現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは


農家のお店おてんとさん楽天市場店:農薬と農業資材を販売しています




営業日カレンダー
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4
2020年1月
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 1
休業日
受注・お問い合わせ業務のみ

根までしっかり枯らす非農耕地用除草剤 草無大臣(ブロマシル粒剤)


主成分の”ブロマシル”とは

●主成分ブロマシルは、強力な殺草効果が特長です。

●ブロマシルは、約6ヶ月ほどの時間をかけて土壌中で分解されるため、殺草・抑草効果が長期間にわたり持続します。
(※ご使用になられる場所の雑草の状態や天候等により持続期間は異なりますので、6ヶ月は目安値となります。)

●長期間にわたって効果が持続するということは、除草する手間が減るため作業の軽減・省力にもなりますし、コストも抑えられるため経済的です。

●ブロマシルを含む除草剤は、既に多くの企業や場所で多数使用されている実績があります。


1.難防除雑草もしっかり枯らします

難防除雑草


2.手軽にサッと撒ける粒剤タイプ

・粒剤なので面倒な希釈不要。

・封を開けたら、枯らしたい雑草に
 ”パッパッ”と撒くだけ。

・簡単に使えて省力的。
 面倒くさがり屋さんにもオススメ。
粒剤のアップ画像


3.残ってしまっても保管が楽ちん

・撒ききれなかったり、残してしまった場合
 でも、開封口がジップロックタイプなので、
 保管も楽々。
※保管の際は、しっかりと閉じてください。
 長期間の保管は効果が弱くなりますので、
 なるべくお早目に使い切ってください。
保管に便利なジップロックタイプ


4.使用効果

散布前の状態 散布1週間後の状態
■散布前の状態
雑草が伸び放題です。
■散布1週間後の状態
草丈の短い雑草や茎の細い雑草が、枯れました。
散布2週間後の状態
散布3週間後の状態
■散布2週間後の状態
細く短い雑草は枯れつくし、他の雑草もほぼすべて枯れてきました。
■散布3週間後の状態
ほぼすべての雑草が完全に枯れました。


上手に使用する”ポイント”

草丈の高い雑草は、面倒でもそのまま撒くよりも多少刈ってから
やや多めに撒くとより効果的


●一年生雑草の場合(草丈は30cm以下でお使いください。)
 1平方メートルあたり5g〜10gを目安に散布 草丈30cm以下でご使用ください
●多年生雑草の場合(草丈は20cm以下でお使いください。)
 1平方メートルあたり15g~25gを目安に散布する。 草丈20cm以下でご使用ください

※雑草の種類や生育・発生状況によって効果の出かたは変わってきますので、目安としてお考えください。

撒くタイミングが重要
些細なことのようですが、撒くタイミングで効果の発現が結構変わってきます。
雨上がりの晴れた時間帯がベスト!地面が湿っているので、成分が土中に浸み込み
やすい ためです。雑草の根から土中に浸み込んだ成分がグングン吸収されるので、
根までしっかり 枯らすことができます。晴れた日に行う場合は、地面が湿る程度に
散水してから撒くと効果的 です。
(その場合、日中は避けて午前中の早い時間帯や夕方の時間帯がオススメです。)



草無大臣ラインナップ






手軽に使用できて効果も長持ちしますし、さらに価格も手頃で経済的!
(ケース購入ならさらにお得に!!)
ブロマシルを主成分とする非農耕地用除草剤なら、おてんとさんオリジナル草無大臣
(ブロマシル粒剤)がオススメです!

コストパフォーマンスに優れたおてんとさんオリジナル”草無大臣”
をぜひ一度ご使用になられてみてください。
その効果に納得していただけると思います!


 お気に入りページに追加