ヘルプ / 不適切な商品を報告

現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは

クリスマスローズ ホワイトピコティダブル 大苗(クリスマスローズ ホワイトピコティダブル…

おぎはら植物園:庭植えに適した宿根草、山野草類など多数の珍しい品種を扱ています


▼ 今週のおすすめ
▼ ギボウシ(ホスタ)
▼ クリスマスローズ
 原種系のクリスマスローズ
 実生のクリスマスローズ
 メリクロンのクリスマスローズ
▼ 宿根草 と 山野草
▼ グラス類
▼ クレマチス
▼ 樹木類
▼ カラーリーフプランツ
▼ グランドカバー向きの植物
▼ ハーブ類
▼ 2017春・夏の新商品
▼ 2017春・夏 再販売商品
▼ 当店おすすめ書籍


カテゴリトップ > クリスマスローズ
カテゴリトップ > クリスマスローズ > 実生のクリスマスローズ

 

クリスマスローズホワイトピコティダブル


クリスマスローズホワイトピコティダブル


クリスマスローズホワイトピコティダブル


クリスマスローズ 
ホワイトピコティダブル 大苗


商品番号  102CW
価格
2,000円 (税込 2,160 円) 送料別
売り切れました

お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
この商品の配送方法
  • 宅配便
完売しました
次回、2018年1月頃から再販売予定です

学名 : Helleborus hybridus  
別名 : ヘレボラス ヘレボルス(学名) レンテンローズ
キンポウゲ科  耐寒性多年草 常緑性
原種の代表的な原産地 : ヨーロッパ 
お届けの規格 12〜15cm鉢入り 開花株
主な花期 : 早春から春 
生育後の高さ  : 50cm前後
耐寒性 : 強 
耐暑性 : 中 
日 照  : やや半日陰(夏冷涼な地域では日向可)
用 途  : 庭植え シェードガーデン 鉢仕立て
         寄せ植え  

白地にピンクのふち取りが入るピコティの
八重咲きタイプ クリスマスローズファン
憧れの有名な花色 実生の為、ピコティの
入り方にはやや差があり、太くはっきり
入るものからリバーシブルピコティ、細く
入る糸ピコティまで色々
15cm鉢入り開花中の株


〜担当スタッフのコメント〜

とても希少で以前はとても高価な
「高嶺の花」でしたが、人気種につき集中的に
入荷しましたので、かなりお値打ちになりました
ピコティの八重は実生で作りにくく、一重や
ピコティにならない個体も多く出てしまいますので
開花を待って花確認後の販売とさせて頂きました
実生ですからピコティの入り方や花型は様々ですが
きちんとフチ取りの入った美しい固体をお届けします

※ご注意
ピコティは咲き始めにはっきりと濃く色が出ますが
繊細で微妙な色ですので、咲き進むと薄くなり
徐々にフチ取りは見えにくくなります

お届けする苗について (当店は寒冷地です)
年間通して栽培・管理しながら販売しております。お届けの季節により
姿、状態は様々で、およそ下記の通りになります。ご参照ください
春〜夏 花後は休眠期で少し葉が減ります
秋〜冬 秋は生育開始時期でやや小さめ、
晩秋になると新葉が出始めます
冬〜春 小苗:生育期で葉が良く茂ります
大苗:花芽つき〜開花中〜花後です


↑1月上旬撮影
  時期により姿や仕立て、鉢など異なる場合が
  ございます。予めご了承ください

本種は実生苗(タネから育てた苗)で
花色や形、ピコティの入り方それぞれ個性があり
同じ花は二つとありません。
ご自分だけのクリスマスローズとして可愛がって
頂ければと思います。
全部違う花で、下記画像は、ほんの一例です
「おまかせ」になり、ご指定は頂けませんので
予めご了承ください


↑リバーシブルピコティ (裏が濃いピンク、表が白に覆輪)


↑糸ピコティ丸弁 (細く糸状の覆輪 丸い花弁 )


↑バイカラーピコティ
 (中央が透けるような色にはっきりした覆輪)


↑リバーシブルピコティ (裏が濃いピンク、表が白に覆輪)


↑ピコティベイン (覆輪で、花にピンクの脈が入る)


↑ピコティ爪紅 (弁先に紅を帯びる)


↑ピコティ大輪 (花が大きいホワイトピコティ)


↑糸ピコティ剣弁 (細く糸状の覆輪 とがった花弁)


↑糸ピコティ 大輪


基本的な管理
日  照 寒冷地 春は日向、夏〜秋は半日陰が理想的
西日を避ければ日向も可
暖  地 春は日向、夏〜秋は半日陰が理想的
耐乾性 普 通 ある程度耐えますが強乾燥させると傷みます
耐湿性 普 通 高温多湿はなるべく避けます
剪  定 花後に花茎をカット 傷んだ葉をカット 冬、古い葉をカット
(古葉は秋冬にすべてカットした方が、花芽に日が当たり
衛星的にも良いですが、葉がきれいな状態であったり、
冬に葉を鑑賞したい場合はそのままでもOKです)
肥  料 秋〜早春 必要に応じて化成肥料、液肥など少量
増  殖 株分け、実生、こぼれ種
消  毒 ほぼ不要 (カイガラムシ、アブラムシが出た際は消毒が必要)