ヘルプ / 不適切な商品を報告

現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは

消費税増税に関する重要なお知らせ

ショップからの発送が10/1以降になる場合は新税率が適用され、増税分が後から請求されることがあります。 詳細はこちら


カテゴリトップ > 商品を探す > ブランドで選ぶ > C-D > D'Orazio Strings
カテゴリトップ > 商品を探す > ギター・ベース関連 > ギター弦 > D'Orazio Strings

 

D'OrazioStringsElectricGuitarPureNickel99%RoundWound61(Light009-042)


D'OrazioStringsElectricGuitarPureNickel99%RoundWound61(Light009-042)


【正規輸入品】ハンドメイドで作られる最高品質のギター弦!D'Orazio Strings Electric Guitar Pure Nickel 99% Round Wound 61 (Light 009-042) 【ゆうパケット対応可能】

商品番号  4562459877504
価格
1,382円 (税込)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で 対象エリア外へのご注文は、毎日 15:00までのご注文で翌日の配達となります (あす楽)
1〜2営業日以内に発送予定[土日祝除く]
個数 
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く

ドラジオストリングス エレクトリックギター ピュアニッケル99% ラウンドワウンド
Pure Nickel 99% Round Wound 61 (Light 009-042)
D'Orazio Strings Electric Guitar Pure Nickel 99% Round Woundは、ソフトでミッドレンジの強いサウンドを作るギターストリングです。セミアコースティックギターとの相性も良く、ジャズやブルージーなトーンを得意とします。

スチール(鋼)を使用したヘキサゴナルコアは、ピックアップとともに安定した磁場を作ります。ワウンド弦には99%ピュアニッケルを巻いています。

暖かなトーンはクラシックロックンロールやブルース、フォーク、ジャズ、ビバップなどに最適です。


●テンションチャート(弦のゲージと音程によるテンションの目安)


Electric Guitar Pure Nickel 99% Round Wound 61 (Light 009-042)
スタンダードなライトゲージです。
.009 .011 .016p .024 .032 .042
D'Orazio Stringsの弦に使用される全ての素材は全て高いレベルでクオリティコントロールがなされた最高品質のものを使用しています。

全ての弦はハンドメイドで制作されているため、様々な楽器に合わせた最適の弦を作ることができます。
弦は全て酸化や腐食から守るため、抗腐食性のヒートシールドでパックされています。

一部のプレーテッド弦は色が暗くなったりスポットが出たりすることがありますが、これが音に影響することはありません。

かつて、楽器の弦の大半に使用された“ガット弦”は、そのほとんどが羊腸を使用して作られていました。その歴史は長く、5000年ほど前の中東の遺跡からもリュートやリラの原型と思われるものを描いた遺跡が発見されています。
紀元前8世紀ごろの生まれとされるギリシャ、ホメーロスのオデッセイアにもガット弦と思われる表記があります。

もともと楽器弦は奏者が必要に応じて製作していましたが、15世紀には記録上最古の弦専門メーカーがドイツで発足します。

16世紀の初めにイタリアでヴァイオリンが開発されたと言われています。幾度もの自然災害や戦争により、特に1500年代の文献は失われてしまいましたが、D'Orazio Stringsはそんな16世紀のイタリアから始まったと言われています。
残っている文献からD'Orazio Stringsの歴史を辿ってみましょう。

1654年、デ・オラジオ・トーマス(Thomas D'Orazio)はコーダロ(手作りのロープ製作)の仕事に誇りを持っており、また裕福でした。

1822年、ロベルト、エリンコ、ルイジ、トマソ・ドラジオの兄弟が、羊の腸からガット取り出し、弦やワイヤーを加工するための会社を興します。

1838年、ジュゼッペ・ドラジオが生まれました。4人のドラジオ兄弟はローマのトッレ アルジェンティーナ広場の近くからナポリに移住しました。弦の原材料となる羊の腸が、特に3月から9月ごろにかけて遅れるためです。

1859年、兄弟の作った会社はアブルッツォ州サッレへと移転します。

1900年、エンリコ・ドラジオがパリでシルバーメダルと賞状を受け取りました。

1910年、ドナート・ドラジオがパリで学位とゴールドメダルを受け取りました。。

1920年、エンリコ・ドラジオが亡くなりました。会社は解散しましたが、4兄弟の1人、トマソと息子のジュゼッペはナポリでガットの製作を続けました。
同年、エンリコの息子のドナート・ドラジオはサーレで息子のエンリコ、ロベルト、ニコラと共に大きな成功を収めていました。特にアメリカでは“Masters of Strings”と呼ばれるほどになりました。

1950年、エンリコとロベルトはアメリカに移住し、ニューヨークでERN Manifactures Musical Strings Inc.を設立しました。

1954年、エンリコ・ドラジオの息子、ドナート・ドラジオが誕生します。

1961年、エンリコの父のドナート・ドラジオが亡くなりました。まさにガット弦のマスターでした。

1969年、エンリコの息子、ロザンナ・ドラジオが生まれました。

1970年、エンリコとロベルトはイタリアに戻ります。

1971年、エンリコとロベルトはイタリアでフラテッリ・ドラジオと共に仕事を始めました。
エンリコはヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、ダブルベース、ハープ、そしてテニスラケットのためのガット弦を製作し、ロベルトとドナートはエレクトリックギター、クラシックギター、エレクトリックベース、アコースティックギターなどの金属弦を製作することを決めました。そしてD'Orazioの弦は世界中に出荷されるようになりました。

1985年、エンリコ・ドラジオが重い病を患い、亡くなりました。D'Orazioはガット弦の製作を止め、メタル弦の製作を専門的に行うようになりました。妹のロザンナ・ドラジオもその技術を高めていきました。

1996年、ロベルトが亡くなり、ドナートとロザンナが弦の製作を行うようになりました。

2004年、不幸にもドナートが亡くなり、数百年にわたるコーダロの伝統はロザンナ1人が受け継ぐことになりました。

2014年、歴史的なD'Orazio Stringsと革新的なGATO Stringsが融合しました。イタリアの2つのブランドが1つになったのです。D'Orazioの伝統的な技術、ノウハウ、研究成果をベースとした最高品質のマテリアルを用いるハンドクラフトは“コーダリ・マスター”のアレッサンドロ・チアバトンとトマソ・ガリが中心となって行います。D'Orazio Stringsはロザンナ・ドラジオがプロフェッショナルスタッフを管理し、ハイテクセクターによる品質管理によりハイクオリティな製品を製造しています。D'Orazio Stringsは小さな会社だからこそ、大きな販売経路と個々のプレイヤーの声を反映させることができます。これは500年以上の年月をかけ、遂に到達した1つのゴールです。