とよばれるタイプ。深いコクが特徴なので、味噌汁はもちろん、練りごまやマヨネーズ等と合わせて野菜のディップなどにするのもおすすめです。

2 純豆みそ
赤味噌とよばれる色の濃い味噌。東海地区では主流の味噌ですが、味が濃いと感じる方には米糀みそとのブレンドがおすすめ。コクが残りつつ、まろやかな味わいをお楽しみいただけます。

3 米糀みそ(甘口)
甘めの食味がどんな料理にも合うと人気。お肉や魚の味噌漬けや、野菜炒めなどにもぴったりです。

4 合わせみそ(特製)
豆みそ、純豆みそ、米糀みそをブレンドした贅沢な味わい。塩気と甘味が絶妙に混ざり合いバランスがとても良い逸品です。

日本の食文化の原点ともいうべき、発酵食品。
〈浅野や〉の味噌、醤油、甘酒はすべて手づくりにこだわり、時間と手間を掛けてつくられるものばかり。その深い味わいをお楽しみください。

手造り味噌のセット

『手造り味噌と三年熟成生揚醤油のセット』はこちら

『甘酒10袋セット』はこちら

『三年熟成生揚醤油6本セット』はこちら

レポート:児嶋 陽子 フォト:小池 輝、丹下 恵実 編集協力:谷 亜由子
(2021年3月31日掲載)



70年以上受け継がれている麹づくりの職人技!遠方からも客足の絶えない味わい深い手造り味噌のセット
手造り味噌のセット 4種類 手造り味噌のセット 食べ比べ 味比べ 合わせ味噌 みそ 白みそ 赤みそ ミックス 米糀みそ 豆みそ 地みそ 手作り 美味しい 大豆 国産 39ショップ 送料無料 岐阜県 各500g/各1kg
商品番号: asanoya-c0331-001
お気に入りに追加
お気に入りに追加
商品情報
名称 手造り味噌のセット
産地名 美濃加茂市
原材料名 大豆・米・丸麦・塩
アレルギー品目 麦・大豆
内容量 2kg(各500g×4種)
/4kg(各1kg×4種)
賞味期限 冷蔵保存で3ヶ月
保存方法 要冷蔵(10℃以下)
販売元 浅野や



価格5,600円~
価格2,544円~
価格3,980円
価格3,980円
価格3,715円~
価格2,600円
価格5,780円~
価格850円
価格1,584円
価格20,500円
価格17,600円
価格2,850円~
価格4,900円
価格6,160円
価格6,160円
価格78,100円~
価格3,600円
価格12,442円
価格2,800円~
価格1,000円~
価格3,350円
価格3,800円
価格6,900円
  

ショップへ相談