ヘルプ / 不適切な商品を報告

現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは

【書籍】リーフハンドブック 荻原範雄(おぎはら植物園)監修 エフジー武蔵(【書籍】リーフ…

おぎはら植物園:庭植えに適した宿根草、山野草類など多数の珍しい品種を扱ています



▼ 今週のおすすめ
▼ ギボウシ(ホスタ)
▼ クリスマスローズ
▼ 宿根草 と 山野草
アオイ科(ホリーホックなど)
アヤメ、アカバナ、アカネ科など
アマ、オミナエシ、カンナ科など
キキョウ科(カンパニュラなど)
キク科(エキナセア)
キク科(その他)
キツネノマゴ、キョウチクトウ科
キンポウゲ科(アネモネ、オダマキ他)
クマツヅラ科(カリオプテリス、バーベナ)
ケシ科(ポピー、コリダリスなど)
ゴマノハグサ科(ジギタリス,ベロニカ)
ゴマノハグサ科(ペンステモンなど)
サクラソウ科(プリムラ、リシマキア)
サクラソウ科(シクラメン),サトイモ科
シソ科(サルビア・セージ)
シソ科(その他)
スミレ、セリ、タデ科
トウダイグサ科(ユーフォルビア)
ドクダミ、ナス、ナデシコ科
ハナシノブ科(フロックスなど)
バラ、ヒルガオ、ヒガンバナ科
フウロソウ科(ペラルゴ、姫フウロ)
フウロソウ科(ゲラニウム)
ベンケイソウ科(セダム、センペル)
マツムシソウ科(スカビオサなど)
マメ、ミカン、ミズキ、メギ科
ムラサキ科(ブルネラなど)
ユキノシタ科(ツボサンゴ類など)
ユキノシタ科(その他)、ユリ科
その他(シダ、リュウゼツランなど)
▼ グラス類
▼ クレマチス
▼ 樹木類
▼ カラーリーフプランツ
▼ グランドカバー向きの植物
▼ ハーブ類
▼ 2017春・夏の新商品
▼ 2017春・夏 再販売商品
▼ 当店おすすめ書籍
カテゴリトップ > 当店おすすめ書籍

 

【書籍】リーフハンドブック荻原範雄(おぎはら植物園)監修エフジー武蔵


【書籍】リーフハンドブック
 荻原範雄(おぎはら植物園)監修
 エフジー武蔵


商品番号  C2077
価格
2,200円 (税込 2,376 円) 送料別
4〜5日以内にお届け
個数 
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
この商品の配送方法
  • 宅配便
※花の苗と一緒にご注文ください。プチプチ袋に入れて同梱いたします

※書籍のみお求めの際は、送料が掛かってしまいますので、楽天ブックス(送料無料)をご利用ください

記事 〜2017年 5/2〜
再入荷いたしました。欠品でご迷惑をお掛けしました

記事 〜2017年 1/14〜
ご好評により、増刷が決定しました
一時的に入手困難でしたが、徐々に解消される見込みです

おぎはら植物園 上田店 店長 荻原範雄 監修の
カラーリーフ専門の書籍です。

近年、人気が出ている「葉の美しい植物」にスポットを当て、植栽例などの組み合わせ方、アイデアが満載です。
また、リーフ図鑑として500種類ほどのカラーリーフを紹介、育つ大きさや環境、耐寒性や耐暑性、栽培のポイントなどを分かりやすく解説しています。



 荻原範雄(おぎはら植物園)監修 エフジー武蔵


植栽例、組み合わせ方などを写真で解説



リーフを上手に使いこなすコーディネート レッスン


リーフ図鑑には多年草、グラス、つる植物、ハーブ、樹木、シダなど
幅広く500種類ほど掲載


【本の内容】

P2・3 目次
P4〜17 リーフが輝く美しい庭 〜植栽の実例集〜
P18・19 リーフ 色、形いろいろ
P20・21 レッスン「リーフが持つ特徴を素敵に生かすために」
P22・23 レッスン「組み合わせのパターンを学ぼう」 〜実例〜
P24・25 レッスン「リーフ合わせで異国情緒を楽しむ」 〜実例〜
P26 レッスン「雑貨との組み合わせで味わいを添える」 〜実例〜
P27 レッスン「寄せ植えで楽しむ」 〜実例〜
P28〜62 リーフ図鑑「多年草」
P63〜69 リーフ図鑑「草姿が美しいグラス」
P70 リーフ図鑑「花がきれいなリーフ」
P71〜81 リーフ図鑑「ツル植物」
P82〜85 リーフ図鑑「葉色が美しいハーブ」
P86〜87 リーフ図鑑「ニュアンスたっぷりのハボタン」
P88〜131 リーフ図鑑「樹木」
P132〜133 リーフ図鑑「野趣あふれるシダ」
P134〜135 リーフ図鑑「古くから親しまれてきたリーフ」
P136〜137 学名から知る 葉の特徴
P138〜141 索引
P142〜143 ショップ、ガーデンのご紹介



【監修者からのコメント】

近年、益々人気の出ているカラーリーフですが、専門書籍はほとんどなく貴重だと思います。

花を楽しむ庭は素敵ですが、そこにリーフを加えるだけで、とてもスタイリッシュにレベルアップする気がします。

宿根草を主体とした庭は、花期以外が寂しくなりがちですが、葉の美しい植物があれば、一年中きれいで楽しめる庭になるのではないでしょうか。もちろん、カラーリーフだけで組み合わせても、お洒落です。

この本は、参考になる庭の実例、組み合わせ方などのレッスン、カラーリーフを網羅する充実の図鑑まで、カラーリーフに特化しています。
特に図鑑は一般的なものから珍しく、あまり見かけることのない植物まで幅広く掲載しています。
おすすめはカラーリーフの樹木。密かなブームとなっている葉のカラフルな樹木は周年楽しめるので、慎重に選ぶべきシンボルツリーのご参考にもどうぞ。(新しいカラーリーフの樹木が数多く掲載されている書籍はほとんどないと思います)

カラーリーフをマスターするのは庭の達人への近道なのかもしれません。