ヘルプ / 不適切な商品を報告

現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは


通常商品通常商品 ⇒全会員2倍 ポイントアップキャンペーン中
ポイントアップの商品は商品毎に倍率が異なります。

カテゴリトップ > 商品を探す > 新商品
カテゴリトップ > 商品を探す > ブランドで選ぶ > O-R > One Control > その他
カテゴリトップ > 商品を探す > アンプ > アンプヘッド > One Control

OneControlBJF-S66


OneControlBJF-S66


OneControlBJF-S66


OneControlBJF-S66


OneControlBJF-S66


OneControlBJF-S66


【新商品】【送料/代引手数料無料】One Control BJF-S66 / アンプ アンプヘッド

商品番号  4562459887947
メーカー希望小売価格 オープン価格
価格
66,000円 (税込)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で 対象エリア外へのご注文は、毎日 15:00までのご注文で翌日の配達となります (あす楽)
1〜2営業日以内に発送予定[土日祝除く]
個数 
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く


▼ 関連商品
BJF-S66 / アンプヘッド FS-P3 / BJF-S66 フットスイッチ OC-EM112C for BJF-S66 / スピーカー キャビネット


One Control BJF-S66

ワンコントロール ビージェーエフエスロクロク



One Control BJF-S66は、1966年製のアメリカン“Super”コンボアンプが持つ最高のサウンドを手軽にステージやスタジオ、自宅で扱うことができる、小型で軽量、大出力にまで対応するアンプヘッドです。

ヴィンテージ真空管アンプを大音量で出力した時のサウンドは格別です。しかし、最高のサウンドはとても気難しいものです。
大出力のトーンは床や天井を振動させ、演奏できる場所も限られます。さらに大きく重たいアンプは運搬も困難で、さらに繊細なため細かなメンテナンスも必要となります。

BJF-S66は、そんなアメリカンコンボアンプのサウンド。新品状態を大音量で出力したトーンから、コンポーネントが経年変化し、“ヴィンテージ”と呼ばれるようになったサウンドまで、最高の“Twangy”なトーンをいつでも簡単に作ることができるアンプヘッドです。

アナログ、ソリッドステートプリアンプセクションはLead/Rhythmの2つのチャンネルを選択でき、LeadチャンネルではLead Driveコントロールによるゲインアップを実現しています。

音色を制御する3バンドアクティブイコライザーは、ギタリストの直感的な操作性を重視し、音色を自在にコントロールすることができます。
さらにBrightスイッチで、アメリカンアンプ特有の透き通るようにクリアで美しい響きを強調することもできます。

また、各チャンネルには個別に設定できる高品質かつナチュラルなデジタルリバーブを内蔵し、常に最適な空間の反響を実現します。まるで最高峰のコンサートホールのS席のような、ナチュラルで美しいリバーブサウンドを作ることができます。

さらにヴィンテージアメリカンアンプに搭載された“バイアス”トレモロサウンドをイメージさせるクラシカルで暖かなトレモロエフェクトも搭載。トレモロエフェクトはリモートスイッチでON/OFFすることもできます。

プリアンプセクションは、本物の真空管アンプのプリアンプセクションとパワーアンプセクション全体のトーンや応答性を再現しています。
プリアンプとパワーアンプが相互作用して起こる小さな歪みまでも再現し、真空管アンプ特有の心地よいサウンドをどんな音量でも作ることができます。

これらのプリアンプセクションが作り出したトーンは、66W(8Ω)クラスDパワーアンプに送られます。
クリアで効率的なデジタルパワーアンプは、真空管パワーアンプのようにスピーカーキャビネットを接続していなくても故障することも無く、Masterボリュームで苦もなく無音からフルアップまでをスムースに可変できます。
ベッドルームでのプレイからレコーディングスタジオ、そしてライブハウスのステージまで、小さなアンプヘッド1台でこなすことができます。

Masterはチャンネルごとに設定できるため、Leadチャンネルでは音量を上げて前に出し、Rhythmチャンネルではヴォーカルの後ろに音を置くように音量を調整することも可能です。

さらに、エフェクトループを搭載し、アンプをより柔軟にシステムに組み込むことができます。
SENDからの出力は通常のエフェクトボードからの出力と同様に扱うこともできるため、他のギターアンプのインプットやパワーアンプへと出力したり、キャビネットシミュレーターを通せばそのままラインアウトも可能です。

One Control FS-P3フットスイッチを接続すれば、エフェクトループのON/OFF、チャンネル切り替え、トレモロエフェクトのON/OFFをフットスイッチで行うことができます。

●コントロール
・MASTER RHY:Rhythmチャンネルの音量を調整します。
・MASTER LEAD:Leadチャンネルの音量を調整します。
・GAIN:アンプサウンド全体の基本となるゲインレベルを調整します。ヴィンテージアンプの“Volume”コントロールのように設定します。
・LEAD DRIVE:Leadチャンネルでのゲインブーストを設定します。ここを最小にすると、RhythmチャンネルとLeadチャンネルのゲインは同じ設定となります。
・TREBLE:2kHzを中心に、±20dBで音色を調整します。最小に設定すると音がミュートされます。
・MID:450Hzを中心に、±10dBで音色を調整します。
・BASS:70Hzを中心に、±20dBで音色を調整します。
・BRIGHTスイッチ:4kHzを+10dBブーストします。
・REVERB RHY:Rhythmチャンネルのリバーブを調整します。DECAYでリバーブの長さ、LEVELでリバーブの音量を調整します。LEVELを最小に設定すればリバーブはかかりません。
・REVERB LEAD:Leadチャンネルのリバーブを調整します。DECAYでリバーブの長さ、LEVELでリバーブの音量を調整します。LEVELを最小に設定すればリバーブはかかりません。
・TREMOLO:トレモロエフェクトを設定します。スイッチでエフェクトのON/OFF、DEPTHでトレモロの深さ、SPEEDでトレモロのスピードを調整します。

●入出力端子
・INPUT:楽器やエフェクトボードからのケーブルを接続します。
・EFFECTS LOOP:プリアンプとパワーアンプの間にエフェクトを接続する際に使用するシリーズエフェクトループです。SENDからエフェクトのインプットに、エフェクトのアウトプットからRETURNにケーブルを接続します。
・PREAMP OUT:プリアンプからのシグナルを出力します。外部パワーアンプを使用したり、外部スピーカーシミュレーターを通してライン出力する際に使用します。ここにプラグを接続すると、SPEAKER設定からシグナルは出力されません。
・SPEAKER:スピーカーケーブルを接続します。30W/16Ω、66W/8Ω、100W/4Ωとなります。
・FS P3:One Control FS-P3フットスイッチを接続します。
・FOOTSWICH(CHANNEL):チャンネル切り替えを制御するラッチスイッチを接続します。
・FOOTSWITCH(FDX LOOP):エフェクトループのON/OFFを切り替えるラッチスイッチを接続します。
・FOOTSWITCH(TREMOLO):トレモロエフェクトのON/OFFを切り替えるラッチスイッチをモノラルケーブルで接続します。
・DC IN:専用のアダプターを接続します。

●スペック
・インプットインピーダンス:1MΩ
・アウトプット:30W/16Ω、66W/8Ω、100W/4Ω
・フットスイッチでON/OFF可能なエフェクトループ搭載
・Rhythm/Leadチャンネル共通EQ
・BASS 70Hz +-20dB
・MID 450Hz +- 10dB
・TREBLE 2KHz +-20dB
・BRIGHTスイッチ:+10dB at 4KHz
・フットスイッチによるチャンネル切り替え
・Rhythmチャンネル:GAIN、MASTER、REVERB LEVEL、REVERB DECAY
・Leadチャンネル:GAIN、LEAD DRIVE、MASTER、REVERB LEVEL、REVERB DECAY
・トレモロエフェクト:フットスイッチによるON/OFF対応、DEPTH、SPEEDコントロール搭載
・サイズ:26.5(W)×9.5(D)×8.5(H)cm(突起含まず)
 26.5(W)×11.8(D)×10.3(H)cm(取っ手折りたたみ時)
・重量:1.62kg


One Control

One Controlの細部にまで拘った商品は、贅沢という言葉が一番しっくりくるでしょう。これまでの製品を凌駕するその品質とスペック、徹底したユーザーフィードバックの拾い上げによる商品構築は、一番の遠回りに見えますが、実は一番の近道であると言うことを我々の商品によって実証できると確信しています。One Controlを足元に置いて、歴史の証人になりましょう。