現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは


12/4(木)

営業日午前9時までのご注文は当日発送も致します。

ヴィナイオータさんで熟成されたヴォドピーヴェッツ2013年が入荷!⇒

アリオーネ
ピノ・ネーロ
ロッソ・デイ・ムーニ
モンテマーグロ
ビアンコ・デイ・ムーニ
ローザ・フリッザンテ
【Daniele Piccininダニエーレ・ピッチニン】
ドゥレッラの可能性を信じて。

ラ・ビアンカーラのアンジョリーノ・マウレのもとに出入りし、ワイン造りを学んだ造り手。
2006年がファーストヴィンテージという若い造り手ですが、自身の故郷であるサン・ジョヴァンニ・イラリオーネの土着品種ドゥレッラの可能性を信じ、個性的で美しいワインを造っています。
自然に敬意を払った畑仕事、人為的な介入を極力排した醸造によってワインは造られています。

自然な造りのワインならではの飲み心地のよさ、ゆたかな旨みといった、サッサイアをはじめとしたアンジョリーノのワインに通じるところもありながら、しっかりと独自の個性を感じさせてくれるワインです。ぜひお楽しみください!
〜輸入元コメントより〜
もともと共同経営者の1人として、レストランのソムリエをやっていたのですが、2003年にアンジョリーノをはじめとする造り手たちのワインと出会い、それまでのワイン観を大きく覆されます。
比較的近所だということもあり、アンジョリーノと仲良くなり、とある日、畑やセラーでの仕事を手伝わせてくれないかとアンジョリーノにお願いをします。ダニエーレはレストランが休みの日は毎回朝6時にはアンジョリーノ家に現れ、終日畑仕事からセラー仕事までを手伝っていったそうです。
そして2006年、レストランの権利を売却、自らワインを造る決心をします。

ここからが凄いのですが、ダニエーレ、何のアドヴァイスもアンジョリーノに請わずに事を決めてしまいます。師匠の本拠地、ガンベッラーラでやるという選択肢もあったはずですが、そうせずに自分の生まれ故郷サン ジョヴァンニ イラリオーネを選びます。
1000年以上前からこのあたりで栽培されていたことが確認されているドゥレッラという白ブドウがあるのですが、残念なことに、年々栽培する人が減っています。ただでさえマイナーな上に、酸が強いこともあって、シャルドネなどの国際的な品種か、ガルガーネガのような土着でもメジャーな品種に植え替える人がほとんどで、未だに栽培している人の大半は、その酸を利用してスプマンテを生産していたりします。
本当に完熟したドゥレッラならば、絶対に偉大な白ワインを造れると信じて、ムーニにある家の近くを開墾してドゥレッラを植え、ムーニよりもさらに標高の高い(海抜500m)場所には、土壌、標高の高さ、気候などが合っていると考え、ピノ ネーロを植えます。
当然植えたばかりの畑からはブドウは生りませんので、1.6ヘクタールの樹齢約20年のシャルドネ、ドゥレッラ、カベルネ、メルローが植わる畑を別に借りまして、この畑から獲れるブドウで、ビアンコ&ロッソ デイ ムーニを造っています。 2009ヴィンテージまでは、アンジョリーノのセラーで醸造、ボトリングを行っていましたが、2010年ムーニにセラーが完成しました。

自分のセラーを、急いで完成させて、アンジョリーノの元を離れたかった理由をこんな風に話していました。
「アンジョリーノからは本当に色々教わったけど、いくつかのことに関しては、俺は俺ですでにアイデアもあるし、それを試してみたいし…。自分のセラーで、すべて自分で決めて、すべて自分で責任取れるようなったことが何よりも嬉しいよ。いろいろ間違いを起こすことがあるかもしれないけど、その覚悟もできているし、それが絶対に今後の糧になると思ってるし。」

チーム・アンジョリーノというくくりにはなると思いますが、師匠にさえ迎合しない強い信念をもってワイン造りをするダニエーレ、これくらいの気構えの持ち主のワインだからこそ、アンジョリーノのワインの良きライバルにまでこの短期間で上り詰めたのではないでしょうか?

特別18 一緒に買って通常便送料無料! コエノビウム
イタリアの魅力あふれる白と泡12本 CG
ラルコ 今日なに飲む プリンチピアーノ・フェルディナンド

 お気に入りページに追加