現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは


-4/30 5%オフクーポン -4/30 7%オフクーポン レビューを書いてクーポンGET LINE
オリジナルプリントパイオテック ★4.89 を獲得!!
ショップレビューはこちら
アイロンプリント用ラバーシート プリントグッズ製作機材 プリント用無地グッズ 溶剤インクジェットプリントシート 昇華プリント機材・グッズ クラフトホビープレス
2023年8月度月間優良ショップ受賞
3,980円以上で送料無料 LINE
昇華転写プリンターSC-F全ラインナップ
ショップレビュー4.89ショップレビュー
ポイントアップ
カッティングマシン
FAQ
Q&A1
youtube動画チャンネル
LINE
[期間限定]レビューを書いて200円OFFクーポンをゲット
メルマガ登録
Instagram
ROOMバナー
商品カテゴリ
アイロンプリント用ラバーシート
123プレミアム
123プレミアム 30.5cm幅
123プレミアム 63/50cm幅
123フレックス
カッティング・フレックス
カッティング・ナイロン
ファイングリッター
MCメタリック ソフト&ストレッチ
マジフロック
再帰性反射
カッティング・ストレッチ
グリッターフォイル
メタリックフォイル
カッティング・イメージ 蓄光
布転写用補助アイテム
プリントグッズ製作機材
クラフトホビープレス/マグプレス
アイロンプレス機
中型カッティングマシン
その他プリント用アクセサリー
溶剤インクジェットプリント
溶剤用プリントシート
溶剤プリント用補助アイテム
プリントグッズ
5.6oz ヘビーウェイトTシャツ
4.0oz ライトウェイトTシャツ
4.4oz ドライTシャツ
5.8oz T/Cポロシャツ
4.4oz ドライポロシャツ
ミニTシャツ
マスク
クッション
マウスパッド・コースター
昇華プリント
昇華プリントグッズ製作機材
クラフトホビープレス/マグプレス
昇華用熱プレス機
昇華用マグプレス機
EPSON 昇華用プリンター
SG 500/1000昇華用プリンタ
SG 3100/7100/7200昇華プリンタ用インク
昇華プリント用転写紙類
転写紙
補助アイテム
昇華プリント用無地グッズ
マグカップ
タオル
マスク
バッグ
ウエストエプロン
メタルプレート・マウントボード
ミニTシャツ(ポリ)
マウスパッド・コースター
クッション
ビーチサンダル
キーチェーン
ウォレット
パッチラベル
ペナント
昇華無地グッズ(Chromaluxe)
フォトパネル各種
ブックマーク・クリップボード
ジュエリーチャーム
ペットタグ
ネームバッジ
バッグタグ
キーチェーン
コースター・マウスパッド
写真立て
ドアハンガー
エスプレッソトレー(おぼん)
MDF記念盾/フォトパネル
ガーメントプリンター
消耗品
製作方法
製作方法
アイロンシール
カス取りニードル
123P選べる福袋
偽サイト詐欺にご注意下さい。
あす楽対象商品一覧
クラフトホビープレス/マグプレス
トイプレスP1使用方法
営業日カレンダー
2024年4月
31 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 1 2 3 4
2024年5月
28 29 30 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 1
休業日
受注・お問い合わせ業務のみ
発送業務のみ

スタンダードタイプのアイロンプリントシート
「123プレミアム」「123フレックス」「カッティング・フレックス」は何が違うの?

以下の表をご覧ください。
スタンダードタイプ比較
「カッティング・フレックス」に比べ、「123シリーズ(123プレミアム・123フレックス)」は【プレス温度】が低く、【プレス時間】が短いです。
更に、再プレス(二回目のプレス)も不要です!

そんな「123シリーズ」はポリエステル素材へのプリントにピッタリなのです!
ポリエステル素材にプリントする時に気になるのは、、
(1) コテ跡がつく
(2) 昇華移染が起きてしまう

の2点が大きいのではないでしょうか??

「123シリーズ」は【低温・短時間プレス・再プレス不要】なので、コテ跡もつきにくく、昇華移染も起きにくいのです!


※昇華移染とは?
昇華移染
ポリエステル100%/混紡 に熱を加えると、繊維の染料が再昇華により移染する素材があります。
写真右は、赤のポリエステルTシャツに白のシートでプリントし、昇華移染が発生しています。

ちなみに「123プレミアム」と「123フレックス」の違いは、表から【剥離のタイミング】と【バックフィルムの粘着】ということがお分かり頂けると思います。

【バックフィルムの粘着】は、強い順番に並べると「カッティング・フレックス」→「123プレミアム」→「123フレックス」となります。
【バックフィルムの粘着】は、プリントする時に素材にどれだけくっつくか、ということではありません!

バックフィルム
このように、デザインをカットした後に不要な部分を剥がすのですが、この時の透明フィルム(= バックフィルム)とシートがくっついているバックフィルムの粘着の強さのことです。

細かいデザインの時にフィルムの粘着が弱いと、不要な部分を剥がす時に、一緒に必要な部分も剥がれてしまうことがあります。
そのため、細かいデザインは【バックフィルムの粘着】が強い方が良いです。

3つのシートについて説明致しましたが、お分かり頂けましたでしょうか・・・?
逆に大きなデザインだと、フィルムの粘着が弱い方がスルスル剥がせて便利です♪

3つのシートについて説明致しましたが、お分かり頂けましたでしょうか・・・?
どれもおすすめではあるのですが、それぞれ特徴や色数が異なりますので、素材やお客様の用途に最も適したシートをお選び頂ければと思います。
123プレミアム
123フレックス
カッティング・フレックス