現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは




シーサーとやちむん
ブランドdatta.とは


▼ シーンで選ぶ

結婚祝い

引出物

出産祝い

新築祝い

退職祝い


燻し金のロックカップ

8/4 珊瑚のタンブラーが焼き上がりました

8/3 石灰岩の表札(中サイズ)をUPしました

珊瑚プレートが沖縄県産品ありんくりん市にて奨励賞をいただきました。

ギフト 珊瑚の4寸皿のお祝いセットUPしました

大切な方へのプレセントに

▼ シーサー

・工房で人気のシーサー

・一点物の特選シーサー

・玄関室内用のコンパクトサイズ

・屋外に飾るシーサー

・店舗/会社用のシーサー

・紅型シーサー

・祈り/盛り塩シーサー

・ニコニコ笑いシーサー

・玉乗り福シーサー

・立ちシーサー

・威嚇シーサー

・面シーサー

お届けしたシーサー
★ありがとうございました★


価格で選ぶ

〜5.000円

〜10.000円


● 石敢當 魔除けのお守り


● 龍の置物・陶画


▼ 食器

・名入れの器

・マグカップ・カップ

・皿/プレート

・碗/鉢/ボウル

・酒器/泡盛カップ/ビアカップ

・湯呑み

・箸置き

・花瓶/花器/一輪挿し

お届けした器
★ありがとうございました★


▼ 表札

表札の設置例・お客様写真

・珊瑚の表札

・陶器と琉球ガラスの表札

・琉球石灰岩の表札

・紅型表札

・やちむん焼き物の表札

・コンパクトサイズ

・ウミガメ/ジンベイザメ/犬型

・陶板表札

・シーサー表札

・取付カンタン♪掛ける表札

・表札ワケあり/アウトレット
展示入れ替え品【特別価格】

お届けした表札
★ありがとうございました★


▼ 手洗いボウル&洗面ボウル

・直径25cm前後コンパクトサイズ

・直径29cm前後の中サイズ

・直径34cm前後の大サイズ

・シンプルデザイン

・工房で人気

・珊瑚ボウル

・やちむん(焼き物)のボウル

・陶器と琉球ガラスのボウル

・紅型びんがたボウル

・ドット柄ボウル

・洗面 ワケあり・アウトレット
展示入れ替え品【特別価格】

お届けした手洗い・洗面ボウル
★ありがとうございました★


● 陶器と琉球ガラスのネックレス


● 紅型染め・みんさー織り


沖縄のシーサー作家:大岩浩章のブログ

オーダーメイド製作



やちむん 箸置
ご自宅用として、大切な方へのプレゼントに
沖縄の風に乗せてお届け致します。







沖縄の焼物(やちむん)手仕事の魅力。




沖縄の陶器、やちむん

「やちむん」とは、沖縄の方言で焼き物のこと。

沖縄の器は土味じと手の温もりを感じる普段使いの器です
鉄分を豊富に含んだ赤土や、くちゃと呼ばれる粘性の高い土、 粗粒石などその土地によって陶土にも個性があります。
その歴史は、約800年と長く、アジアの交易地であった
沖縄は中国、朝鮮、日本、東南アジア諸国の影響を受け
ながら、琉球独自のものを形成してきました。
1682年頃、琉球王朝の尚貞王は各地に点在した窯場を
那覇市の壺屋に集めて陶業の発展を図りました。


現在でも、壺屋には多くの焼き物屋が軒を並べ、
やちむん通りと呼ばれていますが、近年になって那覇は
住宅が密集してきたため、焼き物を焼くには環境的に
無理が生じ、窯場の多くは読谷村の座喜味城跡の近くに
ある『やちむんの里』の方へ移りました。
沖縄陶芸界の人間国宝であった、故・金城次郎氏が招致
され、その後「やちむんの里」として陶芸家達が工房を
構えるようになっていきました。



並び替え

 1件 〜 2件 (全 2件) 


売り切れ

 
やちむん/皿/沖縄の食器、大切な方へのプレゼントに。やちむん 陶器と琉球ガラスの箸置 新生活の食器 引き出物 ギフト 北欧 おしゃれ 藍色 桜色 黄色 白 ターコイズ 内祝い ヤチムン
1,000円 

プチギフトに人気です♪赤絵魚紋柄の箸置き・ギフト・食器やちむん ヤチムン
1,100円 

 

1件 〜 2件 (全 2件)

※商品ページの更新が定期的に行われているため、検索結果が実際の商品ページの内容(価格、在庫表示等)とは異なる場合がございます。ご注意ください。
予約商品  定期購入商品  頒布会商品




ご自宅用として、大切な方へのプレゼントに
沖縄の風に乗せてお届け致します。







沖縄の焼物(やちむん)手仕事の魅力。




沖縄の陶器、やちむん

「やちむん」とは、沖縄の方言で焼き物のこと。

沖縄の器は土味じと手の温もりを感じる普段使いの器です
鉄分を豊富に含んだ赤土や、くちゃと呼ばれる粘性の高い土、 粗粒石などその土地によって陶土にも個性があります。
その歴史は、約800年と長く、アジアの交易地であった
沖縄は中国、朝鮮、日本、東南アジア諸国の影響を受け
ながら、琉球独自のものを形成してきました。
1682年頃、琉球王朝の尚貞王は各地に点在した窯場を
那覇市の壺屋に集めて陶業の発展を図りました。


現在でも、壺屋には多くの焼き物屋が軒を並べ、
やちむん通りと呼ばれていますが、近年になって那覇は
住宅が密集してきたため、焼き物を焼くには環境的に
無理が生じ、窯場の多くは読谷村の座喜味城跡の近くに
ある『やちむんの里』の方へ移りました。
沖縄陶芸界の人間国宝であった、故・金城次郎氏が招致
され、その後「やちむんの里」として陶芸家達が工房を
構えるようになっていきました。



 お気に入りページに追加

TOP 工房紹介 お支払い・配送 会社概要 お問い合わせ
メルマガ配信 お客様の声 楽天TOPへ