ヘルプ / 不適切な商品を報告

現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは


通常商品通常商品 ⇒全会員5倍  ポイントアップキャンペーン中
ポイントアップの商品は商品毎に倍率が異なります。
パテントテック社楽天市場店:パテントマップ関連、技術開発実態分析調査報告書の発刊




営業日カレンダー
2020年10月
27 28 29 30 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 1 2 3 4 5
休業日
受注・お問い合わせ業務のみ
発送業務のみ
カテゴリトップ > その他書籍 > 特許関連書籍


★必要な知識と実務の手引き


表紙イメージ



パテントプロサーチャーのための特許調査の知識と実務〔増補改訂版〕

商品番号  161034
価格
39,420円 (税込)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で 対象エリア外へのご注文は、毎日 15:00までのご注文で翌日の配達となります (あす楽)
2〜3日以内に発送予定(店舗休業日を除く)
個数 
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
■パテントテック社 

■編集者:インパテック株式会社
■発刊日:2016年10月11日
■資料体裁:A4判、298頁、簡易製本
■ISBN:978-4-86483-762-0



★他社の技術開発の実態を把握し、勝ち抜くためのエッセンス

■特徴

★特許調査20年を超える経験を持つ筆者が、その長年の経験に基づいた知識と技術を公開。
★図・表を多用し視覚的に理解できるよう工夫されています。
★参考情報、文献を豊富に紹介しています。
★プロの特許調査を目指す人の必須の一冊です。

■まえがき

本書は主として外部からの依頼を受けて特許調査会社が行なう特許調査、つまりプロの特許調査を想定しているが、企業内において自ら特許調査を行なう場合にも参考となるように留意した。
筆者はかって電機・通信関係の企業に勤務し、知財部門において明細書作成を担当した後に特許調査を担当するようになり、その後、特許調査専門会社2社に転職し、今日に至るまでほぼ特許調査を主業務としていたが、常々、特許調査会社のように依頼を受けて特許調査する場合の参考書が見つからず苦労した。
特許法、特許管理などの講習会や専門書はかなり充実しているが、現在でも特許調査の専門書はきわめて少ない。
ましてや特許調査会社において新人を教育するための参考書は見当たらなかった。
筆者も新人教育のためにマニュアルを作成しようとしたが、業務を行ないながらではまとまった教育用の資料を作成することもできず、聞かれたことに口頭で答える程度のことしかできなかった。
このような経緯があり、いつか特許調査の実務に役立つ資料を作成しようと思っていたが、このほど退職したので、これまでの経験に基づき、特許調査がどうあるべきか、どのような知識や技術が必要になるか、実務において留意すべきことは何かなどについて、知りえたこと、考えついたことをまとめ、残しておくこととした。
ほとんど我流で学んだことであり、また限られた技術分野の経験に基づいたものであるので、どのような人にも役立つとか、情報処理や電気以外の技術分野でも役立つとはいえないが、単なる理屈ではなく実務をとおして得たものであるので、それなりの有用性があると考えている。
特許調査の実務者が、この本の内容を理解し、自分なりの工夫を足して、さらに高い調査能力を身につけることができれば幸いである。

■増補改訂版の内容について

初版では主題調査、無効資料調査、侵害予防調査を中心に説明したが、今回はその後の研究成果をまとめて技術動向調査の説明を補充することとした。

改訂にあたっては、研究用に作成した技術動向調査のレポートを整理し、技術動向調査を類型化するとともに、各類型における調査の進め方を説明することとし、総論を修正するとともに各論も追加した。



まえがき

増補改訂内容について

【A.総 論】

総論目次

第1章 特許調査の目的と種類

1.特許調査の目的
2.特許調査の種類

第2章 特許調査の完全性

1.調査の完全性を損なう要因の概要
2.調査の完全性を損なう個別の要因
3.調査精度低下の防止策

第3章 特許調査会社の必要性

1.技術者自身が特許調査する場合の問題点
2.技術者と知財担当が協力して特許調査する場合の問題点
3.特許調査会社の役割

第4章 特許調査に必要な知識と基礎能力

1.特許法
2.特許公報
3.特許データベース
4.基礎能力

第5章 特許調査の企画方法

1.打ち合わせ
3.提案書の作成

第6章 検索技術

1.基礎知識
2.特許分類とキーワードの利用法
3.検索式作成上の留意点
4.検索式作成事例

第7章 抽出方法と分類方法

1.抽出方法
2.分類方法

第8章 調査結果のまとめ方

1.共通事項
2.主題調査の報告書
3.無効資料調査の報告書
4.侵害予防調査の報告書
5.技術動向調査の報告書

第9章 特許マップ

1.特許マップの必要性
2.特許マップの作成例

第10章 利用するソフトウェア

1.解凍ソフト
2.閲覧ソフト
3.テキストエディタ
4.データ加工ソフト

第11章ミスの防止方法

1.企画時のミス
2.検索式作成時のミス
3.抽出時のミス
4.データ入力時のミス
5.データ処理時のミス
6.報告時のミス
7.それでもミスが防げなかったときには

第12章外注する場合とユーザ自身で実施する場合の留意点

1.特許調査会社を利用するメリット
2.特許調査会社の選び方
3.特許調査依頼時の留意事項
4.社内で特許調査を行う場合の問題点

参考情報

1.新規性・進捗性の判断
2.侵害判断
3.特許判例
4.関連条文
5.各種公報の特徴と表紙サンプル

参考文献

<総論 図目次>
<総論 表目次>

【B.各 論】

各論目次

第1章 主題調査の実務と実例

1.打ち合わせ
2.主題調査の企画
3.該当公報の抽出
4.調査報告書の作成
5.依頼人が行う作業例

第2章 無効資料調査の実務と実例

1.抽出すべき先行技術の特定
2.検索式の作成
3.無効資料となる公報の抽出
4.無効資料調査の報告書の作成
5.依頼人の対応
参考情報

第3章 侵害予防調査の実務と実例

1.依頼人から受けるべき説明の内容
2.侵害予防調査の特徴
3.検索式作成事例
4.侵害判断の具体例
5.ランキングの具体例
6.クレームチャート
7.依頼人の対応
参考情報

第4章 技術動向調査の実務と実例

1.調査テーマの選定
2.分析対象公報の抽出とコーディング
3.グラフの作成
4.グラフによる分析
5.詳細分析

<各論 図目次>
<各論 表目次>












※ 2019年10月1日からは、新税率(10%)の販売価格を表示しています。



・お支払いは、楽天バンク決済・クレジットカード・
銀行振込(前払い)がご利用いただけます。

※クレジットカードのセキュリティはSSLというシステ
 ムを利用しております。カード番号は暗号化され
 て安全に送信されますので、どうぞご安心くださ
 い。





ネットでのご注文は24時間うけつけております。
お電話でのお問合せは下記の時間帯にお願いします。
平日 9:00〜17:00

※土日祝祭日はお休みをいただきます。
※メールの返信は翌営業日となりますので、ご了承ください。


・配送はヤマト運輸でお届けいたします。
・ご注文確認(前払いの場合はご入金確認後)の
3営業日以内の発送をこころがけておりますが、
万が一ご出荷が遅れる場合はメールでご連絡致します。





お客様からいただいた個人情報は商品の発送とご連絡以外には一切使用致しません。
当社が責任をもって安全に蓄積・保管し、第三者に譲渡・提供することはございません。

買い物かごに追加できませんでした

入力内容をご確認ください。

OK