ヘルプ / 不適切な商品を報告

現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは


通常商品通常商品 ⇒全会員5倍  ポイントアップキャンペーン中
ポイントアップの商品は商品毎に倍率が異なります。
器茶房 彩庵
TOP PAGE 会社概要 決済・配送・返品 お客様の声 商品一覧 買い物かご 楽天市場











item category
gift category
pottery category
送料無料商品
価格で探す
calendar
2021/5
          1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2021/6
  1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

2021/7
      1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


…休業日(水・日)
受付時間:10:00〜16:00

ご注文は24時間365日受け付けております。休業日のメールの返信、電話対応、配送作業はお休みさせて頂いておりますので、予めご了承下さい。



















柴岡 守 プロファイル

1951年、備前市伊部生まれ。柴岡一海の次男。
1973年に独立し同年県展に初入選。

伝統工芸展入賞、備前焼、日本工芸会正会員。

壺、花器、酒器、茶器、食器などを手がける。成形はろくろとたたらづくりで、登窯と穴窯を使い分け、焼きに心を配る。






備前焼とは
備前焼は、良質の陶土で一点づつ成形し、乾燥させたのち、絵付けもせず釉薬も使わ ずそのまま焼いたもので、土味がよく表れている焼き物です。
焼き味の景色は、胡麻・棧切り・緋襷・牡丹餅などの変化に富んでいますが、それらは作品の詰め方 や燃料である松割木の焚き方などの工夫と、千数百度の炎の力によって完成されたものです。
一点として同じ形も焼き味も同じものは無いと言えます。



幅約5メートル、全長54メートルの全国でも最大規模の伊部南大窯跡

備前焼の歴史
 備前焼は、古墳時代の須恵器(すえき)の製法が次第に変化したもので、平安時代に熊山のふもとで 生活用器の碗・皿・盤や瓦などが生産されたのがその始まりといわれています。
 鎌倉時代には、主に山土を主体とした粘土による壷・甕・擂鉢が多く作られましたが、この 頃から次第に現在の備前焼特有の赤褐色の焼肌のものが焼かれ始めました。

室町時代の終わり頃から、「ひよせ」と呼ばれる伊部の地から採取した粘土が使用されるよ うになり、成形にもロクロが用いられ量産ができるようになり、また半地下式の大形の穴窯が作られ たのです。
 その後江戸時代になると藩の保護・統制もあり小規模の窯が統合され、南・北・西に本格的 に大規模な共同窯(大窯)が築かれ、窯元六姓(木村・森・頓宮・寺見・大饗・金重)による製造体制 が整いました。
 一方製品も、室町時代以降作られた茶陶器や日常雑器の他に置物なども作られるようになり ます。これらの大窯による生産は以後江戸時代末期まで続くのですが、この頃京都・有田・瀬戸などで磁器 の生産が盛んに行われるようになり、備前焼は次第に圧迫されるようになりました。

 明治から昭和初期に至る時期は苦しい時代でしたが、そのような時にも窯の火は絶えることなく様々 な努力は続けられました。この衰退した備前焼を現在の繁栄に導くきっかけを作ったのは金重陶陽で した。金重陶陽は昭和31年に国の重要無形文化財保持者(人間国宝)に指定され、これをきっかけに多くの 人々が努力を重ね低迷期を脱しました。またこの頃から国内だけでなく、 海外でも純日本的な備前焼の 人気が高まり、陶陽の死後も、藤原啓、山本陶秀、藤原雄、伊勢崎淳と人間国宝を輩出していくように なりました。

現在では伝統的な作風に加え、個性豊かな作品に至るまで作家や陶工によって 一点一点作られ続けています。


登り窯 高温で焼き上がる登り窯ならではの仕上がりをお楽しみください。


土を寝かせて熟成させます。

※丁寧な手作り作品の為、まとまった数量は納品までに1〜2ヶ月かかる場合もございます。お早めにお申し込み下さいませ。


ご注文時のご注意
備前焼の「窯変」とは、窯の中の状況によって器の素地や釉薬が偶然に起こす変化の事で、同じ窯で同じ時に焼かれても、窯の中で置かれた場所の違いで、炎の当たり方や灰の掛かり具合が変わってくるために、一つとして同じ模様にはなりません。したがって、実際にお届けする商品は写真のものとは、模様の出方や、多少のフォルムの違いなどがございます。ご注文の際は、こちらの事柄を十分にご理解下さいませ。気になさるお客様のご注文は恐縮ですが、お控え下さいませ。





画像1


mgn-04702


mgn-04702


mgn-04702


mgn-04702


mgn-04702


mgn-04702


盃 杯 ぐい呑み 酒器 備前焼 送料無料

送料無料 備前焼 柴岡守作 窯変酒呑(守-02)| おしゃれ 日本製 工芸品 山口県 和食器 陶器 盃 杯 ぐい呑み 酒器 父の日 母の日 プレゼント ギフト

商品番号  mgn-04702
価格
13,200円 (税込)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で 対象エリア外へのご注文は、毎日 15:00までのご注文で翌日の配達となります (あす楽)
4〜5日営業日以内に発送予定
個数 
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
 
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
酒呑 60×54
桐箱

>

備前焼 柴岡守作 窯変徳利
36,750円

備前焼 柴岡守作 窯変酒呑
12,600円

備前焼 柴岡守作 酒注
15,750円

備前焼 柴岡守作 ビアマグ2客
15,750円

備前焼 柴岡守作 横手急須(大)
22,050円



備前焼 柴岡守作 壷(小)
52,500円

備前焼 柴岡守作 壷(中)
73,500円

備前焼 柴岡守作 壷(大)
105,000円






お買い物ガイド
お支払いについて
お支払いは:クレジットカード・銀行振込・後払い決済・代金引換・アップルペイ・セブンイレブン・ローソン、郵便局ATMがございます。


>>詳しくはこちら

お願い
掲載商品は当店の実店舗内でも販売しているため、ご購入時にすでに売り切れている場合がございます。
その際は改めてご連絡させていただきますので、ご了承の上お買い求めくださいませ。

掲載商品はメーカー取り寄せのものもございます。
メーカーの都合により、突然の終了及び廃盤となっている場合もございますので、ご了承くださいませ。

また人気商品の場合はお届けまでに1週間〜1ヶ月以上のお時間をいただく場合がございます。
予めご了承くださいませ。
送料・配送について
地域によって送料が異なります。

3,980円(税込価格)以上お買い上げで送料無料となります。(沖縄 離島へ配送の場合は10,000円、税込以上で送料無料になります。予めご了承くださいませ。)

※ご注文確認メールを差し上げます。その後、在庫の有無、配送日時等をご連絡いたします。
送 料
関東・信越
北陸・中部
関西
南東北・
中国
北東北・
四国・九州
北海道 沖縄
660円 825円 880円 1700円 1950円

ご注文者様のご住所と送付先の住所等が異なる場合は、両方のお名前が同じでも明細書は同封しておりません。ご希望の場合はお申し付け下さいませ。

個人情報の保護について
お客様のプライバシーを他者へ漏らすことは絶対に行いません。ご安心くださいませ。
返品・交換について
輸送中の破損や不良品の場合、到着後7日以内にメールまたはお電話でご連絡ください。返品送料は当店が負担いたします。お手数ですが、当店着払いでご返送をお願いいたします。

お客様が一度使われた商品や、到着後に破損した商品の場合や、備前焼など全商品に個体差のある柄や、定番商品におきましても焼き物の性格上掲載写真と相違のあるものも残念ながら返品には応じられません。恐縮ですが予めご理解ご了承下さいませ。返品の可能性がある時はご使用なさらないようにお願い致します。

お客様都合による商品交換の場合は、往復の送料またはその他手数料等はお客様ご負担にてお願い申し上げます。

>>詳しくはこちら

ショップ情報
有限会社 栗田屋本店
〒424-0816 静岡県静岡市清水区真砂町5番26号
TEL:054-366-3350
FAX:054-366-3273
E-mail:mall@kuritaya.com
受付時間:10:00〜16:00

※当ホームページに記載されている記事・写真などの無断複製転載を禁じます。


友達にメールですすめる  店長に質問する  店長の部屋

ケータイにURLを送る  当店を紹介してポイントを貯める  お気に入りショップに追加  レビューを見る

買い物かごに追加できませんでした

入力内容をご確認ください。

OK

ショップへ相談